社員のモチベーションさえ上がれば、会社は自然と大きくなる。そのために・・・

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

 

「ありえないレベルで人を大切したら23年連続黒字になった仕組み」の本からです。

 

この本にお金をかけずに、社員のモチベーションを高める「2つ」の方法が書いてありました。

 

さて、早速あなたも考えてみましょう。

 

では質問です。

社員のモチベーションって高める必要はあると思いますか?

もしあると答えたなら、それは何故必要だと思いますか?

また、社員のモチベーションを高めるために、どんな行動を取っていますか?

 

 

この本の著者、(株)日本レーザー代表取締役社長の近藤さんは、会社をよくするために最も必要なのは、社員のモチベーションが10割といっています。

 

そして、

 

「中小企業は、社長の器以上に成長しない」と言われますか、私が強調したいのは、

「社員の成長がなければ、会社は成長しない」

「社員のモチベーションさえ上がれば、会社も自然と大きくなる」

ということです。

そこで、お金も、時間もかけず、社員のモチベーションを高める方法が「2つ」あります。

 

それは、

「社長の笑顔」と「社長の声がけ」です。

 

といってます。

 

 

「社長の笑顔」と「社長の声がけ」、シンプルですね。

それなら俺もやってるよという方もいると思いますが、近藤社長はこのように言っています。

 

「よい報告は笑顔で聞く。トラブルなどの悪い報告は、もっと笑顔で聞く」

 

くぅ~、求めるシチュエーションレベルが高い。

「トラブルなどの悪い報告は、もっと笑顔で聞く」

 

これ、ホントに大事です。

 

近藤社長は、「笑顔は、社長の仕事」であり、「笑顔は、社長の能力」と捉えています。

 

社長がしかめっ面をしていたら、それを見た社員は、「話しかけてくるな」「近寄るな」という情報として受け取り、「社長にとって都合のいい事」しか報告しなくなる。

反対に、社長の笑顔は、「いつでも話かけていいよ」「怖くないよ」という情報と同じで、社内の空気を明るくする。

 

(株)日本レーザーの社員の方は、近藤社長にこんな印象を持っているようです。

「何があっても、いつも笑顔で、絶対に声を荒げない人」

 

 

あなたは社員にどんな印象を持たれていますか?

 

今日も最高の笑顔で、お仕事を楽しみましょう。

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?