社員のやりがいを引き出すために、どんなことをしていますか?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

「日本でいちばん大切にした会社」の「審査委員会特別賞」を受賞した株式会社 王宮さんです。

株式会社 王宮 (道頓堀ホテル)

http://dotonbori-h.co.jp/

「日本でいちばん大切にした会社」大賞は、

①従業員とその家族、②外注先・仕入先、③顧客、④地域社会、⑤株主

上記、すべての人を幸せにするために「正しいことを、正しく行っている企業」へ贈られます。

(株)王宮さんの主な受賞理由

(1)経営ビジョンは「共に幸せと誇りを感じる会社」であり、理念に基づいた経営が貫かれている

(2)社員の誕生日プレゼントや、社員への年末年始の贈り物、新入社員の自宅への挨拶など実施し、社員満足度は極めて高い

(3)離職者は、過去3年間でわずか1人と離職率は極めて低い

(4)定年は65歳であるが再雇用にも熱心で、現在70歳以上社員が5名。最高年齢社員は77歳

(株)王宮では、働く人のやりがいを高めることを非常に大切にしているようです。

そして、やりがいを高めるために4つのことを常に深めていくことを意識して経営をしているようです。

やりがいを高めるその4つとは?

やりがいの1つ目は、社内に「自分の意見を聞いてくれる土壌があるかどうか」です。

自分が思ったことや考えたことを聞いてもらえず、上司から指示命令をされたことを、ミスがないようにこなすことが仕事になってしまうと、人はやりがいをなくしてしまいます。やはり、自分の提案を聞いてもらえ、そしてそれが実行できる仕組みが大切です。

2つ目は、「成長を実感できるかどうか」です。昨年の自分と、今の自分を
比べた時に、自分自身の成長を実感できると、それがやりがいにつながります。

3つ目は、「会社から大切にされている実感」です。スタッフは会社や経営者から大切にされていると実感すると安心して働くことが出来ます。

4つ目は、「自分の仕事が社会の役に立っているという実感」です。

と、以上4つが上がりました。

私が大切にしている言葉で、「ES(従業員満足)なくして、CS(顧客満足)なし」という言葉があります。

これって本当にそう思います。

従業員が満足していない状況で、お客様の満足を追求しようと思いませんよね。

会社で満足していない人は、その部分、つまり会社に対しての不満を解消しようと考えますし、無意識で考えてます。

ですか、顧客満足を追求しろと言っても、心からは考え、行動しないでしょう。

今回は、(株)王宮さんの事例をあげましたが、ここでのポイントは、従業員のやりがいを高める方法を、従業員と共に作り上げるということ。

(株)王宮さんは、こうだからそのまま採用しようではなく、従業員と時間をかけて、共に気持ちの込めたモノを作り上げる、これが本当に大切です。

なぜなら、その行為こそが、従業員満足につながる行為だからです。

あなたは、従業員のやりがいを高めるために、どんなことをしていきますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

真面目で我慢して仕事をすることから卒業しません?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

ある人から面白い話を聞きました。

哲学者ニーチェは、人間には3つのタイプがあると言っていたようです。

そのタイプとは、

・超人

・末人(まつじん)

・奴隷

超人とは、全てを遊びに変えられる人

末人とは、ルールを無視して、自分の利益のためにしか動かない人

奴隷とは、真面目な人(ルールに支配されている人)

また、目的意識もなく、

ルールだから

常識だから

決まりだから

ノルマだから

だから、動こうとする人

そこには自分の意思がないですね。

そして、奴隷の人は、何か困ることが起きると我慢してそれを行う。

では、超人は?

超人は、何か困ることが起きると、解釈を変えて遊びに変える人です。

例えば、

ドラゴンボールの超人といえば、

そう、孫悟空です。

彼が強敵に出会った時のセリフがとても参考になります。

奴隷は、今の自分では解決できないことや強敵に出会ったら、

「困ったなぁ〜、でも仕事だから(我慢して)するしかないかぁ〜」

となるわけです。

でも、超人 孫悟空は、

「オラ、ワクワクすっぞ〜」

さすがですね。

これだと、我慢して行うわけではないので、あなたの持っているパワーが普段以上に出ますね。

仕事で何か困った時の合言葉は?

