打倒機械化!!

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

現場作業の機械化が、徐々に進んでますね。

・鉄筋結束ロボット

・現場の清掃を自動化する「T-iROBO Cleaner」

・建物のコンクリート床を仕上げる「T-iROBO Slab Finisher」。レーザーセンサーを搭載したロボットに空間を把握させ、範囲内を自動で仕上げる

・建物の鉄骨柱の現場溶接を自動化する「T-iROBO Welding」

・重量鉄筋の配筋に使えるロボット「ATOUN」

苦痛な建設現場の作業はロボットにお任せ (トレンド・ボックス)

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120118/226265/042700003/

人手不足の状況がますます深刻になる中、機械化はとてもありがたいですよね。

ただ考えて欲しいのが、現場作業においてまず機械化される部分というのは、単純作業のところ。

ここって、大きい現場だと利益に繋がるところなんですよね。

よく「この大きさなら作業が伸びるからその単価でいいよ」って聞きません?

大きい現場で、単純作業のやりやすい部分が多くあると、当然工事がはかどり、それが利益につながるわけなんですよね。

それが、機械化によってどんどん奪われていくということ。

ゆでガエルの話は、ご存知ですか?

熱湯にカエルを入れると、当然慌てて逃げ出します。

それが、水の状態からカエルを入れておき、徐々に温めていく。

そしたら、いつのまにか茹で上がってしまうという話。

人間も同じです。

強い痛みがあるものに対しては、すぐ反応します。

例えば、新人に極端なハードな仕事はさせないですよね。

逃げてしまいすからね。

ただ、大変なことも徐々に慣らしていくとそれが習慣化され、やり続けることができます。

ただ同時に動けなくもなります。

そうするといつのまにか、機械に仕事を奪われていきます。

利益を奪われていきます。

そうならないためにも、チャレンジしていきましょう。

機械化の時代に結果を出すためのキーワードは、これ。

「チャレンジ」「カイゼン」「遊び心」

効率を考えた電話。

面白い!!

おばぁちゃんになっても遊び心満載で稼いでます。笑

最初の一歩、どんなチャレンジをしますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?