右肩下がりの業界でも価格競争に巻き込まれないサービスはつくれる

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

株式会社喜久屋という衣服等のクリーニングの会社をご存知でしょうか?

「第1回日本サービス大賞 優秀賞」を受賞した会社なのですが、商工会で以下のタイトルの講演会があったので参加致しました。

「第1回日本サービス大賞 優秀賞」を受賞した経営者が語る
『顧客満足と業務効率を同時に高める仕組みづくり』

ちょっと気になりますよね。

 

右肩下がりの業界

衣服のクリーニング事業というのは、業界的に縮小縮小しているのですが、具体的には


8,200億円(1992年) → 3,700億円(2016年)約55%ダウンです。

 

そのため生き残りをかけ、「低価格」「スピード仕上げ」などの争いが進み、品質の低下、繁忙期の生産集中がさらに加速している状況のようです。

 

例えば建設業でも、畳業、外構業(庭師)、左官業は昔と比べたら、住宅の売上は縮小している業界です。

 

洋室が増え和室が減れば、畳の需要は減ります。 → 畳 売上減

庭の手入れが手間がかかるということで、庭を持たない家庭が増えてきた → 外構(庭師) 売上減

外壁は左官からサイディング、内壁は左官からクロス → 左官 売上減

 

このように外部環境の変化によって需要が減り、売上が下がります。

 

外部の需要は減っている、ただその仕事をしている人は減らない。そうなると、仕事の取り合いで、価格競争ですよね。

 

付加価値サービスへの取り組み

そのような右肩下がりの状況の中、衣類のクリーニング株式会社喜久屋は新しい価値に取組みます。

収納スペース無料提供というサービスを付け、価格競争に巻き込まれなかったようです。

季節ものの衣類って、シーズンの時はいいですが、シーズンが終わると邪魔ですよね。

なので、シーズンが終わりクリーニングしたらそのまま預かってくれるんです。

無料でしかも最長9か月。

これは便利ですよね。



話を聞いてキャッチコピーがいいなぁと思いました。

「クリーニングを喜久屋に出すと、部屋が広くなる」

 

株式会社喜久屋 中畠社長の取り組み

他にはこのような話をしていました。

・安売りでは、誰も幸せになりません。

・ガラスのコップ、割れたら捨てられる。会社も利用者に役に立たないサービスは見捨てられる

・時代は変化する。だから会社も変化が必要。

・その時代の人に対して役に立っているのか?

・相手よし、周りよし、我なし → 結果的に我よしになる

・本当に助けたい、役立ちたいという思いの純度が高いと、結果がいい。その思いによこしまな考え等が入り、よどむと、結果が良くない。

・脳の中にアイデアという水を貯めるドラム缶があり、その水を貯めて貯めて貯めて、ある時溢れる。これがヒラメキとなる。

・自分の心は弱い。悪魔のささやきにすぐやられる。だから、決意と感謝を毎日している。

 

人手不足でも人材募集はできているようです。

クリーニングの工場って3K。室内は40度で誰も普通はクリーニング工場で働きたいと思わない。

そこで、クリーニング工場では働きたくなくても、喜久屋で働く人を増やそうと、考え試行錯誤したようです。

まとめ

建設業でも少子高齢化で、顧客のニーズは変化します。

だから、チャンスです。

今までやってきたことも大事ですが、新しい価値への取り組みもしていかないと、どんどん価格競争に巻き込まれてしまいます。

 

あなたは、新たな価値への取り組みのために何をしますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

➡ Efyees㈱ 最新イベントのご案内

➡ 小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

➡ Efyees㈱ 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

➡ 人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

 

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?