社員の存在価値ってなんでしょうか?

人の成長無くして、企業の成長なし。

「あなたの会社で働きたい!!」と言われる
従業員の「自主性」「積極性」「責任感」が自然に育つ魅力的な職場環境を作るサポートをしている小宮です。

 

社員の存在価値ってなんでしょうか?

 

当たり前のことですが、世の中という環境に対して、企業の存在価値、存在意義、存在する目的は、世の中に対して貢献し、役に立っているから必要とされる存在になるわけです。

企業が、世の中に対して役に立たず、迷惑をかける存在だと、必要とされないから、当然売上も上がらず、いつかは倒産します。

これと同様に、会社という環境に対して、社員が貢献し、役に立っているから必要とされる存在になります。

 

では、社員が会社に対して貢献するとはどういう事でしょうか?

 

社長の言う事を聞くことですか?

現場をトラブルなく納める事でしょうか?

 

確かにそれも貢献ですよね。

ただそれだけでは、社員としての存在価値があまりありません。

 

別な視点で見ていきましょう。

では、「社員」と「外注」の違いは何でしょうか?

 

外注の方は、

社長のいう事を聞くし

現場をトラブルなく納めますよね。

 

この点だけを考えると、「むしろ外注の方がいいよ」なんて思っている方もいるのではないでしょうか?

 

社員の場合、文句は言うし、トラブル起こし、無責任な人もいますからね。

 

 

外注は次の仕事にもかかわってきますから

社長の話を真剣に聞くし、現場も時間内であれば責任感を持って行いますよね。

 

 

もう一度聞きますが、「社員」と「外注」の違いは何でしょうか?

 

その違いこそが「社員」が会社にいる存在意義、存在する目的であり、そこを強めていける環境がなければ、外注でいいわけです。

 

ずばり、「社員」と「外注」の違いは、会社の成長・発展のためへの貢献があるかどうかです。

 

現場の成果だけなら、「外注」だけで結構。

 

文句も言わないし、責任を持って仕事をしてくれるし。

 

外注は、成果に対してお金をもらえればいいので、会社の成長・発展に対して貢献するという事は基本ありません。

 

社員が外注と同じように、成果に対してお金をもらえればいいという考えでしたら、社長さんはつらいでしょうね。

 

 

なぜなら会社の成長・発展について、社員が考えてくれない。

 

つまり、社長一人だけが会社の成長・発展について考え、行動してませんか?

 

社員と共に、会社の成長・発展を作り上げていく会社を作っていきませんか?

 

 

 

「あなたの会社で働きたい!!」と言われる
従業員の「自主性」「積極性」「責任感」が自然に育つ魅力的な職場環境を作るサポートをしています

Efyees株式会社
人・財・チーム コンサルタント
小宮 勇人

 

 

一流の職人を育てる簡単な方法

建設業人材育成_Efyees

人材育成に悩む「無駄な時間」を、売上アップにつなげる「ワクワク時間」へ

ご存知ですか?

15年以上の実務経験のあるプロがあなたに代わって若手の現場指導をしてくれる国の制度があるのを。

 

建設業人材育成_Efyees

 

建設業は深刻な人材不足の状況ですよね。

 

若い人達の人口減少であったり

建設業離れという現状もあったり

震災の地の方へ人手がもっていかれている現状もありますからね。

 

そして仕事があるけど、人手がたりないから忙しい。

だから人材育成なんかやってらんないよ、なんていう状況の経営者の方もいらっしゃるんではないでしょうか?

 

ただ、今の状況のままでは会社はよくなっていかないから、「人材育成」をなんとかしたいと思っていませんか?

 

そんな状況でしたら、国(厚生労働省)が行なっている「ものづくりマイスター制度」を活用したらいかがでしょうか?

 

なんと、下記のような条件をクリアしたスペシャリストがあなたの会社の若手を指導してくれるんです。

 

①技能検定の特級・1級・単一等級の技能士及び同等の技能を有する方、技能五輪全国大会の成績優秀者(銅賞まで)のいずれかに該当する方

②実務経験が15年以上ある方

③技能の継承や後継者の育成に意欲を持って活動する意思及び能力がある方

 

これって、凄くないですか?

