出来が1番悪かったと評価され、社長喜ぶ

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

ある社員に現場を任せて、「今までで出来が1番悪かったよ」と元請けから評価されました。

現場を任せられた社員は相当ショックを受けたようです。

その後社長に「元請けから出来が1番悪かったと評価されました」と報告があったようです。

それを受けて、社長はある意味喜んだようです。

■ 普通は怒るけど、喜ぶ

仕事を頂いている元請けから「今までで1番悪かった」と社員が評価を受けて、担当だった社員が相当ショックを受けている状態で喜ぶ?

初めは、よくわかりませんでした。

ただ、話を聞いて「なるほど」と、思いました。

普通は「何やってんだ!!」と怒る社長もいるとは思いますが、その社長さんは、怒らず、むしろ心の中で喜んでいるわけです。

人材育成をする上で、ここって非常に大きなポイントだなぁと思いました。

まず、なんでその社長さんは心の中で喜んだのか?

それは、ショックを受けたということは、その仕事に対して責任を持って取り組んだという証拠だからです。

責任感のない社員は、悪い評価を受けても自分には関係ないから、言われたからやっただけと、ショックを受けないんです。

そして、その社員の姿に、社長がなげくわけです。

「なんで、悪い評価をうけたのに平然としてるの?」って。

悪い評価を受けショックを受けるということは、真剣にやっている証拠、また責任を持ってその現場に取り組んだという証拠です。

その社長さんは、その気持ちが伝わったのが嬉しかったんでしょうね。

■ 自責の考えで、どこまで本人が消化できるかが成長のポイント

また、その社長さんはこんなことを言っていました。

「彼が成長できるかどうかは、ここからですね。彼がここから何を学び、他人のせいにせず、自責の考えでどこまで消化できるか、これがカギですね。」

こういう考えを持っている社長さんの元で働いている方って、幸せなんだろうなと思いました。

普通大失敗すると、社外で怒られ、社内で怒られ、そうなるともう仕事をしたくなくなるんですね。

または、この社長の元ではチャレンジをしたくない、そう思うでしょうね。

そうなると、怒られないように、怒られないように仕事をするのが普通ですが、これでは人は成長しません。

お客様から悪い評価を受けて、落ち込んで、そんな社員に対して「もう一度チャレンジする」と自ら思わせることが、社長の役目。

「もう一度チャレンジする」と自ら思わせるために、社外だけでなく、社内でも更に怒るということは本当に必要でしょうか?

それがベストの手段ですか?

■ まとめ

社員に仕事を任せれば、いつかは必ず失敗します。

そして、その時の対応次第で、社員の成長を伸ばすか潰すかが決まります。

もし社員のやる気を引き出すスキルが身についたら、どうでしょうか?

社員に仕事を任せ、失敗してもらう楽しみが増えるかもしれませんね。

社員が大失敗した時、どんな対応をしてますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

Efyees 最新イベントのご案内

小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

Efyees 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

時間管理ができないと相手に心の主導権を握られる

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

働き方改革が進む中、公共工事も週休2日が進んでいます。

ただ週休2日にしなさいでは、やらない企業もありますから、具体的な対策も進んでいます。

休日増に取組んだ企業の工事費の補正、工事成績の加点など、取り組むメリットを制度に盛り込んでいるわけです。

こうなると週休2日は更に進みそうですね。

そして、時間管理スキルが更に求められますね。

■ 時間管理スキルアップ

工事会社だと、日当月給で働いている職人さんも多い中、週休2日は嬉しいのやら悲しいのやらでしょうか?