「オラ、ワクワクすっぞ〜」

ですね。(^^)

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

金メダリストからの学び

人を大切にする経営で前年対比売上150%
社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

先日、講演会でアトランタオリンピック金メダリストの岩崎恭子さんのお話を聞く機会がありました。

そこでの気付きをシェアしますね。

 

岩崎恭子さんは、14歳と6日で世界No.1の金メダリストになった人です。

凄いですよね。

 

岩崎さんのお話で印象的だったのが、金メダルを取った後のお話でした。

 

金メダルを獲ると外から注目され、いい事だけならいいのですが、嫌なことも多ったとお話されてました。

 

例えば、

金メダルを獲った1年後、実家の家を建て替えたようなんですが、「あのうちは恭子ちゃんが建てたんだよ」と私に気付いていないタクシーの運転手に言われたり、(金メダルを獲るとJOC(日本オリンピック委員会)から300万円を頂けるようなのですが、その金額では家は建てられない。実際はお父さんが一生懸命働いて建て替えたのに・・・と言っていました。)

 

恭子ちゃんのお母さんは講演会で稼いでいるとか

 

外で歩いていると「あっ、岩崎恭子だ。私、好きじゃないだよね~」と知らない同世代の人から、聞こえるように言われる

 

と、火のないところに煙が立ちまくっていたようで、かなり嫌な思いをされていたようです。

 

 

まだ中学生ですし、「なんで私だけこんな目に合わないといけないのか」と、かなりストレスを抱えていたようです。

 

そうなると

 

人に顔を見られたくないし、常に前かがみになり、気分は下向きだったようです。

 

金メダルを獲った2年後、引き続き強化選手として選ばれ

中学一年の時に初めていった場所(アメリカ)で練習をすることになり、

その時に昔のことを思い出したようです。

 

当時の私は今のような気持で練習をやっていなかった。

泳ぐのが楽しかったし、いつもお姉ちゃんの記録を抜きたかったし、常に一番になりたかった気持ちがあった。

 

また、有名なハリウッド女優がパパラッチにあっていた場面にも出くわします。

撮られていることを気にしないで、優雅に歩いている姿に

外の目を気にしていてもしょうがないと思ったようです。

 

さらに、同級生のライバルが日本記録を出した姿に影響を受け

「自分ばっかと何やっているんだろう?」と思ったそうです。

 

そして、気持ちが吹っ切れ「アトランタオリンピックに出る」と心から決めたようです。

 

その時に

人からどう思われてもいいと思えるようになり、
自分や近くの人から認めてもらえればいいと思えるようになった

と話していました。

 

 

金メダル後の2年間は、ただ練習に行くだけで
今考えると、ただ泳がされていただけだったなと思ったようです。

自分の気持ちも何も入っていない

一番上の代表になれないのは当然だと、今ならわかります。

当時は練習しているのに何で記録がどんどん落ちていくんだろうと思っていました。

考えてみれば、自分から進んでやることと、人から言われて行う事の違いっていうのをその約2年間感じたのがアトランタまでの2年でした、とお話されていました。

 

 

意思があるのか、ないのかによって同じ行動をしていても結果が変わる。

今回のお話から改めて自分が〇〇したいという意思の大切さに気付きました。

 

今の仕事の金メダルを目指す意志ある行動していますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮 勇人

社員が会社に誇りを持てるようになる「笑みーティング」

人を大切にする経営で前年対比売上150%

社員の自主性と責任感を育て

単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

今日はある工事会社様で「笑みーティング」をさせて頂きます。

「笑みーティング」

いいネーミングとよく言われます。(笑)

ネーミングは、大事です。

例えば、

「会議」「ミーティング」「笑みーティング」

やることは同じです。

どれか選ばないといけない場合、どれがいいですか?

当然「笑みーティング」を選ぶ割合が多くなります。

理由は、自分達の「笑み」のためのミーティングというのが、明確に分かるからです。

では、「笑み」のためのミーティングってどうするのか?

それは、1人1人本音の意見が言えるかどうかです。

これが、仕事のやりがい、達成感、充実感、につながります。

例えば、独立して今の会社を築き上げた社長は、勤めていた時より仕事が楽しいはずです。

そして、会社に誇りを持っている方も多いでしょう。

それはなぜか?

