通販のカリスマでもサッカーチームを成功に導けるポイント

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)に、元「通販のカリスマ」高田明氏のロングインタビュー記事がありました。

元「通販のカリスマ」高田明氏とは、皆さんもご存知のあのジャパネットたかたの高田社長です。

高田社長は、長崎県佐世保市のカメラ店主からスタートし、わずか10年あまりでテレビ通販王になり、大成功を納めます。

その後、2015年にジャパネット社長の座をあっさりと退き、2017年に長崎県をホームとするサッカーJリーグのクラブ、V・ファーレン長崎の社長に就任します。

 

当時、V・ファーレンはJ2に所属。

2017年シーズンの開幕前に

 

・債務超過

・選手への給与未払いの危機に直面

・入場者数水増しなどの問題が発覚

 

まさにチームは倒産の危機に瀕していた。

そんな状態での、社長就任です。

 

しかも高田社長は、テレビ通販の成功者であっても、サッカーはド素人です。

 

 

さて、もしあなたがV・ファーレン長崎の社長に就任したら、どう行動し立て直していきますか?

 

 

実際に高田社長は、上記の状況から「V・ファーレン長崎」の社長に就任し、1年目でJ1へ昇格という離れ業を成し遂げました。

 

すごいですね~。

やっぱりできる人は、結果を出せるポイントを知っているんでしょうね。

では、そのポイントは何でしょうか?

 

 

畑違いのサッカークラブ運営という世界に飛び込むのに、高田氏に躊躇はなかったようです。「通販のカリスマ」とはいえ、サッカーに関しては素人。しかし、高田氏は『ジャパネットたかた』の社長引退後にさまざまな分野の講演会を行いました。そこで「ミッション」について語ってきた経験から、「人間の活動はすべて“ミッション”に行き着く」と確信。サッカーの素晴らしさ、使命といったものを、チーム内だけではなくサポーターなどにも伝えるという「ミッション」を遂行することで、就任1年目でJ1昇格という結果を残したのです。

出典:チャレンジするのに遅すぎることはない―元「通販のカリスマ」髙田明氏の人生哲学

 

 

これを読んで思ったのが、やはり「理念」って大事だなぁと改めて思いました。

ここでは、ミッションという言葉ですが、大事なのが社長の想いです。

どんな想いで仕事をしているのか?

 

ここがない状態では、どんなことをしても上手くいきません。

仮に上手くいったとしても、長く続きません。

 

あなたはなぜその仕事をしていますか?

そして、その仕事を通して何を伝えたいですか?

 

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?