以下は週休2日に対してのニュースです。

ーーーーーーーーーーーー

社会的な働き方改革の流れを受け、佐賀県内の建設企業でも、現場レベルで週休2日制導入の取り組みが広がっている。

国などの発注機関も、休日増に取り組んだ企業の工事費を補正、工事成績を加点するなどして後押し。

ただ、公共工事に比べると、民間工事では週休2日がとりにくいといい、理解の広がりが課題となっている。

国は若手技術者の離職や建設業就職者の減少を防ぐため、週休2日制などの働き方改革を進めている。

九州地方整備局は2018年4月以降に契約した工事で、4週6休以上を達成した場合に労務費や機械経費を補正し、工事成績も加点している。

出典 : 県内建設業、週休2日進む公共工事、経費補正や成績加点

https://www.saga-s.co.jp/articles/-/261049

ーーーーーーーーーーーー

古くから働いている人にとっては、土曜日が働けないと給料が減るからやだなぁと思う方もいるかもしれませんが、最近の若い人はプライベート重視型の方も増えてきてます。

ですから、効率化も大切ですし、時間管理についての考え方もとても大切です。

そこで、今回は時間管理のポイントについてお伝えします。

ズバリ言いますと、時間管理のポイントは、時間「管理」から時間「活用」に考え方をシストすることです。

学生の頃、5分前集合という教育を受けているからか、社会人になっても5分前行動で行動している方もいます。

おそらくその方は、ギリギリか遅刻が多い方でしょう。

学生の頃だと色々なトラクブルがないし、時間割もしっかりしているので5分前行動で機能しやすいですが、社会人になるとまぁ色々とあって、時間通りに進まない。

なので、私は15分前以上行動を意識して行動してます。

早めに着きすぎると暇ですね〜。

そう思う方もいますが、だから時間活用です。

何かそこですることを事前に考えておくわけですね。

ギリギリか遅刻する方は、早目に着きすぎると時間がもったいないと思うのも一つのメンタルブロックですので、取っ払ってください。

時間を活用する意識がないから、ギリギリを狙ってしまいますが、むしろこっちの方が時間がもったいない。

ギリギリだと、行くまでに遅刻しないかどうか気を張ってますし、必要以上に神経使ってますよね。

遅刻だと連絡をしないといけないし、車だとこの道行くと近道かな?電車だとこっちの乗り換えの方が早いかな?と色々と考えるわけです。

でも、早めに出ていれば、車の中で別なこと考えられるし、電車でも余裕の心で色々と考えることができる。

そして、予定通り早目についたら、そこでできることをする。

余裕な気分で、次のことを待つ。

でも、もし誰かとのアポで遅刻をしたら、まず第一声が「すいません」から入り、それ以降もなんか気まずいし、何か依頼されても断れない感じが出てきます。

遅刻をする事で、心の主導権を相手に持っていかれているパターンですね。

これ、いやですよね。

遅刻すると、相手に心の主導権を持っていかれるので、正直こっちの方が嫌で早目早目の行動ができるように私の場合はなりました。

ギリギリでいつも仕事をしている方で何か変えたい方は、時間活用にシフトしてみてくださいね。

■ まとめ

働き方改革と言われてますが、時間管理は仕事ができる人の必須スキルです。

先程もいいましたが、ポイントは時間管理から時間活用です。

5分前行動ではなく、15分前以上行動ですね。

これだけでも、大きく変わります。

予定より早目についたら、どう時間を活用しますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

Efyees 最新イベントのご案内

小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

Efyees 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

「間違えてもいい」という決断が、あなたの決断力をアップさせる

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

リーダーに求められるスキルとして「決断力」があります。

 

判断 → 決断 → 行動 → 結果

 

ですから、「決断」を間違えると、良い結果につながりませんよね。

また、自分だけならいいですが、それに従った部下にも迷惑をかける。

 

だから新しい事や大きなことへの「決断」ってものすごくエネルギーがいる事です。

「決断力」をアップするためのポイントって何だと思いますか?

