勝率は9勝1敗で成功しつづける秘訣

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

中華食堂の日高屋はご存知ですか?

 

勝率は9勝1敗で成功という記事がありました。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20150123/276609/?P=1

 

一勝九敗という柳井さんの本もありましたが、その逆ですね。

 

 

この記事を読んで思ったのは、日高会長は世間とは違うやり方、つまり逆張りで成功されてますが、世間とは逆のやり方をすれば成功するのではなく、ビジネスの本質をわかっている、肌感覚で現場を感じることができるから成功されたんだなぁと思いました。

成功されている人は、現場を大切にしてます。

現場から次の一手を考えます。

 

また、自制心が強いですね。

世の中の流れに流されるのではなく、本質を見極め、焦らずコツコツとやり続ける。

 

=================

「スピード」が求められる時代に「焦らないこと」はとても難しいことかもしれません。

神田:だけどね、急成長した会社を見てください。その先には必ず大きな減益が待っていますよ。

うちはいいかげんな出店はしたくない。今の勝率をキープしようと思ったら、年間30店舗がいいところじゃないですか。30店舗までだったら減益になんかなるわけがないんです。それをマスコミに持ち上げられて、わーっと勢いよく行くから後に落とし穴が待っている。

うちも年間100店舗出そうと思えば出せる時期はありました。でも、それだけ店舗を出したところで、人材の育成が追い付きません。それだけの数の店長を揃えられないですよ。立地の選定だっていいかげんになる。事業欲がないと言われればそれまでですが……。

ここも逆張りですね。みんなが派手に行きたがるときに自分は抑える。私はなかなか成功できなくて、ようやく日高屋で軌道に乗れた時にはバブル経済は破綻していました。だから、ちょうど良かったんです。もしも、もっと若くして成功していたら、バブルの時期に本業以外のところでメチャクチャな投資をしておかしなことにもなっていたでしょう。だからここまで来られたという運もありますね。

 

勝率は9勝1敗。日高屋はいつも逆張りで成功してきた

http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20150123/276609/?P=4

 

=================

 

なぜ、世間に流されずコツコツとできるのか?

 

ここが凄い大事なのですが、私はある経営者の方に素敵な言葉を教えてもらいました。

 

それが、

「信じるな・疑うな・確かめろ!!」

 

できる経営者は、現場で確かめているから本質を見抜く力が磨かれ、ブレずに成功し続けられるんだなと改めて思いました。

 

ちなみに日高屋さんのこだわりは、

 

リッチへのこだわり:誰もが気軽に立ち寄れるお店を目指して

味へのこだわり:よりおいしく、あきのこない味を追求

価格へのこだわり:多彩なメニューを安心の低価格で提供

 

http://hidakaya.hiday.co.jp/entry/ftr.html

 

 

今回は、飲食の話ですが、建設業でも経営者であれば、誰もがこだわりを持っています。

持っていないと思ったは、今は気づいていない、または、言葉になっていないだけです。

 

そのこだわりが、あなたの会社のこだわりになり、それに皆さんがついてきます。

そうなると、楽しいですよ。

 

 

あなたが経営で大切にしていることは何ですか?

 

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

紫紅会を見に歌舞伎座に行ってきます

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

今日は紫紅会を見に歌舞伎座に行ってきます。

正直言いますと、よくわかってません。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

知合いからのお誘いではありますが、

何故参加するのかというと

勉強です。

 

今回のイベントの1階桟敷席のチケット代は15,000円です。

 

興味がない人からすると、

「買わないよ」または「高いなぁ」と思うでしょう。

 

では、もしあなたがこのイベントを主催する場合、

1階桟敷席のチケット代はいくらにしますか?

 

 

今回は一つの答えが出てますが、

恐らく、知らない、興味がないものは値段付けられないですよね。

 

ただ、1階桟敷席のチケット代を15,000円で買う人がいて

参加後大満足で帰る人がいますよね。

 

だって、第七十回記念だから、七十回続けてやっているわけですからね。

 

 

何が言いたいかというと、世間の価格の相場観を知ることって

経営をする上でとても大事ではないでしょうか?

