自主性を育てるパワーワード2

人の成長無くして、会社の成長なし

「あなたの会社で働きたい!!」と言われる1年間で5人の求人問合せが来て、2人の新メンバーが加わる魅力的な職場環境造りをサポートしていますEfyeesの小宮です。

 

社員の自主性を育てるには「メンタル」を強くしていく必要があります。

 

 

ところで、あなたは「メンタル」は強いですか?

 

今までは、実は自分は弱いなぁという認識をしてきたのですが、

そもそも「メンタル」とは何でしょうか?

 

実は「メンタル」はメンタルそのもので存在するのではなく、

「言葉」や「出来事」によって存在します。

 

例えば、「メンタルが弱いんです~」という人は、何故そう思うのでしょうか?

 

「お客様に怒られると、すぐ落ち込み、ずっと引きずるんです。」

「失敗して迷惑をかけたとき、気分がなかなか復活できないんです。」

「失敗が怖くて、新しいことになかなかチャレンジできないんです。」

 

など、「過去の出来事」の話をしてメンタルの弱さについて話しますよね。

 

 

つまり

「過去の出来事」=「メンタルの弱さ」

と本人は思っているわけです。

 

 

また、「過去の出来事」は言葉によって成り立ってます。

 

だから、「メンタル」はメンタルそのもので存在するのではなく、

「言葉」や「出来事」によって存在しているわけです。

 

 

であるならば、メンタルを強くするためには、

自分を強くする「言葉」を持つ事が大切なんです。

また、「出来事」に対しての解釈の幅を広げていくことも大切です。

 

 

逆にメンタルが弱い人は、メンタルが弱いんではなく

自分を強くする「言葉」を持っていなかったり、

「出来事」に対しての解釈の幅が狭いという事です。

 

 

例えば、

「お客様に怒られると、すぐ落ち込み、ずっと引きずるんです。」

→「人より長くお客様に対して考えているんです。」

 

「失敗して迷惑をかけたとき、気分がなかなか復活できないんです。」

→「他人のせいにしないで、真摯に出来事を受け止めているんです。」

 

「失敗が怖くて、新しいことになかなかチャレンジできないんです。」

→「慎重に一歩一歩、確実に成長しようとしているんです。」

 

というように言葉を変えて、出来事に対しての解釈の幅を広げてもいいですよね。

 

 

有名な言葉があります。

 

「他人と過去は変えられない 自分と未来は変えられる」

 

 

社員の自主性を育てるために、

自分を強くする言葉を持ち

解釈の幅を広げ

会社と未来を変えていきませんか?

 

 

 

ということで、「おかやま山陽高校硬式野球部 部訓66ヶ条」についてです。

今回は前回の続きで、23~44までお伝えします。

 

 

おかやま山陽高校硬式野球部 部訓66ヶ条

本野球部の指導方針は、この66条の部訓に凝縮しています。野球で人間形成などという大きなことは言 えませんが、人間がその短い人生の中で腹の底から大好きなことが見つかったならば、人間はその大好きなこととそれに関係する生活の全てにおいて、無理する ことなく謙虚に素直に向き合えると信じています。こういうことが理解できる仲間と もがき苦しむ3年間であって欲しいと思います。
23. 平均寿命が34歳の国が、地球上にあることを知っている。

24. 人生は一度きりだということを強く意識している。旅でもいいから、世界を見に行く。

25. ルールは盲目的に従うものではなく、自分たちで創るものである。

26. 集団の規則やルールの数が多ければ多いほど、その集団のレベルが低く、恥ずべきことだと知っている。

27. 努力とは時間を短縮することであることを知っている。

28. 難しいことを易しくする、易しいことを深くする、深いことを楽しくやる、楽しいことを真面目にやる。

29. 常にSTRONG STYLE。ぶれない、逃げない、媚びない、受けてたつ、堂々と。

30. このメンバーに出会うには、地球の誕生から考えて、計算できないような途方も無い偶然の確率であるが、それを必然と感じることができる。

31. 守破離  『守』は、師匠の流儀を完璧になるまで繰り返し習うこと。『破』は、師匠の流儀を極めた後に、他流を取り入れること。『離』は、今まで学んだことを集大成し、オリジナルなものを創造すること