 

 

■ 「決断力」をアップさせるためのポイント

完璧にする仕事が決断の邪魔をする
「人を動かせる人の50の小さな習慣」の本からからです。

 

部下が愛想を尽かすのは、「決断を間違える上司」ではなく、「決断をしない上司」だ。

部下に嫌われるのは、決断を間違える上司ではありません。部下に嫌われるのは、決断をしない上司です。

二流のリーダーは、決断を間違えると嫌われると思って、変更を恐れます。でも、一番大事な根っこの方向性さえ部下に伝われば、あとはどう変えてもいいのです。「スイカ割りをしよう」と言っているのに、ビーチバレーのボールを持ってくるような上司は、根本をちゃんとつかまえてません。間違えた時には「ごめんね」と言うことです。

決断をしない上司は、「ごめんね」を言うトレーニングができていません。上司は、間違える権利を持っているのではありません。上司は、間違える義務があるのです。上司が間違えることによって部下はホッとして、自分も間違えていいのだ、と思います。間違えない上司の下にいる部下はつらいものです。

間違うことを恐れず決断しよう。

引用:中谷 彰宏『人を動かせる人の50の小さな習慣』(PHP文庫)

 

「上司は、間違える義務がある」いいですね。

 

仕事ができる人って、完璧な仕事をします。

そしてお客様も完璧な仕事が好きですし、そこにお金を支払います。

これが、ある意味人材育成を難しくしている点だし、決断がなかなかできない点かもしれません。

 

「間違えない上司の下にいる部下はつらい」そうですよね。

そう考えると、部下のために間違えた決断も大切なのではないでしょうか?

 

ここでのポイントは、

どこの方向性に向かっているのか?

そこに向かってチャレンジしている姿が伝わっているかどうかです。

 

これが伝われば、結果的に間違った決断だとしても、部下はついていきます。

 

失敗に対する解釈の幅を広げる

通販のカリスマ、ジャパネットたかたの高田さんは、IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)で、こんなことを言っています。

 

「私はジャパネットで長年やってきて、失敗したことがないんです。失敗というのは、やらなかった失敗と、一生懸命やらなかった失敗の2つ。一生懸命やったら失敗とは言わないんですよ。それは自己を高めるための試練です。そう考えるからあまり悩まないんです。そうすれば余裕も生まれるんですよ」

引用:今を生きる。 ――「ジャパネットたかた」創業者・髙田明氏、70歳の挑戦

 

まとめ
「決断力」をアップするためのポイントは、失敗に対する見方を変える事です。

部下のために完璧な決断ではなく、チャレンジする姿を見せる。そして一生懸命したものは失敗ではなく、試練だという事。

「間違えてもいい」という決断が、あなたの決断力をアップさせます。

 

あなたの夢に向かって、どんな決断をしますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

 

➡ Efyees㈱ 最新イベントのご案内

➡ 小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

➡ Efyees㈱ 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

➡ 人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

「働き方改革」による生産性向上は、心理的安全性改革である

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

失敗を注意されて、人って成長します。

私は沢山、沢山、沢山注意されてきました。(笑)

 

今「働き方改革」によって

企業の生産性向上がとても求められています。

 

そんな中、

 

「失敗を注意される職場」と「弱みを話し合う職場」

 

どちらが生産性が向上すると思いますか?

 

Googleが大規模労働改革プロジェクトとして4年の歳月をかけて研究しました。

 

グーグルは大規模労働改革プロジェクトとして、2012年に4年の歳月をかけて「プロジェクト・アリストテレス」という実験を行いました。組織心理学や社会学の専門家を招き、生産性が高いチームとそうでないチームを徹底的に研究したようです。

そこからチームの生産性について考えてみます。

 

■ Googleが研究したチームの生産性向上に影響を与えるモノとは

生産性の違いがみられない?

 

質問です。

生産性が高いチームってどっちだと思いますか?

 

「強いリーダーのもとに階層的な人間関係」

vs

「フラットな人間関係」

 

 

「会議中全員の発言時間決められ、その発言の途中で遮ることを許さないチーム」

vs

「お互い発言の途中で割って入るのが常態化チーム」

 

 

「仕事時間中に雑談したり、他人の噂話をしたり、週末のプランを話すなど私的なコミュニケーションが交わされるチーム」

vs

「オフィス内では仕事に専念し、私語は厳禁チーム」

 

 

「強いリーダーがいると生産性向上するよなぁ~」「話を聞いてくれる環境って大事だよなぁ~」「仕事時間は私語厳禁でしょ」と思う人もいるかもしれませんが、Googleが数百のチームを観察しての研究結果は、成功するチームの共通パターンが見つけられなかったようです。

