真面目で我慢して仕事をすることから卒業しません?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

ある人から面白い話を聞きました。

哲学者ニーチェは、人間には3つのタイプがあると言っていたようです。

そのタイプとは、

・超人

・末人(まつじん)

・奴隷

超人とは、全てを遊びに変えられる人

末人とは、ルールを無視して、自分の利益のためにしか動かない人

奴隷とは、真面目な人(ルールに支配されている人)

また、目的意識もなく、

ルールだから

常識だから

決まりだから

ノルマだから

だから、動こうとする人

そこには自分の意思がないですね。

そして、奴隷の人は、何か困ることが起きると我慢してそれを行う。

では、超人は?

超人は、何か困ることが起きると、解釈を変えて遊びに変える人です。

例えば、

ドラゴンボールの超人といえば、

そう、孫悟空です。

彼が強敵に出会った時のセリフがとても参考になります。

奴隷は、今の自分では解決できないことや強敵に出会ったら、

「困ったなぁ〜、でも仕事だから(我慢して)するしかないかぁ〜」

となるわけです。

でも、超人 孫悟空は、

「オラ、ワクワクすっぞ〜」

さすがですね。

これだと、我慢して行うわけではないので、あなたの持っているパワーが普段以上に出ますね。

仕事で何か困った時の合言葉は?

「オラ、ワクワクすっぞ〜」

ですね。(^^)

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?