32. 型破りな選手になりたい。そのためには、破るための型を身に付けなくてはならない。人生も同じ。

33. 孝仁礼  『孝』は、親子愛・祖先愛など普遍的な愛情。『仁』は、孝を他人にも感じるようになる事(=思いやり)。『礼』は、目に見えない仁を形にすること。だから、形だけの礼儀は要らない、礼には仁を入れるべし。その礼のない奴を、失礼、無礼という。

34. 成功の反意語は、不成功や失敗ではなく、”挑戦しないこと、逃げること、言い訳すること、誤魔化すこと”だ!

35. ありがとう の反意語は、”当り前”という言葉であることを知っている。

36. ありがとうと言える人にもなりたいが、”ありがとう”と言われる人にはもっとなりたい。

37. 4パターンの法則を知っている。(1)才能があって、努力する人 (2)才能がなくて努力する人 (3)才能があって努力しない人 (4)才能がなくて、努力しない人  あなたはどれですか? 才能なんて目に見えないものは当てにせず努力すれば ①になるかもしれない。

38. 努力しているか、していないのかは周りの人が思うことで、自分で思うことでも口に出すことでもない。

39. 心に、一本筋を通すと ”必”になる= 心に本気で決めたことは、必ず実現する。

40. 一点突破! 自分の最強の武器で勝負する。野球も人生も!

41. 地球の自転速度は、時速1700km、公転速度は時速10万8000kmであることを知っている。

42. うどん屋は、うどんを売る。流行に流されない。器やトッピングで誤魔化さず、素うどんで勝負できないような店は話にならない。

43. 世界に誇るTOYOTAもHONDAもSONYも、もともとは小さな町工場から始まった。

44. 練習、食事、睡眠、勉強、あらゆる行動が修行であり、修行は自分の手で片付けを完了した段階で身に付くことを知っている。

おかやま山陽高校硬式野球部 部訓66ヶ条より

 

 

私が好きなのは、以下の3つ。

27. 努力とは時間を短縮することであることを知っている。

33. 孝仁礼  『孝』は、親子愛・祖先愛など普遍的な愛情。『仁』は、孝を他人にも感じるようになる事(=思いやり)。『礼』は、目に見えない仁を形にすること。だから、形だけの礼儀は要らない、礼には仁を入れるべし。その礼のない奴を、失礼、無礼という。

39. 心に、一本筋を通すと ”必”になる= 心に本気で決めたことは、必ず実現する。

 

今日も楽しんで仕事をしていきましょう。

今日もご安全に!!

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる魅力的な職場環境を手に入れろ!!

Efyees株式会社
人・財・チーム コンサルタント
小宮 勇人

 

自主性を育てるパワーワード1

人の成長無くして、会社の成長なし

「あなたの会社で働きたい!!」と言われる1年間で5人の求人問合せが来て、2人の新メンバーが加わる魅力的な職場環境造りをサポートしていますEfyeesの小宮です。

 

昨日は「自分を支える言葉を持つ」というお話をしました。

そこで高校生が活用している言葉をお伝えします。

高校生かぁ~、なんて思わず、まずは読んでくださいね。

 

66個あるのですが、今日はその1/3の22個お伝えします。

 

おかやま山陽高校硬式野球部 部訓66ヶ条

本野球部の指導方針は、この66条の部訓に凝縮しています。野球で人間形成などという大きなことは言 えませんが、人間がその短い人生の中で腹の底から大好きなことが見つかったならば、人間はその大好きなこととそれに関係する生活の全てにおいて、無理する ことなく謙虚に素直に向き合えると信じています。こういうことが理解できる仲間と もがき苦しむ3年間であって欲しいと思います。

 

1. 日本一になろう! と本気で考えている。

2. 闘志なき者は去れ!

