【自立社員を育てる「のみーティング」】経営者の仕事は従業員の夢をかなえること!!

こんな熱い想いをもっている社長のもとで働きたくありませんか?

023___5D1_0096

 

下記は私がコンサルタントをさせて頂いている屋根・外壁リフォーム工事をしている平井社長のメッセージです。

是非、社員思いのあなたにも聞いて欲しかったので、今日はそのメッセージをご紹介します。

このメッセージは「のみーティング」という研修の際に、平井社長の想いを話していただいたものを動画として記録したものです。

まず下記メッセージを読んでもらいたいのですが、いきなり冒頭のメッセージで「経営者の仕事として従業員の夢をかなえること!」という言葉は、ぐっと心をつかみますよね。

 

さらに、

「勉強ができなくても大学を出たやつと勝負できるのが職人の
世界だ!」

「行き場のないやつも職人の世界なら成功できる!」そんな会社を作っていきたい!!

という言葉は、もし私が別会社の社員(職人)として聞いたら、こんな熱い想いを持っている方のもとで働きたいなぁと思うだろうなぁと思いました。

社長の勉強ができなかったというコンプレックスをバネという成功に向けてのエネルギーにし、自分だけでなく若い人達のことも考え、会社を経営しているところが今の社員(職人)にも好かれている社長だというのが分かりますよね。

 

ただ世の中の多くの経営者の方は、まずは会社の売上を上げて、それがあるから社員の夢がかなえられる、だからそれまでは我慢して働け!ではないでしょうか?

その気持ちも分かりますが、社員あっての会社の売上です。

社員のやる気があって、それが更なる売上につながっていきます。

表面上の言葉でなく、社員がこの人のもとで働いていきたくなるようなメッセージをまずは語っていきませんか?

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

経営者として従業員の夢をかなえることがまず自分の仕事の一つだと思います。

なのでまず稼げる会社、自分も一目標として稼いでいきたい、笑い事で言っていた年商10億、これは多分10年後このビデオを観た時にあの時言っていた目標達成したなと、言えるメンバーがここにいて、今日来た小宮さんが平井板金10年前はこんなちっちゃな会社だったけど10年経ったらこんなでかい会社になっていたよと胸を張って紹介できる会社に育てたいと、

こんなこと言っちゃあれだけど俺は勉強もできなかったし何もできなかったけれども社会に出てどうにか今成功し始めている

それは多分ここにいるメンバーも同じで勉強ができなくても社会に出てから、頭がいいやつ、大学出たやつと俺らは勝負ができてその世界が職人だと

その世界で成功することが、これから若いやつ、バカやって不良やって行き場がない人間が職人の世界だったら成功できるとそういう1リーダーと建築業界を率いて、バカをまとめて天才になる、そういう会社を作りたいと思っています。

㈱平井板金 代表取締役社長 平井 千寿生

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

その時の動画メッセージはこちらから↓↓↓

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?