「宇宙エレベーター」の工事、楽しそう~

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

あなたの「夢」は何ですか?

 

家が欲しい、車が欲しい、旅行がしたい、美女に囲まれたいなど色々とあるかもしれません。

 

でもそれって、本当にあなたにとって「夢」ですか?

 

そもそも「夢」ってなんでしょうか?

 

世界No.1ビジネスコーチのアンソニーロビンズは、「夢」についてこう定義してます。

夢とは、得たい感情を得るためのモノ

 

ちなみにアンソニーロビンズは、以下のような方々に影響を与えている人です。

=========

第8代南アフリカ大統領 故ネルソン・マンデラ氏
初代ソ連大統領 ミハイル・ゴルバチョフ氏
第40代アメリカ大統領 ロナルド・レーガン氏
第42代アメリカ大統領 ビル・クリントン氏
第71代英国首相 マーガレット・サッチャー氏
第21代フランス大統領 フランソワ・ミッテラン氏

初めての方へ故ダイアナ元妃
マザー・テレサ氏
テニスプレーヤー アンドレ・アガシ氏
ボクシング マイク・タイソン氏
音楽プロデューサー クインシー・ジョーンズ氏
俳優 アンソニー・ホプキンス氏

など

各界のリーダーや指導者に多大なる影響を与えている。

また、彼が主催するセミナー
Unleash the Power Withinには、
レディー・ガガ氏、オプラ・ウィンフリー氏も参加し、
アンソニーの影響力の大きさを物語っている。

出典:アンソニー・ロビンズとは?
http://www.speedcoaching.co.jp/tony.html

=========

 

私が自主性を引き出す時大切いにしているのが、相手の「夢」です。

 

相手がどんな夢を持っていて、何故それを夢にするのか?その夢を達成したら何が得られるのか?などを聞いて、本来持っているその人の欲を引き出します。

 

目的は、それが自主性につながるからです。

 

 

建設業は、他の業種と比べれば人気のない業種かもしれません。

ただ、今後就職する方には、面白い世界が広がっています。

 

え?そんなアニメの世界が現実的にやってくるの?と思うかもしれません。

 

その世界とは、それは「宇宙建築」です。

そして「宇宙エレベーター」そんな工事にかかわれるかもしれません。

=========

大林組が構想する宇宙エレベーター。2030年から施工に取り掛かれば、2050年ごろに完成する見通しだ。総工費は約10兆円と試算している。カーボンナノチューブのケーブルを「クライマー」と呼ぶ車両(図の右下)が昇降する。物資の運搬だけでなく、地球が自転する際の遠心力を生かして人工衛星を軌道上に投入する用途などでの活用が期待されている(資料:大林組)

出典:建設会社が宇宙で磨く先端技術、「素材」「無人化」の革新狙う
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00291/062500008/?P=1

=========

 

20歳の人が就職して、12年現場で技を磨いて、そして2030年をむかえて、「宇宙エレベーター」の工事が着工?

 

「地図に残る仕事」から、「宇宙に残る仕事」

 

あるいは彼女や子供に
 
「空見てごらん。あれ俺(父さん)がつくったんだよ」

 

おーーーー、なんか楽しそう。

 

もしチャンスがあれば、やってみたくないですか?

 

 

ではどうするのか?

できると信じて、アンテナを立ててください。

 

アンテナを立てるからTVやラジオから情報を得ることができます。

人も一緒。

 

欲しいモノがあるなら、まずアンテナを立てる。

そうするとその情報が集まってきます。

 

 

例えば、信号機の3色の色の順番ってわかりますか?

歩道の信号の2色の順番ってわかりますか?

 

子供のころから見ていても、わからない人が多いんです。

 

理由は、興味がないからです。

 

興味を持つから、アンテナを立てるわけです。

自分の可能性を信じて、是非「夢」を叶えてください。

 

成功するための心構え三則

・自分はできると信じること
・諦めないこと
・やり続けること

 

あなたは、どんな「夢」をもっていますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人