また、同じ高い生産性なのに上記のように正反対のチームも珍しくなかったようです。

 

Google社員は優秀だからと思っている人もいると思いますが、Google社員のチーム編成は固定化されておらず、同時並行的に複数のチームに所属しています。

その場合、優秀な社員がどのチームでもいい生産性を発揮するかというと、あるチームではいいけど、あるチームではダメになるという場合もあるようです。

複数現場を持ったり、現場ごとにチームが変わる建設現場と一緒ですよね。そしてあなたもチームごとに生産性は違いますよね。

 

と、目立った成功パターンが見つけられずいたGoogle研究班でしたが、再度調査結果を見直し、あることに気付いたようです。

 

チームの生産性の違いに影響を与えるモノ

Google研究班が気付いたあることは、「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」といったメンタルな要素の重要性だったとのこと。

つまり成功するグループ(チーム)では、これらの点が非常に上手くいっているということです。

具体的には「こんなことを言ったらチームメイトから馬鹿にされないだろうか」、あるいは「リーダーから叱られないだろうか」といった不安を、チームのメンバーから払拭していく。

心理学の専門用語では「心理的安全性(psychological safety)」と呼ばれる安らかな雰囲気をチーム内に育めるかどうかが、成功の鍵だということです。

 

参照:グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ

評論家の勝間和代さんも、以下のように言っています。

「つまり、自分が安全安心できる組織でないと、実力なんか全然出ないということが分かったんです」

「日本の企業の生産性はあまり高くないんです。その原因の一つとして『心理的安全性が低い』と言われています」

 

参照:「弱味を話し合うと生産性向上」グーグルの研究結果を勝間和代が解説 いつ上司に罵倒されるかわからない環境で実力は出せない

 

まとめ

改めて本音が話せる環境って大事だなぁと思いました。

そして注意されると成長しますが、言い方によって本音が話せなくなってしまうから生産性が低くなってしまうんですよね。

厳しいリーダーでも結果を出せるのは、「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」ができているわけですね。

また、厳しいリーダーで結果が出ないは、「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」がなく、弱みを出せない雰囲気を作ってしまっているチームなんだなぁと。

 

ポイントは、

何か疑問に思ったり、上手くいかなかったり、失敗した時「こんなことを言ったらチームメイトから馬鹿にされないだろうか」、あるいは「リーダーから叱られないだろうか」といった自然に起きる不安が、自然なくなっていく雰囲気をチーム内に育めるかどうかがですね。

 

あなたの職場は、「心理的」に安全ですか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

 

➡ Efyees㈱ 最新イベントのご案内

➡ 小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

➡ Efyees㈱ 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

➡ 人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

 

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

何もしないけど、人を動かす凄い力

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

日本理化学工業㈱というチョークを作っている会社をご存知ですか?

チョーク業界の国内トップメーカーなのですが、社員の約7割の方が知的障害者というとてもすごい会社なんです。

どうしたらこのような素敵な会社ができるのか、興味ありませんか?

 

知的障害者の方の採用、教育からヒントが見えてきました。

 

まず採用から。

近隣の特別支援学校から採用しているようですが、在学中に実習生として実際に働いてもらったうえで、卒業後も働き続けたいと希望する生徒さんから採用しているようです。

 

これは学生が一定期間企業で働くインターンシップですよね。

一度働いてみないと、仕事や会社についてわからないですから、

その体験をした人で、更に就職したい人というのは、お互いいいですよね。

 

東京都ですが、インターンシップ制度を行いたい会社さんは下記サイトをチェックですね。

きづくインターンシップ受入企業募集

 

 

そして、採用に当たり次の4つの条件があるようです。

 

①食事や排泄を含め、自分のことは自分でできること

②簡単でもいいから意思表示ができること

③一生懸命に仕事をすること

④まわりに迷惑をかけないこと

 

以上4つを約束できる方を採用しているようです。

そして、本人だけでなく親御さんにもこの条件をしっかり説明して、ご協力いただくことを合意してもらってからの採用のようです。

 

ここ大事なポイントです。

まず採用の際、しっかりした条件を出しているかどうかです。

仕事内容、給与面は当然ですが、

例えば、「成長し続けること」「自主的に動くこと」「積極的に発言すること」「新しいことにチャレンジし続けること」などの条件を、事前に伝えておき、そしてその条件を約束できた方を採用したらどうでしょうか?