15年以上の実務経験があるプロフェッショナルがあなたに代わって教えてくれるんです。

はっきり言って、この制度を使わないのはもったいなさ過ぎです。

 

もしあなたのライバル会社がこの制度を使って、技能五輪全国大会金賞の方がバンバン若手の人材育成をしていたら?

勝てっこないでしょ。

 

ただ大丈夫、まだ知っている人しか知らない制度だから。(笑)

 

 

経営者の仕事は何ですか?

 

現場で作業をする職人ではなし、人材育成担当者でもない。

 

専門家を適材適所に配置し、お客様に「それ欲しいです」という価値を提供することです。

 

サッカーで例えるなら、経営者は監督でもありますが、クラブオーナーの視点も持たないといけない。

優秀な人物を集め、適材適所に優秀な自分物を配置し、勝っていくわけだ。

 

もう一度言います。

あなたは教育担当者ではなく、職人でもなく、経営者である。

 

勘違いしないでくださいね。

教育をしないでください、職人仕事をしないでくださいと言っているんではないです。

 

もっと経営者視点(サッカーでいうクラブオーナー視点)をもって、専門家を見つけてきて、専門家に任せるということもやっていかれたらどうでしょうか?

 

ものづくりマイスター制度のご案内

ものづくりマイスターデータベース

マイスター検索

 

対象職種

① 技能検定の職種のうち建設業及び製造業に該当する職種(105職種)

造園、さく井、建築板金、冷凍空気調和機器施工、石材施工、建築大工、枠組壁建築、かわらぶき、とび、左官、築炉、ブロック建築、 エーエルシーパネル施工、タイル張り、配管、厨房設備施工、型枠施工、鉄筋施工、コンクリート圧送施工、防水施工、樹脂接着剤注入施工、 内装仕上げ施工、熱絶縁施工、カーテンウォール施工、サッシ施工、自動ドア施工、バルコニー施工、ガラス施工、ウェルポイント施工、塗装、 路面標示施工など

 

② 技能五輪全国大会の競技職種のうち建設業及び製造業に該当する職種(33職種)

曲げ板金、タイル張り、配管、石工、左官、家具、建具、 建築大工、造園、冷凍空調技術、とび、電工、情報ネットワーク施工、構造物鉄工、電気溶接など

 

今日もご安全に!!(^^)

お互いで褒め合い、プラスの循環を作り出す

屋根・外壁工事をされている会社さんでの「のみーティング」

その中で、「リーダーシップシート」を使ってお互いを褒めあったりしてます。

相手のいいところ、尊敬できるところ、感謝できるところを記入し、言葉

で発して、その紙を手渡す。

また、それぞれが言葉で発しているのを動画撮影して、後ほどYouTubeにアップ。

照れもありながらも、頑張っている姿にとてもエネルギーをもらいました。(^^)

マイナスのところに焦点をあてて仕事をするのではなく、是非プラスに焦点を当てた職場環境を作っていきましょう。

 

のみーティング

 

動画撮影

 

リーダーシップシート

飲みながら自立社員を育てる

いかに自主的に行動できる社員を育てるか?

それは経営者にとってとても大事な仕事になってきます。

ただほとんどの中小企業の会社では人材育成がうまくいっていないようですが、あなたの会社はどうですか?

人材育成って結構手間がかかるというイメージがあるようですが、実はあることをうまく使うとあまり手間がかからないし、かつ彼らが自主的に行動できるようになってきます。

そのあることって何だと思いますか?

それが「飲み」と「質問」です。

この「飲み」と「質問」をどう使いこなせるかで、あなたの人材育成にかける手間が大きく削減できますし、かつ彼らが自ら考え自主的に行動できるようになるんですね。

 

IMG_0467

 

先日ある会社さまでの「のみーティング」という研修の際に、その会社の社員さんへ下記のような質問をしてみました。

ちなみに「のみーティング」っていうのは、飲みながら研修をすることなんですけど、結構これがいいんですよ。(笑)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q1.今の会社の「ここが不満!!ここをかえたい!!」というところはどこですか?

