打倒機械化!!

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

現場作業の機械化が、徐々に進んでますね。

・鉄筋結束ロボット

・現場の清掃を自動化する「T-iROBO Cleaner」

・建物のコンクリート床を仕上げる「T-iROBO Slab Finisher」。レーザーセンサーを搭載したロボットに空間を把握させ、範囲内を自動で仕上げる

・建物の鉄骨柱の現場溶接を自動化する「T-iROBO Welding」

・重量鉄筋の配筋に使えるロボット「ATOUN」

苦痛な建設現場の作業はロボットにお任せ (トレンド・ボックス)

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120118/226265/042700003/

人手不足の状況がますます深刻になる中、機械化はとてもありがたいですよね。

ただ考えて欲しいのが、現場作業においてまず機械化される部分というのは、単純作業のところ。

ここって、大きい現場だと利益に繋がるところなんですよね。

よく「この大きさなら作業が伸びるからその単価でいいよ」って聞きません?

大きい現場で、単純作業のやりやすい部分が多くあると、当然工事がはかどり、それが利益につながるわけなんですよね。

それが、機械化によってどんどん奪われていくということ。

ゆでガエルの話は、ご存知ですか?

熱湯にカエルを入れると、当然慌てて逃げ出します。

それが、水の状態からカエルを入れておき、徐々に温めていく。

そしたら、いつのまにか茹で上がってしまうという話。

人間も同じです。

強い痛みがあるものに対しては、すぐ反応します。

例えば、新人に極端なハードな仕事はさせないですよね。

逃げてしまいすからね。

ただ、大変なことも徐々に慣らしていくとそれが習慣化され、やり続けることができます。

ただ同時に動けなくもなります。

そうするといつのまにか、機械に仕事を奪われていきます。

利益を奪われていきます。

そうならないためにも、チャレンジしていきましょう。

機械化の時代に結果を出すためのキーワードは、これ。

「チャレンジ」「カイゼン」「遊び心」

効率を考えた電話。

面白い!!

おばぁちゃんになっても遊び心満載で稼いでます。笑

最初の一歩、どんなチャレンジをしますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

「結果を出す人」と「そうでない人」の違いはずばり

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

結果を出す人とそうでない人の違いは、ずばり「エネルギー」の使い方です。

 

先日、コーチングをさせて頂いた際、そのお話をさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずそもそもビジネスとは、何なのか?

 

ビジネス = 問題解決

 

だということ。

具体的には、「不安」「不満」「悩み」「痛み」「解決したい問題」「満たしたい欲求」など、これらを解決すること、これがビジネスだということ。

 

ビジネス

問題解決

「不安」「不満」「悩み」「痛み」「解決したい問題」「満たしたい欲求」

 

つまり、ビジネスをすることは、世の中の「むずかしい」「めんどくさい」「それはやりたくない」などの愚痴・不平・不満を解決すること。

 

だから、ビジネスという仕事をしている社員が、愚痴・不平・不満を言うのって、当たり前なことなんです。

 

これを皆わかっていない!!

 

仕事に対して、愚痴・不平・不満を思ったり、言うは、当たり前です。

 

ただ、結果を出す人とそうでない人の違いは、世の中の「不安」「不満」「悩み」「痛み」「解決したい問題」「満たしたい欲求」が出てきたときの「負のエネルギー」の使い方が下手なんです。

 

 

●結果が出ない負のエネルギーの使い方1

まず結果が出ない人は、自分は悪くないと思い、他人の責任にします。

いわゆる「他責」ですね。

そして、負のエネルギーを相手にぶつけ、更に自分の環境を悪化させていきます。

投げたモノは投げ返ってくるので、負のエネルギーを相手にぶつければ、相手も負のエネルギーをぶつけてくるわけです。

 

●結果が出ない負のエネルギーの使い方2

「負のエネルギー」を飲み会等で発散する。

よくあるパターンですね。

「あ~、むかついた。なぁ、うさ晴らしに飲み行こうぜ!!」

ストレス発散は大事ですが、せっかくできたエネルギーをお金と共に発散するのは、非常にもったいない。

 

●結果が出ない負のエネルギーの使い方3

「相手にぶつけられない」「愚痴がかっこ悪いと思い誰にも話せない」。だから我慢する。

真面目な人のパターンですね。

一見これがよさそうに思いますが、これを繰り返すとどうなるか?