それは自分で考え、行動し、結果を作ってきたからです。

これが、例えば、ある社長が突然倒れて、急に社長になってしまった方がいるとします。

そして社長就任後すぐお客様から食事に誘われて

「本当にありがとうございます。あの工事によって大きく変化しました。御社のおかげです。」

と言われて、どれだけ嬉しさを感じられるのか?ということです。

いや〜別に俺あんまり関わっていないけど、、、。

と思うのか、

先代と共に一生懸命させて頂きました。お客様のお役に立て本当に嬉しいです。

と思うのか、です。

笑みや本当の喜びというのは、得たい結果に対して、あなたの意見、想いが入っているのかが、とても重要だということです。

一人一人の本音トークミーティング、いつしますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる

魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社

小宮 勇人

チョコを使って愛ある人材育成をする方法

人を大切にする経営で前年対比売上150%

社員の自主性と責任感を育て

単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

チョコっと感動した話です。

チョコレートを買いました。

いつも通りのパッケージなのかなと思ったのですが、違ったんです。

中に入っている引き出しの手前の部分が、変形するんです。

これによってその引き出しが引き出しやすく、中に入っているチョコレートも取り出しやすい。

折れた紙を引っ張るだけで、引き出しが動く。

また、折りたたんでいるだけなので、しまう時はまた元に戻して、しっかりしまえる。

これって凄くないです?

私は感動しました。

普通なら変化なく、箱型の引き出しのままだと思ったんです。

それが、こんなシンプルな工夫があったのかぁと、感動しました。

あなたならこういうアイデア、思いつきましたか?

私がここで最も言いたいのは、この工夫が凄いなぁ〜以上に、お客様に更にチョコを取り出しやすくしたいという気持ちがこの様な形になったということ。

これってお客様により良いサービスを提供したいという愛ですよね。

この愛があれば、どんな仕事でも通用します。

建設業であれば、例えば材料を運ぶ時の積み方。

ただ積めばいいのではなく、下ろす順番も考えて積んだり、敷地内に材料を並べる時も、使う順番や使う方のことを考えて並べることは、相手に対しての思いやりや愛があるからですよね。

休憩中の雑談で、ちょっとした教育ができそうですね。

建設業ではまだまだ工夫するところは沢山あります。

工夫によって、是非相手を喜ばしていきましょう。

あなたは明日から、何に対して、どんな工夫ができそうですか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる魅力的な会社のサポート Efyees株式会社小宮 勇人

人は何に集まるのでしょうか?

人の成長無くして、会社の成長なし

「あなたの会社で働きたい!!」と言われる1年間で5人の求人問合せが来て、2人の新メンバーが加わる魅力的な職場環境造りをサポートしていますEfyeesの小宮です。

 

人は何に集まりますか?

そして、

あなたは何に集まっていますか?

 

人材不足という状況の中、本当に人はいないのか?

いや、集まるところには集まってます。

 

例えば、最近だとこういうニュースがありました。

安室奈美恵、引退発表後初の生出演 公開ラジオにファン殺到で入場制限

 

 

人材不足とは関係ないじゃんと思うかもしれませんが、

実は人を集めたいなら、集まっているところにヒントがあります。

 

芸能人だから、今話題だから

というのもありますが、人が集まる根本的な理由があります。

 

それが「楽しさ」です。

 

私がサラリーマンだった時、

多くの方が「仕事を楽しくしたい」という事を

周りの方は言っていました。

 

ただ、実際は口だけで愚痴・不平・不満が多く

楽しく仕事をしている感じがしませんでした。

 

ではどうしたら「楽しく」仕事ができるのか?

ここが人を集める本当に大切なポイントです。

 

どんなにいい条件であっても

そこに「楽しさ」がなければ

いずれその人はいなくなります。

 

 

ではどうしたら「楽しさ」を作っていけるかというと

あなたの楽しさに焦点を当ててください。

 

例えば、

車をいじる

ゲームをする

友人との飲み会

 

 

などあるかもしれませんが、ここでのポイントは

あなた自身で考え、行動しているというところが

楽しさにつながっていませんか?