3. このチームを他人に自慢できる。

4. 人間が唯一平等なものは一日が24時間であることを知っている。あとは、自分自身がその時間をどう分配するかだ。

5. 野球を楽しくできないものは、やらなければよい。楽しくとは、我を忘れるぐらい夢中になり悪戦苦闘することで、決して楽でも苦労でもない。

6. やらされているか、やっているのかの違いは 自分の意志があるかないかだけであることを知っている。

7. 全員がキャプテンのつもりで行動している。常に全体と自分のことの両方を考えている。

8. 2アウトから3連打で2点取ることに必死になれる。3人で終わることを、真剣に嫌がる。またゲームの点差に関わらず、7回からの3イニングでは、異常に盛り上がり点を取ることに執着する。

9. 自由と勝手の違いを知っている。

10. マイナスをプラスに変換する知恵と力を持っている。

11. 楽して勝てず、楽しまずして勝てず。

12. 良い雰囲気⇒良いリズム⇒良いプレー⇒ファインプレーや得点⇒勝利という公式を知っている。また、その逆も知っている。

13. チームの雰囲気を変える前に、自分の雰囲気を変えることが優先であることを知っている。

14. 甲子園を愛しているのではなく、野球を愛している。

15. 24時間以内に起こった小さな幸せを、いつでも言える。

16. 野球バカにはならない。野球オタクにはなりたい。

17. 基本という英単語は、Fundamentalであることを知っている。そして、Fun(楽しい)、Mental(心)という二つの単語からできていて=『楽しむ心』が全ての基本であるという意味を熟知している。

18. 心のこもった挨拶、握手の仕方を知っている。

19. 常に凛としている。立振舞い・言動・行動を近くで見ている、もう一人の自分がいると信じ込める。

20. 『姿即心』 の意味を知っている。(その人の姿はその人の心の中を現しており、心の状態と目に見える姿には関係があり、自分の心の状態は全て自分の姿となって現れるというコト。)

21. 挑戦しない、考えない、手を抜く、言い訳、屁理屈、嘘、暗い、愚痴、噂話、不平不満、妬み、しか口から出ない人、態度に出る人を見ると、とてつもなく哀れに感じる。自分がそうなってしまったときは大いに悔やむ。

22. 与えられた環境・条件が如何に厳しくとも最大限の知恵と行動で乗り切る。また条件の厳しさが増すほど、その状況を自分の能力と運命への挑戦と受け取り、思いっきり楽しもうとする。

おかやま山陽高校硬式野球部 部訓66ヶ条より

 

 

あなたはどの言葉が好きですか?

 

私が好きなのは、以下の3つ。

13. チームの雰囲気を変える前に、自分の雰囲気を変えることが優先であることを知っている。

17. 基本という英単語は、Fundamentalであることを知っている。そして、Fun(楽しい)、Mental(心)という二つの単語からできていて=『楽しむ心』が全ての基本であるという意味を熟知している。

22. 与えられた環境・条件が如何に厳しくとも最大限の知恵と行動で乗り切る。また条件の厳しさが増すほど、その状況を自分の能力と運命への挑戦と受け取り、思いっきり楽しもうとする

 

今日も楽しんで仕事をしていきましょう。

 

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる魅力的な職場環境を手に入れろ!!