そのストレスが溜まり、内側から反応してきます。

首にきたり、肩にきたり、腰にきたり、胃にきたりと身体に痛みが出てきます。

そして、治療費代とストレス発散代にお金が消えていきます。(笑)

 

以上3つが結果が出ない人の「負のエネルギー」の使い方です。

 

 

 

では、結果が出る人の「負のエネルギー」の使い方は、

当たり前ですが、結果を変えるためにそのエネルギーを使います。

 

結果の原理原則は、

判断 → 決断 → 行動 → 結果

 

つまり、「判断」「決断」「行動」にエネルギーを使っているわけです。

 

 

 

ある人にムカついたら、

「くそっ、ぜってぇ負けね~」と思いながら、相手にぶつけるのではなく、ストレス発散でもなく、望む結果に向けて「負のエネルギー」を使います。

 

商品、サービスに対して「不満」を思い「負のエネルギー」が出てきたら、それを「もっといいモノないのか」と思い、望む結果に向けて「負のエネルギー」を使います。

 

仕事をしていても、「めんどくせぇ」と思い、「負のエネルギー」が出てきたら、それをどうしたらよくなるのかと改善にエネルギーを使います。

 

 

これを上手くやっているのがディズニー。

めんどくさい代表のお仕事「掃除」

 

それを周りを楽しませる仕事に変えている。

さすが魔法の国。

 

 

大事なポイントは、めんどくさいを遊びに変える「遊び心」です。

 

めんどくさい仕事を、どんな遊びに変えていきますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

「宇宙エレベーター」の工事、楽しそう~

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

あなたの「夢」は何ですか?

 

家が欲しい、車が欲しい、旅行がしたい、美女に囲まれたいなど色々とあるかもしれません。

 

でもそれって、本当にあなたにとって「夢」ですか?

 

そもそも「夢」ってなんでしょうか?

 

世界No.1ビジネスコーチのアンソニーロビンズは、「夢」についてこう定義してます。

夢とは、得たい感情を得るためのモノ

 

ちなみにアンソニーロビンズは、以下のような方々に影響を与えている人です。

=========

第8代南アフリカ大統領 故ネルソン・マンデラ氏
初代ソ連大統領 ミハイル・ゴルバチョフ氏
第40代アメリカ大統領 ロナルド・レーガン氏
第42代アメリカ大統領 ビル・クリントン氏
第71代英国首相 マーガレット・サッチャー氏
第21代フランス大統領 フランソワ・ミッテラン氏

初めての方へ故ダイアナ元妃
マザー・テレサ氏
テニスプレーヤー アンドレ・アガシ氏
ボクシング マイク・タイソン氏
音楽プロデューサー クインシー・ジョーンズ氏
俳優 アンソニー・ホプキンス氏

など

各界のリーダーや指導者に多大なる影響を与えている。

また、彼が主催するセミナー
Unleash the Power Withinには、
レディー・ガガ氏、オプラ・ウィンフリー氏も参加し、
アンソニーの影響力の大きさを物語っている。

出典:アンソニー・ロビンズとは?
http://www.speedcoaching.co.jp/tony.html

=========

 

私が自主性を引き出す時大切いにしているのが、相手の「夢」です。

 

相手がどんな夢を持っていて、何故それを夢にするのか?その夢を達成したら何が得られるのか?などを聞いて、本来持っているその人の欲を引き出します。

 

目的は、それが自主性につながるからです。

 

 

建設業は、他の業種と比べれば人気のない業種かもしれません。

ただ、今後就職する方には、面白い世界が広がっています。

 

え?そんなアニメの世界が現実的にやってくるの?と思うかもしれません。

 