採用後の教育、とても楽になりそうですよね。

 

 

さて話を日本理化学工業さんに戻しますが、入社条件の約束を守りますといって入社しても、守り続けることができるかというと、そうではないようです。

奇声を発したり、動き回ったり、周りにいろいろと迷惑をかけることがあるようです。

恐らく、想像以上に相当大変ですよね。

 

さて、ここであなたならどうしますか?

 

 

入社の約束を破るのは知的障害者だけではありません。

健常者だって、入社時の採用条件を破ってしまう人もいます。

 

例えば、先ほどの4つの条件の

③一生懸命に仕事をすること

④まわりに迷惑をかけないこと

 

この条件なら、GWの休み明けにずる休みをして、周りに迷惑をかけている新入社員も多いんではないでしょうか?

 

日本理化学工業では、4つの約束を守れなかったら、すぐに自宅や施設に帰ってもらうようです。

そして親御さんに「もしお子さんが反省して、4つの約束を守って働き続けたいと言ったら、すぐに連絡してください。私どもは連絡をお待ちしています。」とお伝えしているようです。

 

とはいえ、戻ってきても、また約束を破るようです。

そしたらまた同じように帰っていただく。

 

そうすると、毎週問題を起こしていた人が、2週間に1回、3週間に1回と少しづつ変化していつしかできるようになるようです。

まさにこれが成長ですね。

この成長の変化に気付き、本人に伝えられるかが、成長スピードに大きく影響を与えます。

 

リーダーとして、教育者として、約束を守らせることはとても大事です。

強制的に守らせることはできるでしょう。

ただあなたがいなかったら守らないでしょうし、「あなたの会社で働きたい」とも思われないでしょう。

 

では、どうしたらいいのか?

それは「相手を信じて、待つ」という力が求められます。

日本理化学工業の方々はこれをしているわけですね。

 

 

まとめると

まず、相手がここで働きたいという意思を尊重すること

そして条件を出し、約束の上働いてもらう

約束を破ったら、相手が約束を守り働きますという意思のもと、再度働いてもらう

また約束を破ったら、もう一度繰り返す。

 

 

日本理化学工業では、入社時の4つの約束を守れるようになるまで5,6年かかった方もいるようです。

 

「必ずできると信じて、待つ」

 

何もしないけど、人を動かす凄い力ですね。

 

 

あなたは、社員の可能性を信じ、どれだけ待っていますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

先駆者利益のためにどうしてますか?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

先駆者利益という言葉をご存知ですか?

簡単に言うと、早く行動する事で、ビジネスにおける競争優位を獲得し、利益を他社より多く獲得するという事です。

 

例えば、今ではパソコンは当たり前のように使いこなしていますが、20年前(1998年)建設業においてどれだけパソコンを使いこなしていましたでしょうか?

 

今、パソコンなしで仕事しろといわれたら、経営者の方なら困りますよね。

パソコンがあるから、見積り作成等も手軽に短い時間でできるわけです。

 

また工事であったら、職種にもよりますが、インパクトがなかったらどうでしょうか?

 

今は当たり前のようにインパクトを使ってビス打ちをしてますが、インパクトが無かった時代もあったわけです。

 

「インパクト vs 手作業」だったら圧倒的に手作業が負けますし、インパクトを使っている人の方が手作業より多くの作業ができ、それによって多くの利益を獲得することができるわけです。

 

であるなら、今後の機械化についても、早めに導入した方が利益になりそうですよね。

 

大手住宅メーカーが施工現場で、ロボットやアシストスーツを活用して作業負担の軽減化を図る取り組みを進めている。積水ハウスは年内にも、上を向く作業をしやすくするスーツを導入し、ロボットは平成32年に実用化する計画で「人とロボットの共生を目指す」(住友義則施工部長)。

出典:大手住宅メーカーが「ロボット」「アシストスーツ」で作業員の負担を軽減!