Efyees株式会社
人・財・チーム コンサルタント
小宮 勇人

嫌いな人間にコントロールされているのを気付いてください

人の成長無くして、会社の成長なし

「あなたの会社で働きたい!!」と言われる1年間で5人の求人問合せが来て、2人の新メンバーが加わる魅力的な職場環境造りをサポートしていますEfyeesの小宮です。

 

基本的に人は、人にコントロールはされたくないものです。

まして、嫌いな人間ならなおさらである。

それは、わかっていても、愚痴・不平・不満を言っている人は、残念ながら嫌いな人にコントロールされています。

 

「あいつのあの言い方がムカつく」

「あいつさえいなくなれば、上手くいくのに」

「あの社員は全然使えないんだよなぁ~」

 

この様な愚痴・不平・不満の言葉は、あなたの嫌いな人に影響を受けて出てきた言葉です。

つまり嫌いな人間に影響を受け、いつの間にか感情をマイナスへコントロールされているという事です。

あなたは自分の意志で愚痴・不平・不満を言っている感覚があるかもしれません。

ただ残念ながら間接的に言わされている、つまりコントロールされているという見方もできるわけです。

成功するリーダーは、周りに影響されるのではなく、自ら影響を与えます。

それもプラスの感情へ周りを導きます。

ネガティブな言葉、出来事、人に影響を受け、感情をマイナスにコントロールされるのか?

周りをプラスの感情へ導けるのか?

 

成功するリーダーは、様々な困難と出会います。

だから、自分を支える、自分に力を与える言葉を持っています。

あなたはどんな言葉を持っていますか?

 

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる魅力的な職場環境を手に入れろ!!

Efyees株式会社
人・財・チーム コンサルタント
小宮 勇人

リーダーって何をする人?

人の成長無くして、会社の成長なし

「あなたの会社で働きたい!!」と言われる1年間で5人の求人問合せが来て2人の新メンバーが加わる魅力的な職場環境造りをサポートしていますEfyeesの小宮です。

 

経営者の方にお話をお伺いすると、社員に「自主性」や「責任感」がない、という事をよく聞きます。

 

社員から自分の意見やアイデアが出てこない

注意をしても、聞いているのか聞いていないのかよくわからない

残業しろというわけではないが、あと少しで終わるならなんとか終わらせようという気持ちを見せて欲しい

 

など、お話を聞くと色々と出てきます。

 

そこで私は、研修でお話をする際「リーダーシップスキル」のお話をします。

「リーダーは何をする人ですか?」って。

 

あなたにも質問です。

「リーダーは何をする人でしょうか?」

 

 

色々な解釈があると思いますが、私は言葉から考えるようにしてます。

リーダー(Leader)は、

導くや引っ張るというリード(Lead)と

~する人を表す(er)から

成り立っています。

 

なので、リーダーは導く人や引っ張る人ですよね。

 

では、どこへ引っ張るのでしょうか?

 

 

大きく2つあります。

 

1つ目が、プラスの結果

もう一つが、プラスの感情です。

 

マイナスの結果へ導く人へついていきたいですか?

嫌ですよね。

皆プラスの結果へ導かれたいです。

 

昔はプラスの結果だけでも、トップダウンのまとめ方でついてきました。

今は、それだけでは上手くいきません。

 

プラスの感情へも導いていける人に、人はついていきます。

 

これは原理原則です。

皆プラスの感情にしてくれる人、商品、サービスに導かれます。

マイナスの感情へ導くモノへは、戦うか逃げます。

 

社員の方にも、この様なことを言って

「あなた自身がリーダーになっていきませんか?」

「周りがあなたによってプラスの感情になり、あなたについてくる人が増える」

「楽しくありませんか?」「嬉しくありませんか?」

 

社員の「自主性」「責任感」を引き出すなら、

まずは「リーダー」の意味を理解してもらい

スキルを楽しんで磨いていくこと。

 

リーダーは、プラスの結果とプラスの感情へ導く人。

 

具体的にEfyeesでは、社員のリーダーシップスキルを磨くために

「リーダーシップ・シート」を活用して

楽しくスキルアップして頂いてます。

 

詳しくは、以下のブログも読んでみてくださいね。

「お互いで褒め合い、プラスの循環を作り出す」

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる魅力的な職場環境を作っていこう!!