 

仕事も実は同じです。

 

自分自身で「考え」→「決断」→「行動」→「結果」

 

これが楽しさの源です。

 

そしてそれを会社で作り上げるのに

皆で話し合っていくことをするわけです。

 

いわゆる「会議」ですが、

名前自体面白さを全く感じないので

Efyeesでは、それを「笑みーティング」と言っています。

 

社長だけの意見ではなく、皆に発言させ

仕事で「笑み」を作っていくためには

どうしたらいいかを話し合う、

これが「楽しさ」につながります。

 

是非あなたの会社でも

笑みのためのミーティング

「笑みーティング」

やってみてくださいね。

 

 

今日もご安全に!!

「あなたの会社で働きたい」と言われる魅力的な職場環境を手に入れろ!!

Efyees株式会社
人・財・チーム コンサルタント
小宮 勇人

自主性を育てるパワーワード1

人の成長無くして、会社の成長なし

「あなたの会社で働きたい!!」と言われる1年間で5人の求人問合せが来て、2人の新メンバーが加わる魅力的な職場環境造りをサポートしていますEfyeesの小宮です。

 

昨日は「自分を支える言葉を持つ」というお話をしました。

そこで高校生が活用している言葉をお伝えします。

高校生かぁ~、なんて思わず、まずは読んでくださいね。

 

66個あるのですが、今日はその1/3の22個お伝えします。

 

おかやま山陽高校硬式野球部 部訓66ヶ条

本野球部の指導方針は、この66条の部訓に凝縮しています。野球で人間形成などという大きなことは言 えませんが、人間がその短い人生の中で腹の底から大好きなことが見つかったならば、人間はその大好きなこととそれに関係する生活の全てにおいて、無理する ことなく謙虚に素直に向き合えると信じています。こういうことが理解できる仲間と もがき苦しむ3年間であって欲しいと思います。

 

1. 日本一になろう! と本気で考えている。

2. 闘志なき者は去れ!

3. このチームを他人に自慢できる。

4. 人間が唯一平等なものは一日が24時間であることを知っている。あとは、自分自身がその時間をどう分配するかだ。

5. 野球を楽しくできないものは、やらなければよい。楽しくとは、我を忘れるぐらい夢中になり悪戦苦闘することで、決して楽でも苦労でもない。

6. やらされているか、やっているのかの違いは 自分の意志があるかないかだけであることを知っている。

7. 全員がキャプテンのつもりで行動している。常に全体と自分のことの両方を考えている。

8. 2アウトから3連打で2点取ることに必死になれる。3人で終わることを、真剣に嫌がる。またゲームの点差に関わらず、7回からの3イニングでは、異常に盛り上がり点を取ることに執着する。

9. 自由と勝手の違いを知っている。

10. マイナスをプラスに変換する知恵と力を持っている。

11. 楽して勝てず、楽しまずして勝てず。

12. 良い雰囲気⇒良いリズム⇒良いプレー⇒ファインプレーや得点⇒勝利という公式を知っている。また、その逆も知っている。

13. チームの雰囲気を変える前に、自分の雰囲気を変えることが優先であることを知っている。

14. 甲子園を愛しているのではなく、野球を愛している。

15. 24時間以内に起こった小さな幸せを、いつでも言える。

16. 野球バカにはならない。野球オタクにはなりたい。

17. 基本という英単語は、Fundamentalであることを知っている。そして、Fun(楽しい)、Mental(心)という二つの単語からできていて=『楽しむ心』が全ての基本であるという意味を熟知している。

18. 心のこもった挨拶、握手の仕方を知っている。

19. 常に凛としている。立振舞い・言動・行動を近くで見ている、もう一人の自分がいると信じ込める。

20. 『姿即心』 の意味を知っている。(その人の姿はその人の心の中を現しており、心の状態と目に見える姿には関係があり、自分の心の状態は全て自分の姿となって現れるというコト。)

21. 挑戦しない、考えない、手を抜く、言い訳、屁理屈、嘘、暗い、愚痴、噂話、不平不満、妬み、しか口から出ない人、態度に出る人を見ると、とてつもなく哀れに感じる。自分がそうなってしまったときは大いに悔やむ。

22. 与えられた環境・条件が如何に厳しくとも最大限の知恵と行動で乗り切る。また条件の厳しさが増すほど、その状況を自分の能力と運命への挑戦と受け取り、思いっきり楽しもうとする。

おかやま山陽高校硬式野球部 部訓66ヶ条より

 

 

あなたはどの言葉が好きですか?