その世界とは、それは「宇宙建築」です。

そして「宇宙エレベーター」そんな工事にかかわれるかもしれません。

=========

大林組が構想する宇宙エレベーター。2030年から施工に取り掛かれば、2050年ごろに完成する見通しだ。総工費は約10兆円と試算している。カーボンナノチューブのケーブルを「クライマー」と呼ぶ車両(図の右下)が昇降する。物資の運搬だけでなく、地球が自転する際の遠心力を生かして人工衛星を軌道上に投入する用途などでの活用が期待されている(資料:大林組)

出典:建設会社が宇宙で磨く先端技術、「素材」「無人化」の革新狙う
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00291/062500008/?P=1

=========

 

20歳の人が就職して、12年現場で技を磨いて、そして2030年をむかえて、「宇宙エレベーター」の工事が着工?

 

「地図に残る仕事」から、「宇宙に残る仕事」

 

あるいは彼女や子供に
 
「空見てごらん。あれ俺(父さん)がつくったんだよ」

 

おーーーー、なんか楽しそう。

 

もしチャンスがあれば、やってみたくないですか?

 

 

ではどうするのか?

できると信じて、アンテナを立ててください。

 

アンテナを立てるからTVやラジオから情報を得ることができます。

人も一緒。

 

欲しいモノがあるなら、まずアンテナを立てる。

そうするとその情報が集まってきます。

 

 

例えば、信号機の3色の色の順番ってわかりますか?

歩道の信号の2色の順番ってわかりますか?

 

子供のころから見ていても、わからない人が多いんです。

 

理由は、興味がないからです。

 

興味を持つから、アンテナを立てるわけです。

自分の可能性を信じて、是非「夢」を叶えてください。

 

成功するための心構え三則

・自分はできると信じること
・諦めないこと
・やり続けること

 

あなたは、どんな「夢」をもっていますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

社員のモチベーションさえ上がれば、会社は自然と大きくなる。そのために・・・

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

 

「ありえないレベルで人を大切したら23年連続黒字になった仕組み」の本からです。

 

この本にお金をかけずに、社員のモチベーションを高める「2つ」の方法が書いてありました。

 

さて、早速あなたも考えてみましょう。

 

では質問です。

社員のモチベーションって高める必要はあると思いますか?

もしあると答えたなら、それは何故必要だと思いますか?

また、社員のモチベーションを高めるために、どんな行動を取っていますか?

 

 

この本の著者、(株)日本レーザー代表取締役社長の近藤さんは、会社をよくするために最も必要なのは、社員のモチベーションが10割といっています。

 

そして、

 

「中小企業は、社長の器以上に成長しない」と言われますか、私が強調したいのは、

「社員の成長がなければ、会社は成長しない」

「社員のモチベーションさえ上がれば、会社も自然と大きくなる」

ということです。

そこで、お金も、時間もかけず、社員のモチベーションを高める方法が「2つ」あります。

 

それは、

「社長の笑顔」と「社長の声がけ」です。

 

といってます。

 

 

「社長の笑顔」と「社長の声がけ」、シンプルですね。

それなら俺もやってるよという方もいると思いますが、近藤社長はこのように言っています。

 

「よい報告は笑顔で聞く。トラブルなどの悪い報告は、もっと笑顔で聞く」

 

くぅ~、求めるシチュエーションレベルが高い。

「トラブルなどの悪い報告は、もっと笑顔で聞く」

 

これ、ホントに大事です。

 

近藤社長は、「笑顔は、社長の仕事」であり、「笑顔は、社長の能力」と捉えています。

 

社長がしかめっ面をしていたら、それを見た社員は、「話しかけてくるな」「近寄るな」という情報として受け取り、「社長にとって都合のいい事」しか報告しなくなる。

反対に、社長の笑顔は、「いつでも話かけていいよ」「怖くないよ」という情報と同じで、社内の空気を明るくする。

 

(株)日本レーザーの社員の方は、近藤社長にこんな印象を持っているようです。

「何があっても、いつも笑顔で、絶対に声を荒げない人」

 

 

あなたは社員にどんな印象を持たれていますか?