 

 

機械はまだ早いという方は、以下の様なサポートジャケットもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:新しいワークウェア「サポートジャケット® Bb+PRO」

 

 

他には

ある経営者の方が、講演会でこんな話をしていました。
スマートフォンの音声入力を私はだいぶ前から使っています。
今はだいぶ良くなりましたが、出初めは正直使いづらかったです。
でもなぜ使っているかわかりますか?
それは確実に音声でのやり取りの時代が来るからです。
使いやすくなってから、使い始めていては、慣れるのにも時間がかかりますし、残念ながら遅いんです。
常に時代のリーダーとして生きたいなら、周りが使い始めたからではなく、自らがリーダーとして使い、よりよい活用方法を見出すこと。
何を使う以上に、リーダーとしての心を磨いてください。
時代の流れを読み、常に先手先手と行動する。
これが新た利益を生みます。
そして、そのようなマインドを育てる人材育成が今後さらに求められてきそうですね。

あなたは周りが使い始めてから使いますか?

それとも周りが使う前から、使い始めますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

「ついていきたい」と思われたいなら、リーダーシップよりフォロワーシップ

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

高校生向けの記事ですが、こんな記事がありました。

「ついていきたくなる部長はどこが違う?デキるリーダーの特徴は?」
http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/4186

 

経営者であれば、学生の頃、部活動、学級委員、何かの実行委員等活動されていた人もいたんではないでしょうか?

 

私は、中学、高校とソフトテニス部の部長でした。

一生懸命はしていましたが、試合では勝てず、チームもまとまっている感じはありませんでした。

それが非常に嫌でしたね~。

だから、コーチング、リーダーシップ、プレゼンテーションなどのリーダーに必要な学びが楽しいんですよね。

 

さて、本題です。

 

高校生に

「ついていきたくなる部長はどこが違う?デキるリーダーの特徴は?」

と聞かれたら、なんて答えますか?

 

 

その記事に書かれていたことは、

 

・無理にまとめなくてOK

・「~すべき」を強制しない

・やる気1割増す声掛けを

 

でした。

 

「無理にまとめなくてOK」というのは、自分ひとり背負って、何とかしようではなく、メンバー一人一人の強みを活かし、自分ができないことは、できる人に力を借りればいい、ということ。

 

記事を読んで思ったのは、学生だろうと社会人だろうと、基本は変わらないですよね。

 

リーダーは、導く人。

どこへ?

プラスの結果とプラスの感情へ導ける人が、リーダーです。

 

だから、一人一人の強みやスキルを活かして、一人一人結果を出してもらって「あなたのお陰だよ。ありがとう」と伝える。

 

相手が結果を出してもらう事が、リーダーであるあなたの結果。

周りの人を輝かせて、その輝きで、あなた自身も輝く。

 

なので、リーダーシップというイメージより、フォロワーシップというイメージの方が、いいのかもしれませんね。

 

社員一人一人を輝かせるリーダーシップ(フォロワーシップ)スキルを発揮するためには、社員一人一人の特徴をまず把握してください。

そしてその特徴からくる長所はなに?短所はなに?

 

例えば、Aさんの身長は185cmだとします。

Aさんの長所は、高いところの作業が得意

逆に短所は、低い所の作業が苦手

 

特徴は、事実であり、そこにいい悪いはありません。

そしてその特徴に対して、解釈があり、長所・短所がでてきます。

 

ですから、

「あいつは仕事が遅い」と短所的に表現しても

ある人は、「あいつは仕事が丁寧で安心できる」と長所的にも表現ができます。

 

 

「あなたについていきたい」そう思われたいなら、どう解釈して表現した方がいいのか?お分かりですよね。

 

さて、今日は第29回「3ランク上の建設業飲み会」

素敵なご縁を繋げて、フォロワーシップ発揮し、楽しんで参ります。

 

 

 

 

あなたは部下にどんな声をかけて、輝かせていますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

「言いたいことが何でも言える」職場環境はわがまま社員を育てる?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

言いたいことが何でも言える明るい職場環境、作っていますか?