 

私が好きなのは、以下の3つ。

13. チームの雰囲気を変える前に、自分の雰囲気を変えることが優先であることを知っている。

17. 基本という英単語は、Fundamentalであることを知っている。そして、Fun(楽しい)、Mental(心)という二つの単語からできていて=『楽しむ心』が全ての基本であるという意味を熟知している。

22. 与えられた環境・条件が如何に厳しくとも最大限の知恵と行動で乗り切る。また条件の厳しさが増すほど、その状況を自分の能力と運命への挑戦と受け取り、思いっきり楽しもうとする

 

今日も楽しんで仕事をしていきましょう。

 

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる魅力的な職場環境を手に入れろ!!

Efyees株式会社
人・財・チーム コンサルタント
小宮 勇人

お互いで褒め合い、プラスの循環を作り出す

屋根・外壁工事をされている会社さんでの「のみーティング」

その中で、「リーダーシップシート」を使ってお互いを褒めあったりしてます。

相手のいいところ、尊敬できるところ、感謝できるところを記入し、言葉

で発して、その紙を手渡す。

また、それぞれが言葉で発しているのを動画撮影して、後ほどYouTubeにアップ。

照れもありながらも、頑張っている姿にとてもエネルギーをもらいました。(^^)

マイナスのところに焦点をあてて仕事をするのではなく、是非プラスに焦点を当てた職場環境を作っていきましょう。

 

のみーティング

 

動画撮影

 

リーダーシップシート

「ゴミ拾い」が「夢のかけら拾い」?つまらなそうな仕事も工夫で楽しめ!!

「楽しく仕事がしたい!!」

 

私がサラリーマンだったとき、強く思っていたこと。

そして、それは仲間や上司に話を聞いても、全員同じ答えだった。

 

「楽しく仕事をしたい!!」

 

ただ誰もが思っているんだけど、誰もそれに対して取組んでいなかった。

いや自分がそう感じなかっただけかもしれないけど、私には周りは諦めて仕事をしているように感じた。

 

私はそれが嫌だった。

そして会社や上司や仕事のせいにするのも嫌だった。

 

だから会社を辞めた。

 

楽しく仕事をするために。

楽しく仕事をできる環境を多くの方と共有するために。

 

 

とは言ったもののまず思ったことが「仕事の楽しさ」って何だろう?ってこと。

 

「仕事の楽しさ」というのが定義されなければ、

残念ながら「楽しく仕事をする」ということが

できているのか?

できていないのか?

よくわからないですよね。

 

あなたにとって「仕事の楽しさ」って何ですか?

社員にとって「仕事の楽しさ」って何でしょうか?

 

ある人が言ってました。

 

人はいいことだろうと悪いことだろうと、「楽しさ」に集まると。

 

 

仕事上、楽しくない仕事もあるでしょう。

 

特に現場の仕事なんていうのは、

3K(「きつい」「汚い」「危険」)と言われ人気がありません。

 

 

ただ振り返ってください。

 

今まで仕事に楽しさを感じたことありませんか?

 

 

ディズニーランドにゴミ拾いをする仕事があります。

 

そこではお掃除をしている方をカストーディアルと呼んでいるようですが、

彼らに「何を拾っているんですか?」と質問をすると

 

「夢のかけらを拾ってます」

 

と答える方が多いようです。

 

ゴミを拾っているのにですよ。

そしてそんなマニュアルはないのに。

 

 

まさに工夫ですよね。

 

「ゴミ拾い」と「夢のカケラ拾い」

どっちが楽しそうですか?

 

 

現場って必ずゴミが出ますし、掃除は必須の仕事ですよね。

是非単にゴミ拾い出なく、仕事を楽しくする工夫を皆さんで考えていって下さいね。

 

そしてそのアイデアだしも是非楽しんでくださいね。

 

★★★ 今日の言葉 ★★★

大切なのは、「どう思われるか」でなく、「どう思わせるか」である。

著者:西田文郎 No.1リーダーを支える『 英断の言葉 』より

 

◆◆◆ 編集後記 ◆◆◆

きのうは五反田でイタリアンレストランを経営されている山内オーナーと打合せをしてきました。

その店はメニューがなく、その日にオーナーの判断で最高の料理を提供するというちょっと変わったお店。

ですが、味は絶品で、お客様は医者や弁護士や経営陣の方々のようです。

お客様が1次会でその店を利用し、2次会は別の店ということでお店を出てていくんですが、

「近くにいい店がないなぁ~」ということでまた戻ってきて2次会も利用されるという素晴らしいお店です。

近くいい店がないって、田舎の駅ではなくいちよう五反田駅ですからね。

接待をしたい場合は記念日などは是非こちらのお店を利用するといいと思います。

今日も素敵な一日を。

ニャんと?!従業員を辞めさせたくなければ、「独立したい」を引出せ!!

