嫌いな人から価値観の枠を広げることを学べ

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

確証バイアスってご存知ですか?自分にとって都合のいい情報を集める行為のことを言うのですが、改めて人間って都合のいい生き物なんだなぁと思いました。まぁ、これが生きてることなんでしょうが、人材育成においては気をつけないといけないですね。

確証バイアス

確証バイアス(かくしょうバイアス、英: confirmation bias)とは、認知心理学や社会心理学における用語で、仮説や信念を検証する際にそれを支持する情報ばかりを集め、反証する情報を無視または集めようとしない傾向のこと。認知バイアスの一種。また、その結果として稀な事象の起こる確率を過大評価しがちであることも知られている。(出典:ウィキペディア)

簡単に言うと、自分に都合のいい情報だけを集めて、自分の考えはあっていると自分自身の思い込みを補強する行為の事。

先日、こんなことがありました。

「小宮さん、Aさんのことどう思う?」とある社長から聞かれたんです。

Aさんは社長の従業員。

どうやらAさんと社長は馬が合わないようで、社長はAさんのことが嫌いのようです。

私はAさんに対して嫌いな印象はないので、

「笑顔があっていいですよ。Aさんよりほかの方が気になりますね」とお伝えしました。

その時は私も気付かなかったのですが、社長は私にAさんのダメ出しをして欲しかったんだなと思いました。

自分に都合のいい情報だけを集めて、自分の考えはあっていると自分自身の思い込みを補強する行為。

まさに確証バイアスですね。

まとめ

人材育成をする上で、確証バイアスは大きな弊害をもたらす場合があります。今回登場したAさんですが、別な機会に実は会社に対していい提案をしています。

ですが、その提案に対して社長は嫌がってるんですね~。

人間関係の好き嫌いは本当に大きな影響を与えるなぁと思いました。

だからこそ学ばないといけないのが、心理学とコミュニケーションスキル。

これを学んでいると人間関係で無駄なエネルギーを使わなくなり、そのエネルギーを別に使う事が出来ます。

そして楽しいです。

あなたの人に対する見方、本当に正しいですか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

Efyees 最新イベントのご案内

小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

Efyees 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?