その環境つくりをする上での、おちいりやすい問題点について考えてみました。

 

 

「ありえないレベルで人を大切したら23年連続黒字になった仕組み」の本からです。

 

 

この本に、以下のことが書かれていました。

 

社員が絶対に辞めない「3つ」の条件

社員は決してお金で動くわけではありません。

また、昇進や昇格がしたくて働くわけでもありません。

社員を動かす原動力は、次の「3つ」です。

 

①「言いたいことが何でも言える明るい風土がある」

②「社員が会社から大事にされていると実感している」

③「会社は自分のものだという当事者意識を持っている」

この3つが整っていれば、社員は辞めません。

出典:ありえないレベルで人を大切したら23年連続黒字になった仕組み

 

 

今回は、①の「言いたいことが何でも言える明るい風土がある」について。

 

「言いたいことが何でも言える」職場環境を作ろうとすると、こんな問題が発生します。

 

「社長に言えば何でも、叶えてくれる」と思われ、わがまま社員を育ててしまうという事です。

 

でも結果を出す経営者は、「言いたいことが何でも言える」職場環境を作っています。

そして、自ら考え、自主的に動ける社員が育っています。

 

同じことをしようとしているのに、「わがまま社員」を育てるのか、「自ら考え、自主的に動ける社員」を育てるのかって、とても大きな違いですよね。

 

この違いを生む違いって何だろう?

 

それが、「他責で物事を考える社員」か「自責で物事を考える社員」を育てるかの違いです。

 

他責とは、他人のせい、上司のせい、会社のせい、世の中のせいなど、他人事として捉え、自分が変わらなくても、周りが変わればこの問題は解決されると考えること。

自責とは、問題解決に対して、自分事と捉え、その問題解決のために自分が動くと考えること。

 

例えば、「言いたいことが何でも言える」職場環境だと社長に自らこうしたいという提案ではなく、愚痴・不平・不満も言ってくるわけです。

 

その、愚痴・不平・不満を聞いて、彼らの望むように社長が動くと、当然「わがまま社員」が育ちます。

これはやってはいけないパターンですね。

 

 

では、結果を出す経営者は、どうなのか?

まず彼らの愚痴・不平・不満を聞きます。

そして、質問等でその問題の本質に気付かせます。

 

さらに、ここがポイントです。

 

「今話を聞かせてくれてありがとう。」← まず感謝を伝える

「今回の問題は、〇〇だよね。」

「この問題解決に向けて、あなたはどんな行動ができる。」← 他責から自責に変える質問

 

多くの方が、相手を自責の考えにすることができない。

 

社員一人一人が、問題ごとを他責にするのではなく、自責の自分事としてとらえ、自分が動くという考え方を育てていかなければ、「言いたいことが何でも言える」職場環境を作ろうとしても上手くいきません。

 

むしろ、わがまま社員を育てるだけで、より大変になります。

 

 

一方、①の「言いたいことが何でも言える明るい風土がある」ができるとどうなるか?

 

職場の問題解決に対して、社員一人一人が自分事と捉え、その問題解決のために自分で動くことができる自責の社員が育つと、社長の仕事が激減します。

そして社員から感謝され、とても楽しいですし、メチャメチャ成果・結果につながります。

 

 

あなたは、自ら考え・動ける社員を育てるためにどんなコミュニケーションをとっていますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

辞めたいという時期を乗り越えさせるポイント

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

先日ある会社の社長さんから、こんな話を聞きました。

社内で従業員満足に関してのアンケートを記入してもらったんだけど、意外な結果が出たという話でした。

ところで、あなたの会社の社員の方は、どのくらい自社に対して満足してますか?