 

今日も最高の笑顔で、お仕事を楽しみましょう。

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

「まじめ・賢明・一生懸命」は二流のリーダーだね~

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

経営者は様々な困難にぶつかります。

そして、孤独ですよね。

だから持って欲しいのが、自分を支える言葉。

 

「人を動かせる人の50の小さな習慣」という本があるのですが、この本の文章が結構好きです。

 

================

 

二流のリーダーは、「まじめ・賢明・一生懸命」という3つの要素を持っています。本人は、これが優れたリーダーの条件だと思い込んでいます。二流のリーダーには「明るさ」が足りません。悲壮感が漂ってくると、リーダーにはなりえません。変化の時代に一番大事なのは明るさです。変化の時代は、失敗の起こる時代、リスクのある時代です。変化のない時代には、まじめ・賢明・一生懸命なリーダーが評価されます。リスクのある今の時代には、明るさが最も必要です。失敗しても笑っていられるリーダーに、部下はついていきます。

「まじめ・賢明・一生懸命」よりも「明るく」なろう。

 

================

 

余裕ないと、悲壮感を漂わせまくっているので、非常に心にしみる文章です。(笑)

 

真面目なリーダーって、ミスをしないようにしようと考えるから、「ああなったらどうしよう」「こうなったらどうしよう」と色々なパターンを考え、これがいっぱいいっぱいになると、顔がだんだん暗くなってきます。

そして悲壮感オーラが増してきます。

 

現場監督をしていて突貫工事の時は、まさにこんな状態でした。

 

これではいけないと思い行ったのが、頭の中の考えていることをアウトプットすること。

 

これは、今でもやっています。

 

 

とにかく、頭のなかで気になっている事、考えている事、思っていることを全部書き出します。

 

現場監督の時は、アウトプットして詳細までつめた工程表を書きました。

それができると、かなり落ち着きます。

 

まずは、全力でやれることをやり

 

そして、失敗しても笑っていられるふところ広いリーダー、

こうなると一流のリーダーに近づきますね。

 

面白いから笑うという受け身ではなく、

失敗した時こそ積極的に笑う、

いいね~。

 

今日も明るく、笑っていきましょう。

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

社員に不満を言わせよう!!

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

社員に不満を言わせる。

これを嫌う経営者の方が多いと思います。

不満を聞いていても面白くないですから、不満を言っているならさっさと仕事しろって思うのが普通だと思います。

けど、この「不満を言う」というところの見方を変えていきませんか?というのが今日のテーマです。

私は社員研修の際に、社員さんに会社の不満を言いましょう!!って促します。

ただそういってもすぐ言ってくれないので、こんな話をします。

ユニクロのエアリズムという商品をご存知でしょうか?

そしてそのベージュ色がヒットしているんです。

エアリズムのベージュ色は、ユニクロに対するクレームから商品がうまれたそうです。

1995年、ユニクロは全国紙一面に「ユニクロの悪口言って100万円」という広告を掲載しました。

そしたら約1万通の応募があったようです。

1万通のクレーム

どうですか?

最悪ですよね。笑

ただその中のクレームにこんなのがありました。

「白の肌着は首回りも腕も透けて見えるのでなんとかしてほしい」

「レジに並んで大勢待っているのに、手の空いている店員が手伝おうともしない、補整待ちが長く、しかも仕上がりが雑」

ユニクロの柳井社長はこのクレームを活かして、価値ある商品に変えたんですよね。

柳井社長はこのキャンペーンでこんなことを言っていました。

「1 万通前後の応募がありましたが、ほとんどは漠然と気づいていたことでした。しかし、実際に『ここが悪い』『こう直してほしい』といわれてみないと実感できないし、直せない。不良品と指摘された商品は、すべて返金・回収して調べてみると、確かに悪いものもあるが、そうでないものもある。

商品を改善するときの前提はどの商品の、どこが、どの程度悪いのかをつかむ必要がある。

その上でできることと、できないことをはっきりさせて、初めて具体的に改善していくことができる。商品以外の問題点も同じ」

他にも沢山あったでしょうが、それらをクレームとして捉えるのではなく、「新商品の卵」「サービス向上のヒント」「ダイヤの原石」と見れるかどうか?