Q2.こんな会社で働きたい!!理想の職場を教えてください。

Q3.皆で話し合いたい課題は何ですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そしたら彼らはこの様に答えてくれました。

 

Q1.今の会社の「ここが不満!!ここをかえたい!!」というところはどこですか?

・最近現場が遠いです。理想は加須市、久喜市の物件がいいです。

・自社アピールするための動画アップが少ない

・社内間の連絡が遅い

・自社を売るための広告が少ないかなぁ

・作業場スペースを広くしていきたい

・道具や機械を決まった場所にもどすということを徹底していきたい

・ゴミ箱のところの自転車置き場の位置を変えていきたい

・犬のチロちゃんの居場所をもっといい環境にしていきたい( ← やさしいね~)

 

Q2.こんな会社で働きたい!!理想の職場を教えてください。

・きれいな職場で働きたい

・大きな作業場を持ちたい

・時間を守れる会社にしたい

・明るく、活気がある会社にしたい

・整理整頓されていて使いやすい道具、機械がそろっている職場

・みんなの協力性がある会社

 

Q3.皆で話し合いたい課題は何ですか?

・時間管理について話し合いたいです

・マニュアルの作成をしていきたいです

・今後の作業場について話し合いたいです

・段取りを効率よくできる環境についてはなしあいたいです

 

たった3つの質問しかしてませんが、色々でてきますよね。

社長がごちゃごちゃ言わなくても、「たった3つの質問」だけで、こんなに彼ら自身から「こうしたい」という言葉が出てきます。

 

IMG_0478-1

 

IMG_0481のコピー

 

そして次にどうするか?というと、また「質問」です。

 

「皆、会社を良くするための意見を言ってくれてありがとう。」

「じゃぁ、その意見をもとにどうしようか?」

 

これだけでいいんです。

実にシンプルですね。

 

是非皆さんへ質問をして、皆さんで会社を作り上げることを楽しんでくださいね~。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

★☆★ 編集後記 ★☆★

 

今日は倫理法人会という経営者モーニングセミナーに参加してきました。

そこで毎回素敵な経営者の方からのお話を聞けるのですが、今日は自然栽培で育てられた野菜を使って飲食店をされている方からのお話でした。

 

あなたは一般栽培でなく、有機栽培でなく、自然栽培ってご存知ですか?

 

農薬を使った一般栽培での野菜をそのまま腐らせると、溶けるように腐っていくんですが、自然栽培で育てられた野菜だとなんと発酵するんですよ。

同じ腐るでも大きく違いますよね。

こんな栽培方法があるんだってびっくりでした。

 

ちなみに、自然栽培の野菜を使ったお店の名前は「なーりっしゅ」というお店です。

要チェックですね。

質問力でリードし、チームをまとめていく


社員のやる気を内側から引き出す。

これは経営者、リーダーにとって永遠の課題かもしれません。

非常に難しい課題かもしれませんが、「会社が成長するため」、「会社が成果を出すため」、「より多くの喜びを得るため」に絶対に取組まないといけないことですよね。

ではどうしたらいいのかということですが、社員へ一つ下記のような質問をしてみませんか?

 

「みんないいか?成果の出るチームとただの集団の違いって何だと思う?」

 

ac4aecda3ead08e17c34984619748059_s

 

恐らく回答として、

「チームは一つにまとまっている」

「チームは目標がある」

「チームにはリーダーがいる」

が、出てくるんではないでしょうか?

 

そして次に下記質問をしてみて下さい。

 

「うちは、成果が出るチームかな?それともただの集団かな?」

 

そうするとこんな回答が出てくるんじゃないでしょうか?

