マイナンバーと消費税?

消費税の税率8%にやっと慣れつつある今日この頃ですが、

再来年の2017年4月から消費税が10%に増税されることが決定されています。

 

そんな消費税増税に関連して、先日こういったニュースがあったのを目にした方も多いのではないでしょうか?

食料品の軽減税率、マイナンバーで還付

 

低所得者の消費税増税による負担を考え、お酒を除く食料品は8%のままにしよう、

但し食料品購入時は10%支払って、個人番号カード提示により差額2%を還付しよう、

という話です。

消費税増税に対する負担軽減と、普及について心配の声があがっているマイナンバー制度の

定着を狙ったものでしょう。

 

消費税の軽減税率は以前から度々話題に出ていましたが、

事務の煩雑さや負担等、問題点が多くずっと実現しなかったものです。

 

ですがこの個人番号カードを使った方法も、実現させるのはかなり困難だと思います。

 

食料品を販売しているお店・飲食店等すべてが、レジを個人番号カード読み取りや

軽減税率対象の商品かどうかを判定するよう対応できるでしょうか?

税務申告についても、非常に事務負担等が増えそうな話です。

 

また消費者も、食料品を購入したり外食するたびに個人番号カードを提示できるでしょうか?

 

そもそも個人番号カードを取得するかどうかは任意となっています。

個人番号カードを取得しない人は、消費税も還付されない…

公平を謳っているはずの税金がそういう姿勢なのは、なかなか納得がいかないことです。

 

任意での預金口座との紐づけや医療への利用拡大、年金基礎番号との連結の当面延期など、

来月の個人番号通知を目前にニュースの多いマイナンバー制度。

そしてわたしたちの生活に密接に関係している消費税。

このニュース、今後の行方に注目ですね。

 

 

★☆★ 編集後記 ★☆★

先日、福岡市の博多周辺に行ってきました。

川沿いを散歩したり、天神駅周辺の地下街を練り歩いたり…

なによりおいしい食べ物がたくさんあって、すっかり満喫してしまいました。

九州は初めてでしたが、福岡県だけでなくぜひ他の県にも行ってみたいです(^^)

 

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?