社員のクレームも一緒ですね。

「誰が給料払ってるんだと思ってんだ。文句言う前にさっさとやって結果出せ。」

と思うのか

「うっひょっひょっひょっ、いいクレームだね〜。これを改善したら結構金になりそうじゃない」

と思うのか(笑)

あなたの社員はどんなステキなクレームを持っていますかね?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

「組み立てるガンプラから美少女を脱がせて作るガンプラ」ビジネスで必要なマインドがここに!!

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

ビジネスは、組合せで新しい商品が生まれます。

 

例えば、

掃除機 + 丸型 + 自動 = ルンバ

 

 

 

 

 

 

出典:アイロボットジャパン合同会社

 

 

大ヒットしましたよね。

 

では、この組み合わせはどうでしょうか?

 

黒電話 + パソコン + 無線

iPhoneを代表とするスマートフォンですね。

黒電話を使っていたころには、まぁ想像もつかなかったですね。

では、

「ガンプラ」と「美少女」

この組み合わせはどうでしょうか?

組み立てるガンプラから

美少女を脱がせて作るガンプラ

面白いコンセプトですね。

前代未聞の“脱がせる”ガンプラが誕生…!? 最終進化をとくと見よ!

 

 

 

 

 

 

出典:価格.com

 

新しいビジネスを生むこと、人材育成をするためのヒントとしていい気付きをくれます。

例えば、

あなたがバンダイに勤めていて、部下から

「組み立てるガンプラはもう飽きましたね~」

「組み立てるガンプラから美少女を脱がせて作るガンプラってどうですか?」

こんな風に言われたら、社長であるあなたはどう対応しますか?

部下は、社長と比べると経験もなく、業界の常識に縛られていない分、恐らくバカなこと、常識外れなことを言ってくることも多いでしょう。

バカなこと、常識外れなことを言ってきたとき、その時のコミュニケーションが、部下の個性を活かすか、つぶしていくかに大きな影響を与えます。

新たな商品を生み出すために大切なのは、まさに「遊び心」

20世紀型の教育で真面目に真面目に教育されてしまうと、誰もが持っていた「遊び心」を失ってしまいます。

 

言われたことは、真面目にする。

ルールだからする。

 

言われない限りしない。

ルールだから、それには対応できない。

これでは、常識を逸脱した新たなモノは生み出されないし

お客様に対しての機転の利いた対応(アドリブ)も

できません。

人材育成をする際、この「遊び心」をつぶしてしまう教育は、もったいなさ過ぎます。

 

そのためにも仕事を楽しみながら、していきましょう。

 

遊び心を育てるために、何をしていきますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

素直な心を育てる

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

人材育成をする上で、相手に求めることの一つに「素直」になって欲しい、ということがあります。

例えば、部下に対して何か注意をした時に、部下が嫌な顔をした。

その時に、「素直」に聞き入れる心を持っていたら、もっと成長が早いのに、残念だなぁ。

と、言うように、「素直」というのは、注意をして「素直」に聞き入れないない時に、多く使われますね。

そこで私は「素直」とは、言われたことをそのまま受け入れること、と解釈してます。

そして私はこれを逆手に取ってこのように使ってます。

例えば、相手を褒めた時、それを「いや〜、私なんて」と、言う人が多いですが、その時に「素直じゃないね」とお伝えしてます。

素直とは、言われたことをそのまま受け止めること。

であるならば、私が伝えたことをそのまま受け止めなさい、とお伝えしてます。

そうすると照れながらも、素直に受け止めてくれる方が多いです。

昔は、褒められた時「私なんて、・・・」と私自身も多用してましたが、今はある言葉を言って受け止めてます。

その言葉は、「ありがとうございます」

そして、もっと褒めて〜、と言ってます。(笑)

素直な心、さらに磨いていきませんか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

社員のやりがいを引き出すために、どんなことをしていますか?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

