傲慢な人を育ててください

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

傲慢な人っていやですね~。
 
でも傲慢な人って、傲慢な人になりたかったんでしょうか?
自分が傲慢な人だという認識はあるのでしょうか?

傲慢な人って、自分が傲慢だという認識がないんですよね。
これが困ってしまいますね。

 

傲慢な人の特徴

傲慢とは、高ぶって人をあなどり見くだす態度のことです。

また、傲慢な人の特徴をネットで調べると、以下の様な特徴が出てきます。

・自分の考えこそが正しいと思っている
・プライドがとても高い
・他者を見下している
・ありがとうと言わない
・自分は優れていると思い込んでいる
・自分が大好き

社員に傲慢な人がいると、そのチームの雰囲気が悪くなったり、また余計な気を使ったりで、生産性に悪影響を与えます。

また、そういう人って社長に対してはいい顔をする場合があり、その部下の人達は無駄なエネルギーを消費している場合があり、非常にもったいない状況です。

  

傲慢な人を育ててください

傲慢な人って、どうしたら育つと思いますか?

もちろん人材育成をする上で、育てたくはないです。
だから、どうすると傲慢な人が育つのかを考えてみます。

先ほどの傲慢な人の特徴から考えてみましょう。

・自分の考えこそが正しいと思っている
・プライドがとても高い
・他者を見下している
・ありがとうと言わない
・自分は優れていると思い込んでいる
・自分が大好き

上記からいくつかの要素がありますが、簡単にいうと「自分ひとりで何かを成し遂げた」という感覚があると、傲慢に育ちます。


お前らは出来ない人間だ
だからお前らには頼らない
お前らに頼ったら、裏切られた、失敗した、望む結果じゃなかった
俺は出来る人間だ
俺の考えこそ正しい
絶対に認めさせてやる


この様な感情で、何かを成し遂げた時、人は傲慢になります。


ほらみろ、俺は凄い
俺がやったから、この結果になったんだ
俺じゃなきゃ、この結果は出ない
ほらみろ、結果によって俺に対しての見方が変わった
社長も何も言えない
結果が全てだ


と、人の心って思うようになっているんですよね。

残念なことにこの様な人には心からついていきたくはないんです。

ただ、誰もが傲慢になる要素を持っているんです。

それは、自分で何とかしようという気持ちは大事ですし、ビジネスにおいて結果は大事だからです。

「自分で何とかした」「それによって良い結果になった」

これって素晴らしいですよね。

ただ、これが続くと「俺って凄い」と思い、それが傲慢さを育ててしまうんです。

  

当たり前がガンである

「お前のお陰で良い結果になった」

この様に社長から言われたら、社員も嬉しいですよね。


ある時、社長に社員を褒めましょうというと
「いや~、ほめ過ぎると調子に乗るから、あまりほめ過ぎてもね~」
という人がいます。

この調子に乗るというのは、社員が傲慢になるというのと、恐らく同じですよね。

実は社長が気にしているのは、その社員から感謝の気持ち、素直さ、謙虚さがなくなるのことなんです。

逆に、ほめることでその社員の感謝の気持ち、素直さ、謙虚さが育ったらどうでしょうか?

もっと褒めたくなりませんか?


ただ、褒めてもそう育ってくれないんですよね。

むしろ逆で、感謝、素直さ、謙虚さが薄れていきます。


だから大切なのは、社員をほめると同時に、感謝の気持ちを持つことも伝えることです。


我々には、「慣れ」という適応力があります。
これがあるから、厳しい環境においても続けると慣れていき、続けることができるようになります。

これはいいのですが、この「慣れ」が「当たり前」を生むという事。

この「当たり前」がガンなんです。

「当たり前」が、感謝、素直さ、謙虚さを無くさせていき、傲慢な人を育てます。


「なんとかする」という気持ちは大事です。

ただ、実際に一人では何もできません。

周りの協力があって、あなたの結果があるわけです。

周りの協力は、当たり前ではありません。

だから結果が出たら感謝が先なんですね。

 

まとめ

日本の空気に感謝している人はいますか?
普通はいないですね。

でもこの空気って、当たり前ではないんです。
空気汚染を守っている人がいるから、日本では空気を普通に吸えてます。

中国だとPM2.5によって空気汚染され、まともに空気を吸えないんです。


水もそうです。
誰かのお陰で安心な水が飲めます。

病気になって、はじめて健康のありがたさを感じます。

目が見れること、耳が聞けること、歩けること、しゃべれることも、実は当たり前ではありません。

五体満足であれば、親に感謝です。


今の会社も社長が頑張ったかもしれないですが、協力会社、家族含めて皆さんに感謝です。

感謝力を育てること、とても大事ですね。

 

何に感謝してますか?

  

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

➡ Efyees㈱ 最新イベントのご案内

➡ 小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

➡ Efyees㈱ 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

➡ 人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

 

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?