 

 

建設業界で、あなたの会社が新商品、新サービスを作った。

その場合、「価格なんて知らないよ」ではなくなんとか価格を決めますよね。

 

値決めは経営です。

 

売り手側は、高く売りたい。

お客様側は、安く買いたい。

 

常にこれはあるわけですが、その中で価格を決めていく。

その場合、世間の相場観を知らなければ、

新商品、新サービスに対して「ここだ」という絶妙な価格を設定できないわけです。

「人材」から「人財」になっていくためには、これは非常に大事。

 

自社の商品に対して「これ値段高いよな」と思っている従業員では、売れないし、すぐ値段を下げるだろうし、売れたとしても罪悪感が積もり、いつしかダメになる。

値段は、頭だけでは理解できることではなく、感性を磨くことが非常に大事です。

 

ということで、あなたが普段使わないサービス、または高級なサービスは是非体験して、相場観や価格観を磨いてくださいね。

 

 

「何故この値段で買うんだろう?」

 

これがあなたの経営者としての幅を広げます。

 

 

どんなサービス、商品買ってみますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

5人に対する使命と責任

あなたはこの本を読んだことありますか?

 

「日本でいちばん大切にしたい会社」

 

シリーズ累計65万部(2015年10月現在)の本で、現在シリーズ4まで出ていますね。

この著者 坂本光司さんは、法政大学の教授で専門は中小企業経営論・地域経済論・産業論を担当をされています。

そして坂本先生のモットーが「現場で中小企業研究やがんばる中小企業の支援をする」といことで、北海道から沖縄まで6000社を超える様々な企業を訪問し、その中でこの会社は!!、ということをまとめられたのがこの本です。

 

この本の中でこんなことが書いてありましたが、あなたの会社はどうですか?

 

被害者意識に凝り固まった他力本願タイプの中小企業の”5つの言い訳”

 

●景気や政策が悪い

●業種・業態が悪い

●規模が小さい

●ロケーションが悪い

●大企業・大店舗が悪い

 

そしてこれらの会社のもう一つの特徴は、社員やその家族、下請け企業や顧客等の幸福に対する思いが総じて弱い・低いということです。

非常に残念ですが、そのような会社が多いのも現実的にあります。

 

そんな中、坂本先生は会社経営とは「5人に対する使命と責任」を果たすための活動だと言ってます。

 

それは、

一、社員とその家族を幸せにする

二、外注先・下請け企業の社員を幸せにする

三、顧客を幸せにする

四、地域社会を幸せにし、活性化させる

五、自然に生まれる株主の幸せ

 

また、この順番が重要で多くの会社はそれを勘違いしているから失敗していると言っています。

 

まずは従業員満足から。

 

これはまさにEfyeesの名前の由来と一緒です。

 

是非この順番を意識して、社員と共に素敵な会社を作っていきましょう。

 

★★★ 今日の言葉 ★★★

近くを見る者は船酔いし、遠くを見つめる者は船酔いしない

著者:西田文郎 No.1リーダーを支える『 英断の言葉 』より

 

————————————–

◆◆◆ 編集後記 ◆◆◆

昨日は久々に異業種の勉強会に参加してきました。

そこでそこのメンバーのプレゼンがあったんですが、味について数値化しているお話でした。

こんなのがビジネスになるのか?と思ったんですが、大手小売店には需要があるようです。

ただ「おいしい」だけでは、商品を決めきれないので、そこに対しての客観的な数値がわかる、ということでビジネスになっているようです。

ある大手コンビにもこの数値をもとに地域ごとでおでんの味付けを変えているようです。

そろそろおでんの季節でしょうかね?

あ~、おでんの卵が食べたくなってきた。

今日も素敵な一日を。

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?