「日本でいちばん大切にした会社」の「審査委員会特別賞」を受賞した株式会社 王宮さんです。

株式会社 王宮 (道頓堀ホテル)

http://dotonbori-h.co.jp/

「日本でいちばん大切にした会社」大賞は、

①従業員とその家族、②外注先・仕入先、③顧客、④地域社会、⑤株主

上記、すべての人を幸せにするために「正しいことを、正しく行っている企業」へ贈られます。

(株)王宮さんの主な受賞理由

(1)経営ビジョンは「共に幸せと誇りを感じる会社」であり、理念に基づいた経営が貫かれている

(2)社員の誕生日プレゼントや、社員への年末年始の贈り物、新入社員の自宅への挨拶など実施し、社員満足度は極めて高い

(3)離職者は、過去3年間でわずか1人と離職率は極めて低い

(4)定年は65歳であるが再雇用にも熱心で、現在70歳以上社員が5名。最高年齢社員は77歳

(株)王宮では、働く人のやりがいを高めることを非常に大切にしているようです。

そして、やりがいを高めるために4つのことを常に深めていくことを意識して経営をしているようです。

やりがいを高めるその4つとは?

やりがいの1つ目は、社内に「自分の意見を聞いてくれる土壌があるかどうか」です。

自分が思ったことや考えたことを聞いてもらえず、上司から指示命令をされたことを、ミスがないようにこなすことが仕事になってしまうと、人はやりがいをなくしてしまいます。やはり、自分の提案を聞いてもらえ、そしてそれが実行できる仕組みが大切です。

2つ目は、「成長を実感できるかどうか」です。昨年の自分と、今の自分を
比べた時に、自分自身の成長を実感できると、それがやりがいにつながります。

3つ目は、「会社から大切にされている実感」です。スタッフは会社や経営者から大切にされていると実感すると安心して働くことが出来ます。

4つ目は、「自分の仕事が社会の役に立っているという実感」です。

と、以上4つが上がりました。

私が大切にしている言葉で、「ES(従業員満足)なくして、CS(顧客満足)なし」という言葉があります。

これって本当にそう思います。

従業員が満足していない状況で、お客様の満足を追求しようと思いませんよね。

会社で満足していない人は、その部分、つまり会社に対しての不満を解消しようと考えますし、無意識で考えてます。

ですか、顧客満足を追求しろと言っても、心からは考え、行動しないでしょう。

今回は、(株)王宮さんの事例をあげましたが、ここでのポイントは、従業員のやりがいを高める方法を、従業員と共に作り上げるということ。

(株)王宮さんは、こうだからそのまま採用しようではなく、従業員と時間をかけて、共に気持ちの込めたモノを作り上げる、これが本当に大切です。

なぜなら、その行為こそが、従業員満足につながる行為だからです。

あなたは、従業員のやりがいを高めるために、どんなことをしていきますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

真面目で我慢して仕事をすることから卒業しません?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

ある人から面白い話を聞きました。

哲学者ニーチェは、人間には3つのタイプがあると言っていたようです。

そのタイプとは、

・超人

・末人(まつじん)

・奴隷

超人とは、全てを遊びに変えられる人

末人とは、ルールを無視して、自分の利益のためにしか動かない人

奴隷とは、真面目な人(ルールに支配されている人)

また、目的意識もなく、

ルールだから

常識だから

決まりだから

ノルマだから

だから、動こうとする人

そこには自分の意思がないですね。

そして、奴隷の人は、何か困ることが起きると我慢してそれを行う。

では、超人は?

超人は、何か困ることが起きると、解釈を変えて遊びに変える人です。

例えば、

ドラゴンボールの超人といえば、

そう、孫悟空です。

彼が強敵に出会った時のセリフがとても参考になります。

奴隷は、今の自分では解決できないことや強敵に出会ったら、

「困ったなぁ〜、でも仕事だから(我慢して)するしかないかぁ〜」

となるわけです。

でも、超人 孫悟空は、

「オラ、ワクワクすっぞ〜」

さすがですね。

これだと、我慢して行うわけではないので、あなたの持っているパワーが普段以上に出ますね。

仕事で何か困った時の合言葉は?

「オラ、ワクワクすっぞ〜」

ですね。(^^)

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人