「ただの集団じゃないけど、成果の出るチームって何?」

「チームだと思うけど、成果が出るチームかなぁ~?」

「成果の出るチームってどういうチーム?」

 

ここまで出てくるといい流れです。

現代のリーダー像は、一人の経営者によるトップダウン型ではなく、みんなのやる気を引出すボトムアップ型が求められています。

そんな中で、皆さんと一緒に考えて、作り上げていくことがとても大事になってきます。

 

是非社員の皆さんと「成果の出るチーム」について考え、取組んでいき、更なる成果をつかんでいきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★☆★ 編集後記 ★☆★

あいにくな天気が続きますが、いかがお過ごしですか?

こんな日は、外出せず事務作業をしたいですね。

ただ台風も近づいていますから、台風対策を忘れずに。

最近リーガル・ハイのDVDを観て楽しんでいる小宮でした。

今週も素敵な一週間を。(^^)/

【自立社員を育てる「のみーティング」】やれと言っても人はやらない。だから・・・。

あなたは「守破離」の考え方をご存知ですか?

職人の世界でもこれと似た考え方があり、できる職人を育てるためにはとても大事だと㈱平井板金の平井社長はいっています。

IMG_9663

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

守破離(しゅはり)は、日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。

まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。

Wikipediaより

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「まずは俺のやり方を学んで欲しいんだけど、俺のやり方守ってくれないんだよ」という声も聞こえてきそうですが、この「守破離」の考え方も伝えて、やり方を教えてははいかがでしょうか?

できる職人になるために「守破離」という考え方があって、まずは言われたやり方を「守る」ということをしていかなか?

そしてそれができるようになったら「既存の型」を破り、そのやり方を自分にあったものに改良して、

最終的にオリジナルのやり方を考えたらおもしろそうじゃないかい?って。

「型を守らせること」は大事ですが、「守らせる」となると「型にはめられる」と思いとても嫌がります。

でも「守破離」という考え方、そして将来的にオリジナルを作れるという意味がわかるとそれに従おうとします。

是非、ただ「守れ!」というだけでなく、その意味を伝えてあげてくださいね。

自立型の職人を育てるための「のみーティング」

その要素を取り入れた「3ランク上の建設業飲み会」に一度遊びにきませんか?

詳細は、「こちらから」

のみーティングの時の㈱平井板金 平井社長の話はこちらから

【自立社員を育てる「のみーティング」】経営者の仕事は従業員の夢をかなえること!!

こんな熱い想いをもっている社長のもとで働きたくありませんか?

023___5D1_0096

 

下記は私がコンサルタントをさせて頂いている屋根・外壁リフォーム工事をしている平井社長のメッセージです。

是非、社員思いのあなたにも聞いて欲しかったので、今日はそのメッセージをご紹介します。

このメッセージは「のみーティング」という研修の際に、平井社長の想いを話していただいたものを動画として記録したものです。

まず下記メッセージを読んでもらいたいのですが、いきなり冒頭のメッセージで「経営者の仕事として従業員の夢をかなえること!」という言葉は、ぐっと心をつかみますよね。

 

さらに、

「勉強ができなくても大学を出たやつと勝負できるのが職人の
世界だ!」

「行き場のないやつも職人の世界なら成功できる!」そんな会社を作っていきたい!!

という言葉は、もし私が別会社の社員(職人)として聞いたら、こんな熱い想いを持っている方のもとで働きたいなぁと思うだろうなぁと思いました。

社長の勉強ができなかったというコンプレックスをバネという成功に向けてのエネルギーにし、自分だけでなく若い人達のことも考え、会社を経営しているところが今の社員(職人)にも好かれている社長だというのが分かりますよね。

 

ただ世の中の多くの経営者の方は、まずは会社の売上を上げて、それがあるから社員の夢がかなえられる、だからそれまでは我慢して働け!ではないでしょうか?

その気持ちも分かりますが、社員あっての会社の売上です。

社員のやる気があって、それが更なる売上につながっていきます。

表面上の言葉でなく、社員がこの人のもとで働いていきたくなるようなメッセージをまずは語っていきませんか?

