部下の目標達成のためにあなたは何をしていますか?

ここに面白い調査結果があります。

感謝と部下の目標達成の関係等についてです。


・「感謝を言われる頻度が高い人」の73.8%は目標達成し、低い人に比べ18.5ポイント高い

 「頻度が高い」と思っている人は、75.2%が週1回以上感謝を言われ、低い人の約2倍

・ 「正当な評価を受けていると感じている人」の70.4%が目標達成し、感じていない人に比べ18ポイント高い

・ 評価されたと感じる時は「直接の感謝・賞賛」が56.8%と「昇給・昇進(60.2%)」と僅差。

 若い人ほど、直接褒められることで評価されていると感じる傾向が強い。

・ 8割以上の人が「上司からの評価」で評価されたと感じる

・「会社満足度が高い人」の80.1%は目標達成し、低い人に比べ20.4ポイント高い

・57.2%もの人が上司からのフィードバックに満足していない

 「上司からのフィードバックに満足している人」の79.5%は目標達成し、低い人に比べ16.8ポイント高い

出典:上司からの日頃の感謝が若手のパフォーマンスに影響!?「感謝を言われる頻度が高い人」ほど目標達成していることが判明


部下に対して感謝すると目標達成の割合が高くなるんです。

いいですよね。

うちの部下はダメダメだから、感謝なんてできないよ、と言っている人もいるかもしれませんが、

感謝をするから、部下が成果を出す

それとも

感謝しないから、部下が成果を出さない

と、考えた時、どちらができる上司でしょうか?


また、

部下が成果を出したから感謝をする上司と

部下が成果を出さないから感謝しない上司は

どちらも部下の結果にコントロールされてますよね。


部下の感謝出来るところを見つけ、感謝し

あなたの感謝力で部下の成果を伸ばしていきませんか?



社員の「幸せ」と「感謝」があふれる会社へ
Efyees株式会社 小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?