今回のテーマは

「本当は独立したい従業員」 VS「 ずっといたくなる職場環境」

 

私がその会社の従業員の方へ研修を行うとき、

一つ心がけていることがあります。

 

それは従業員から「独立したい」

という言葉を引出すこと。

 

 

えっ???

 

 

と思う方もいるかもしれません。

 

そりゃそうです。

 

従業員が辞めていかないように

研修をお願いしているのに、

何故独立させようとするのか?って。

 

 

ただこれが大事なんです。

 

 

なぜなら、

建設業界で働く個性的な人なら

 

誰もが「独立したい」

という気持ちがあって当然だからです。

 

 

もちろん本音を引出し「独立したくない」

というのであれば、それはそれでいいですよね。

 

 

ただ本音を引出し、

「独立したい」という気持ちがある方とそうでない方、

どっちがエネルギーがあり、

積極的に働くと思いますか?

 

本音を言わず、

むしろ隠して我慢しながら仕事をしていても、

まったく面白くないし、

いいパフォーマンスをその人は発揮しないでしょう。

 

 

だから私は従業員から

「力をつけたら独立したいです」っていう言葉を

引出すことを心がけています。

 

 

もちろん社長にも

「彼らの独立したい気持ちを引出しますね」って伝えます。

 

 

社長にとって、従業員に辞められることはとても辛いことです。

特に優秀な社員に辞めてもらうのは非常に困ります。

 

 

ただ辞める人は、

残念ながらどんなに引き止めても

辞めていきます。

 

 

だったら、

うそ付かれて、または急に「独立します」って言われて辞めていくのと、

 

「社長のお陰でいよいよ独立です。この会社を卒業できるのも本当に社長のお陰です。

ライバル会社という面もありますが、引続き宜しくお願いします。」

 

って言われて辞められるのってどっちがいいでしょうか?

 

 

社長の仕事は従業員を辞めさせないことではありません。

 

 

ここでの仕事、楽しい!!

仕事が充実してます!!

この会社が好きです!!

 

という、彼らのプラスの気持ちを引出す

「環境創り」が社長の仕事なんです。

 

 

だから、

 

「本当は独立したい従業員」 VS「 ずっといたくなる職場環境」

 

なんです。

 

 

じゃぁ、どうしたら「 ずっといたくなる職場環境」を創り上げることができるのか?

 

 

それを社員から聞くんです。

 

 

「楽しく仕事をするにはどうしたらいい?」

「今、職場環境で改善したいことは?」

「もし独立したらどんな会社を作っていきたい?」

 

そして聞いたことを社員と一緒に創っていけばいいんです。

 

 

そしたら、

社員が働きやすい、

働きたい職場環境ができるし、

 

そうなったら、

「何故独立したいのか?」というのがわからなくなってきます。

 

 

そして

「仕事、お金、会社、独立、人生」について

その社員と真剣に向き合って話し合ってください。

 

 

必ずお互いが納得いく結果が出てくるはずです。

 

 

法律、規則、まはた人としての圧力では人は絶対にしばれません。

 

 

是非お互いの成功のために素敵な職場環境を作っていきましょう。

 

★★★ 今日の言葉 ★★★

仲間のために頑張るリーダーが仲間に支えられる

著者:西田文郎 No.1リーダーを支える『 英断の言葉 』より

————————————–

◆◆◆ 編集後記 ◆◆◆

最近は、こんまりの「人生がときめく片づけの魔法」にはまっています。

彼女は「ときめき」という言葉を大切にされてますが、

男が「ときめき」だとちょっと変なので、

男だとどんな言葉が当てはまるりますかね?

 

「ウキウキ」

 

う~ん、なんかちょっと違うかなぁ~。(ーー;)

季節の変わり目で体調を崩されている方もいるようなので、手洗い、うがいは忘れずに。