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

経営者として従業員の夢をかなえることがまず自分の仕事の一つだと思います。

なのでまず稼げる会社、自分も一目標として稼いでいきたい、笑い事で言っていた年商10億、これは多分10年後このビデオを観た時にあの時言っていた目標達成したなと、言えるメンバーがここにいて、今日来た小宮さんが平井板金10年前はこんなちっちゃな会社だったけど10年経ったらこんなでかい会社になっていたよと胸を張って紹介できる会社に育てたいと、

こんなこと言っちゃあれだけど俺は勉強もできなかったし何もできなかったけれども社会に出てどうにか今成功し始めている

それは多分ここにいるメンバーも同じで勉強ができなくても社会に出てから、頭がいいやつ、大学出たやつと俺らは勝負ができてその世界が職人だと

その世界で成功することが、これから若いやつ、バカやって不良やって行き場がない人間が職人の世界だったら成功できるとそういう1リーダーと建築業界を率いて、バカをまとめて天才になる、そういう会社を作りたいと思っています。

㈱平井板金 代表取締役社長 平井 千寿生

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

その時の動画メッセージはこちらから↓↓↓

セールス・プレゼンテーション研修

--- 第1章(メンタル編) ---

1.マスター・セールスマンとしてのミッション

2.潜在能力を活用したビジョン

3.本物のモチベーション

4.成果の上がる目標設定

5.セールスの成功の5原則

--- 第2章(スキル編) ---

6.見込み客発見・アポイント

7.心を開くアプローチ

8.問題意識を引出す

9.利益と可能性を描かせる

10.クロージングのツボとコツ

11.反論処理の秘訣

12.目からウロコの紹介法

--- 第3章(スペシャル編) ---

13.フィードバック&トレーニング

14.ストレスマネージメント

15.永続的な成功

※ こちらの研修はソーシャルアライアンス株式会社様から教材購入の上の実施となります。

コミュニケーション研修

--- 第1章(基礎編) ---

1.コミュニケーションの定義

2.コミュニケーションの原則

3.コミュニケーションの目的

--- 第2章(メンタル編) ---

4.願望の7レベルとセンターサークル

5.成功のスパイラル

6.魅力のテクノロジー

--- 第3章(スキル編) ---

7.アテンションとアプローチ

8.質問の達人になる

9.アクションとストーリー設定

--- 第4章(応用編) ---

10.ミラーの法則

11.魔法の言葉

12.実際の現場で成果を上げる方法

※ こちらの研修はソーシャルアライアンス株式会社様から教材購入の上の実施となります。

お互いをほめ合っていますか?

2年前からコンサルをさせて頂いている屋根工事専門の施工会社さま。

その時の社長さんの悩みは、社員に仕事を振れず社長一人で仕事を抱えてしまいまったく自分の時間を作れなかったことでした。

20代の若い職人に怒っても人間関係が悪くなるだけだし、最悪辞められてもらっても困るということで我慢して仕事をし続けるという状態でした。

そんな状態の中コンサルをさせていただいたんですが、まずは社長さんへのコーチングからスタートして、徐々に社員研修もさせてもらい、少しづつですが社長と社員さんとの人間関係が変わっていきました。

社員研修の中で大切にしたのはこちらからの一方的な講義ではなく、彼らに何かをアウトプットさせることを大切にし研修させていただきました。

その中でやって良かったことの一つとして「お互いをほめる」というワークがあります。

それは相手の行為によって

・良かった事
・うれしかった事
・尊敬できること

をただ言うだけでなく添付写真のような紙を用意し、それに書いてもらいました。

IMG_6114.jpg

そしてその紙を読み上げ、相手に渡すというものです。

研修の初めにこのワークをするのですが、最初の頃は当然なかなか書くことができませんでした。

ただ最近は、ワーク時間が過ぎても書き続けるくらいの状況になり、相手のことを思い書き続ける姿を見ていると本当にこちらもうれしくなります。

IMG_7405.jpg

是非皆さんもやってみてくださいね。