自由が欲しい、その本質は?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

会社員だった時、自由が欲しいなぁと思いました。

そして起業して、ある時「自由」について考えてみました。

自由が欲しいなぁと思うのは、何故そう思うのか?

それは、不自由さを感じるから。

例えば、仕事を選べない、上司も選べない、休みも決まっている。そんな状態で仕事をし続けるのは、サラリーマンとして当たり前だけど、不自由さをとても感じます。

では、不自由って何?

それは、決められないこと。

色々と考えていたのに、自分の思った通りに動かせない。不自由だね〜。

では、決められないの反対は、決めること。

自由 ⇄ 不自由

決める ⇄ 決められない

つまり、自由って決めることなんだと思いました。

自由 ⇄ 不自由

↑ ↓

決める ⇄ 決められない

例えば、仕事を選べる、上司も選べる、休みも決められる。全て自由にあなたが決められる。

サラリーマンでこの状態の時、自由が欲しいなぁと言うだろうか?

全て会社に決められている状態と比べたら、圧倒的に少なと思うんですよね。

そこで、さらに思ったのが、社長であろうとサラリーマンであろうと関係ないと思ったんです。

いや〜、肩書きは社長だけど、サラリーマン的な社長って結構いるなぁと思ったんです。

例えば、

仕事を選べない → 元請の仕事断れない

上司も選べない → 元請を選べない

休みも決まっている → 元請の仕事によって休みが決まる

なんか社長をやっているのに、サラリーマン的な状況って悲しいですよね。

では、どうしたらいいのか?

相手に決めさせるのではなく、こっちで決める割合を増やしてください。

そのためには、予測力と準備力を磨いてください。

待ちの姿勢ではなく、こっちから仕掛けていく。

例えば、

仕事を選べない → 元請の仕事を断れる状況を作る

上司も選べない → 元請を選ぶ状況を作る

休みも決まっている → 元請に事前に休みの連絡をしておく

こうなるためには、あなたにしか仕事をお願いできない状況を作るか、あなたがリフォーム工事を直接請け負う力をつけるしかありません。

そして大事なポイントをお伝えします。

どの立場とかは関係なく、心の主導権を握っているのかどうかが、自由を得てるのかどうかと大きく関わっているということ。

例えば、

優秀な社員がいると社長はその社員に依存する場合があります。

その社員が、辞めますというと、社長は「え?待ってくれよ、あなたが辞めると会社潰れる」となると、社員が心の主導権を握ってますよね。元請に対しても一緒です。立場や金ではなく、心の主導権を握っているかどうかがカギです。

心の主導権を握っていきましょう。

社員、元請、お客様の心の主導権を取るために、何していきますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?