Efyees株式会社
人・財・チーム コンサルタント
小宮 勇人

自主性を育てるなら教えないはいけない

人の成長無くして、会社の成長なし

「あなたの会社で働きたい!!」と言われる
1年間で5人の求人問合せが来て
2人の新メンバーが加わる
魅力的な職場環境造りをサポートしています

人・財・チーム コンサルタントの小宮です。

 

私にコンサルを依頼してくる方は

社員の自主性をどうやって引き出したらいいか?

と困っている社長さん方が多いです。

 

自主性のない社員さんを抱えている

社長さんって結構大変ですよね。

 

・言わないと動かない

・あと少しやればいいのに、終了時間が来たら「お疲れ様です」とサクッと帰ってしまう

・社員からの意見が出てこない

・人の話を聞いているんだか、聞いていないんだかよくわからない

 

など、

こちら側の社員に対する不満を上げたらキリがありません。

 

では、どうしたら自主性を

引き出すことができるのか?

 

実は答えは簡単で

「すぐに教えないこと」

です。

 

 

自主性の反対は?

 

自主的 ⇔ 強制的

 

最近は、強制的に「やれ!!」

と言っている方は多くないと思いますが

「教える」「指示する」は

言った通りにしなさいという

半強制的な指示命令です。

 

仮にもし教えた通りにしなかったら?

そしてそれによって失敗でもしたら?

 

なんで俺が言ったとおりにやらないんだよ!!

となり

 

はい、あなたの言うとおりにします

となるわけです。

 

また

言われた通りにはしますが

言われなきゃ何もしませんよ

という関係を作り上げるわけです。

 

 

だんだん自主性が失われ

これを繰り返すことによって

自主性のない教えないと動かない社員

自主性のない指示しないと動かない社員

が育つわけです。

 

こっちはこんなに頑張っているのに

あれだけ教えたのに

と思うかもしれませんが

自主的に動いてもらうには

実は「教える」から、質問に変えて

考えさせます。

 

 

自主的に動くとは

相手が考えて

自ら答えを出して

自ら行動するということです。

 

でも「すぐ教える」と

考えないし

自分で決断できないし

そして

やらされ社員が育つわけです。

 

つまり

指示する、命令する

がないと動けない人が育つわけです。

 

 

相手にやる気があれば

自分で考えたり

わからない答えを聞こうとするわけですが

なかなかそこまでする人はいないんです。

 

なぜなら、やる気がないから。

 

独立し社長を本気で目指している社員であれば

自分で考えようとしますが

「本気」で独立しようとしている人は

少ないのではないでしょうか?

 

だから

「教える」ことより大事なのが

相手のやる気を引き出すこと

これがとても大事。

 

やる気を引き出すとは

相手に楽しさを感じてもらうことです。

 

そのために

 

社員のやる気を引き出す

→質問する

→相手に答えを選ばせる

→相手の意思で決断

→自ら行動

→賞賛し感謝する

→またやる気が出る

 

の好循環を作れるかどうかです。

 

 

ほとんどの場合

 

教える、指示する、命令する→行動する

教えない、指示しない、命令しない→行動しない

 

の悪循環にはまってます。

 

 

人は常に認められたいから

まず相手の良いところを伝え

いつもありがとうと感謝を伝え

やる気を引き出します。

 

やる気のある社員は、勝手に動いてくれます。

会社のために色々と提案してくれます。

 

自主性を育てるなら

教えることより

楽しませ、やる気にさせることです。

 

その環境を作れるかが最大のポイントです。

 

 

人の成長無くして、会社の成長なし

「あなたの会社で働きたい!!」と言われる
1年間で5人の求人問合せが来て
2人の新メンバーが加わる
魅力的な職場環境造りをサポートしています

Efyees株式会社
人・財・チーム コンサルタント
小宮 勇人