社員の存在価値ってなんでしょうか?

人の成長無くして、企業の成長なし。

「あなたの会社で働きたい!!」と言われる
従業員の「自主性」「積極性」「責任感」が自然に育つ魅力的な職場環境を作るサポートをしている小宮です。

 

社員の存在価値ってなんでしょうか?

 

当たり前のことですが、世の中という環境に対して、企業の存在価値、存在意義、存在する目的は、世の中に対して貢献し、役に立っているから必要とされる存在になるわけです。

企業が、世の中に対して役に立たず、迷惑をかける存在だと、必要とされないから、当然売上も上がらず、いつかは倒産します。

これと同様に、会社という環境に対して、社員が貢献し、役に立っているから必要とされる存在になります。

 

では、社員が会社に対して貢献するとはどういう事でしょうか?

 

社長の言う事を聞くことですか?

現場をトラブルなく納める事でしょうか?

 

確かにそれも貢献ですよね。

ただそれだけでは、社員としての存在価値があまりありません。

 

別な視点で見ていきましょう。

では、「社員」と「外注」の違いは何でしょうか?

 

外注の方は、

社長のいう事を聞くし

現場をトラブルなく納めますよね。

 

この点だけを考えると、「むしろ外注の方がいいよ」なんて思っている方もいるのではないでしょうか?

 

社員の場合、文句は言うし、トラブル起こし、無責任な人もいますからね。

 

 

外注は次の仕事にもかかわってきますから

社長の話を真剣に聞くし、現場も時間内であれば責任感を持って行いますよね。

 

 

もう一度聞きますが、「社員」と「外注」の違いは何でしょうか?

 

その違いこそが「社員」が会社にいる存在意義、存在する目的であり、そこを強めていける環境がなければ、外注でいいわけです。

 

ずばり、「社員」と「外注」の違いは、会社の成長・発展のためへの貢献があるかどうかです。

 

現場の成果だけなら、「外注」だけで結構。

 

文句も言わないし、責任を持って仕事をしてくれるし。

 

外注は、成果に対してお金をもらえればいいので、会社の成長・発展に対して貢献するという事は基本ありません。

 

社員が外注と同じように、成果に対してお金をもらえればいいという考えでしたら、社長さんはつらいでしょうね。

 

 

なぜなら会社の成長・発展について、社員が考えてくれない。

 

つまり、社長一人だけが会社の成長・発展について考え、行動してませんか?

 

社員と共に、会社の成長・発展を作り上げていく会社を作っていきませんか?

 

 

 

「あなたの会社で働きたい!!」と言われる
従業員の「自主性」「積極性」「責任感」が自然に育つ魅力的な職場環境を作るサポートをしています

Efyees株式会社
人・財・チーム コンサルタント
小宮 勇人