最近の転職理由・退職理由ご存知ですか?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成
人材確保につなげる人財育成をしている小宮です。

せっかく高いお金をかけて人材を増やしても、すぐ転職されては意味ないですよね。

入社する側もすぐ転職とは当然考えていません。

この会社で頑張ろうと入社するわけですが、なぜ転職してしまうのでしょうか?

転職理由・退職理由、ご存知ですか?

  

エン・ジャパンの転職理由につながるアンケート結果

エン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する「入社後」までを見据えた総合求人・転職支援サービス『エン転職』( https://employment.en-japan.com/ )上で、ユーザーを対象に「職場での人間関係」についてアンケートを実施し10,776名からの結果があります。

人材が定着するためのヒントがここにあるので確認してくださいね。

 

転職経験がある方に「人間関係が転職のきっかけになったことはありますか?」と伺ったところ、53%の方が「ある」と回答しました。

さらに「きっかけになったのは、誰との人間関係でしたか?」と伺うと、最も多い回答は「先輩」(45%)でした。

年代別に見ると、20代は「同僚」(20代:30%、30代以上:19%)、30代以上は「直属の上司」(同13%、19%)の回答が目立ちました。

引用:1万人に聞く「職場の人間関係」意識調査 転職経験者の半数以上が 「人間関係が転職のきっかけになったことがある」と 回答。
引用:エン・ジャパン/「今までの職場で、人間関係に難しさを感じたことがある」と回答した方に伺います。誰との人間関係に難しさを感じましたか?

 

 

転職のきっかけも「先輩」、人間関係の難しさも「先輩」
先輩と後輩とのコミュニケーションが、一つの問題としてありそうですね。
そして、「威圧的に感じる」「気分に浮き沈みがある」「指示に一貫性がない」先輩は、要注意ですね。

 

「今までの職場で、人間関係に難しさを感じたことはありますか?」と伺ったところ、84%の方が「ある」と回答しました。

「誰との人間関係に難しさを感じましたか?」と伺うと、「先輩」(39%)が最多でした。次いで「同僚」(22%)、「直属の上司」(14%)が続きます。

年代別に見ると、20代は「同僚」(20代:29%、30代以上:18%)、30代は「直属の上司」(同10%、17%) 、「後輩」(同6%、13%)が目立ちます。


「直属の上司・先輩・経営層」との人間関係に難しさを感じた方に理由を伺ったところ、トップ3は「威圧的に感じる」(50%)、「気分に浮き沈みがある」(48%)、「指示に一貫性がない」(44%)でした。


「同僚・後輩・非正規社員」との人間関係に難しさを感じた方に理由を伺ったところ、トップ3は「不平不満が多い」(41%)、「自分の意見や考えに固執する」(37%)、「人柄が信頼できない」(34%)でした。

引用:1万人に聞く「職場の人間関係」意識調査 転職経験者の半数以上が 「人間関係が転職のきっかけになったことがある」と 回答。
引用:エン・ジャパン/「直属の上司・先輩・経営層」との人間関係に難しさを感じた理由を教えてください。(複数回答可)

 

 

転職者の人達も人間関係をよくするために工夫をしています。
こういった気持ちも汲んで転職者を受け入れられる会社があると素敵だなぁと思いました。また社内でも人間関係を良くするための工夫があったら最高ですね。

「職場での人間関係を良くするために、どんな工夫をしていますか」と質問したところ、トップ3は「相手の価値観を理解する」(47%)、「相手の置かれている状況を考える」(47%)、「仕事以外のコミュニケーションを増やす」(38%)でした。

引用:1万人に聞く「職場の人間関係」意識調査 転職経験者の半数以上が 「人間関係が転職のきっかけになったことがある」と 回答。
引用:エン・ジャパン/職場での人間関係を良くするために、どんな工夫をしていますか。(複数回答可)

  

この結果から、改めて人間関係の大切さ、難しさを感じました。
だから人間関係をより良くするための工夫が必要であり、また人間関係を大切にしているのが求職者にわかるとかなり注目されそうですよね。

  

リクナビの退職理由アンケート結果

次はリクナビの退職理由です。
ここでも結局人間関係が上位を占めてます。

また、「働き方改革」の世の中の動きもあり、労働時間・環境が不満も2位と上位です。

人材定着にあたって、「人間関係」「労働環境」はとても大事なキーワードになります。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

引用:転職理由と退職理由の本音ランキングBest10

  

まとめ

人材確保、人財育成、人財定着はセットです。
どれが欠けていても、素敵な人財を増やすことができません。

今回のアンケート結果から、改めて「人間関係の改善」「労働環境改善」が、人材確保にも大きな影響を与えるという事です。

逆に、この2つの改善を積極的に行っている会社が世の中が求めているという事です。

   

「人間関係の改善」「労働環境改善」のために、何ができますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

➡ Efyees㈱ 最新イベントのご案内

➡ 小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

➡ Efyees㈱ 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

➡ 人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

 

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?