「ついていきたい」と思われたいなら、リーダーシップよりフォロワーシップ

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

高校生向けの記事ですが、こんな記事がありました。

「ついていきたくなる部長はどこが違う?デキるリーダーの特徴は?」
http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/4186

 

経営者であれば、学生の頃、部活動、学級委員、何かの実行委員等活動されていた人もいたんではないでしょうか?

 

私は、中学、高校とソフトテニス部の部長でした。

一生懸命はしていましたが、試合では勝てず、チームもまとまっている感じはありませんでした。

それが非常に嫌でしたね~。

だから、コーチング、リーダーシップ、プレゼンテーションなどのリーダーに必要な学びが楽しいんですよね。

 

さて、本題です。

 

高校生に

「ついていきたくなる部長はどこが違う?デキるリーダーの特徴は?」

と聞かれたら、なんて答えますか?

 

 

その記事に書かれていたことは、

 

・無理にまとめなくてOK

・「~すべき」を強制しない

・やる気1割増す声掛けを

 

でした。

 

「無理にまとめなくてOK」というのは、自分ひとり背負って、何とかしようではなく、メンバー一人一人の強みを活かし、自分ができないことは、できる人に力を借りればいい、ということ。

 

記事を読んで思ったのは、学生だろうと社会人だろうと、基本は変わらないですよね。

 

リーダーは、導く人。

どこへ?

プラスの結果とプラスの感情へ導ける人が、リーダーです。

 

だから、一人一人の強みやスキルを活かして、一人一人結果を出してもらって「あなたのお陰だよ。ありがとう」と伝える。

 

相手が結果を出してもらう事が、リーダーであるあなたの結果。

周りの人を輝かせて、その輝きで、あなた自身も輝く。

 

なので、リーダーシップというイメージより、フォロワーシップというイメージの方が、いいのかもしれませんね。

 

社員一人一人を輝かせるリーダーシップ(フォロワーシップ)スキルを発揮するためには、社員一人一人の特徴をまず把握してください。

そしてその特徴からくる長所はなに?短所はなに?

 

例えば、Aさんの身長は185cmだとします。

Aさんの長所は、高いところの作業が得意

逆に短所は、低い所の作業が苦手

 

特徴は、事実であり、そこにいい悪いはありません。

そしてその特徴に対して、解釈があり、長所・短所がでてきます。

 

ですから、

「あいつは仕事が遅い」と短所的に表現しても

ある人は、「あいつは仕事が丁寧で安心できる」と長所的にも表現ができます。

 

 

「あなたについていきたい」そう思われたいなら、どう解釈して表現した方がいいのか?お分かりですよね。

 

さて、今日は第29回「3ランク上の建設業飲み会」

素敵なご縁を繋げて、フォロワーシップ発揮し、楽しんで参ります。

 

 

 

 

あなたは部下にどんな声をかけて、輝かせていますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?