結局、口では一生頑張ります、うちの会社が好きです、と言っていても、本音ってなかなかわからないですよね。

もちろんアンケートを取っても、本音を書いてくれるかわかりませんが、これをすることによって一つの指標が出ます。

その社長さんの話では、実際にアンケートを取ってみると、意外な結果が出た、ということでした。

意外な結果というのは、今のままでは会社を続けないと思う、という意見が出たということです。

はじめ見たときは、えっ!?とかなりショックを受けたようです。

そうですよね、辞める人材はいないだろうと思っていたのに、まさかいるなんて。

それを現実目の当たりにするとかなりショックですよね。

まぁ、恋愛でもそうですよね。

男性はまだ大丈夫だろうと思っていても、女性はとっくに気持ちが冷え切っていて、別れを切り出すと、「突然何を言い出すんだよ」と男が気付いていないパターンって多くないですか?笑

その社長さんは、ショックを受けたんですが、すぐ気持ちを切り替えて、こう考えたようです。

早く気付けてよかった。

さすがだなぁと思いました。

辞めたい、辞めたい、と思っていても、何だかんだで、続ける場合もあります。

私もサラリーマン時代、辞めたいなぁという時期は沢山ありましたが、辞める勇気がなかったり、その時はタイミングではなかったので、結局ブツブツ言いながら、続けていました。

ただ、今は昔と違ってかなりの人手不足だから、若い人であれば辞めてもすぐいい条件で転職できます。

ちなみに、仕事を辞めたくなると言われている時期は、次の6つがあります。

• 5月のGW明け

• 夏のボーナス後(6月)

• 入社半年後(9月)

• 冬のボーナス後(12月)

• 入社1年後

• 入社3年後

そこで、辞めたいという時期を乗り越えさせるポイントです。

それは、「辞めます」と言われる前に対処すること。

「辞める」というまでには、かなりの葛藤があり、誰かに相談して、悩んだ挙句辞めることを選ぶわけです。

言ってしまったら、なかなか後には引けないですし、とにかく相手に言われる前にケアをすること。

なので、先ほどの辞めたい時期の前には、飲み会や面談を必ず入れてください。

そこでの彼らの言葉から、気持ちを汲み取って、それに対して対応してあげてください。

対応してくれれば、彼らもまた会社のために頑張ろうと思います。

GW、お盆、正月の様な長期休暇って、リフレッシュというより、辞めたいと思っている人は、より辞めたくなるんですよね。

暑い日が続き、仕事自体嫌になっている人もいると思いますが、ご縁のあった仲間。

何とか乗り切り、素敵なチームにしていきたいですよね。

彼らから発するちょっとしたSOSを汲み取って、対処していきましょう。

あなたの会社の社員の方って、本当にこの会社を続けようと思っていますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

人と違ったことができる魅力的なリーダーに求められること

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

昨日は、湘南日台未来交流協会の総会・懇親会というものに参加してきました。

湘南日台未来交流協会

https://shonanjptw.jimdo.com/

1年前にこの協会の会長である添田さんのご紹介を頂き、そのご縁で今回イベントに参加してきました。

正直、会についてはよくわかっていなかったので、まずは参加してみようと思い行きました。

総会・懇親会と書いてあったので、堅い感じなのかなぁと思いましたが、協会の一年間の活動報告等もあり、真面目な総会でした。

また、参加者の方々が想像以上の方が参加されていたので、ビックリ!!

県議会議員、市議会議員、そして湘南ベルマーレの社長さん、・・・。

この会の会長の添田さんとは、同世代なのでメッセージでは気さくにやり取りさせて頂いたんですが、参加者の方々が気さくに話せる方々じゃないじゃん。笑

私が今後やりたいなぁと思っているのが、台湾の専門工事会社の人と日本の専門工事会社の人との交流会みたいなモノです。

日本でも建築関係の交流会をして楽しんで頂けているので、海外の人とつながったら更に面白いかなぁと思ってます。

今後、協会の方々と更に交流を深め、次のステップに進んでいこうと思いますので、また変化があったらご報告しますね。

さて、前にリーダーとは、「プラスの結果」と「プラスの感情」へ導く人とお伝えしました。

「プラスの感情」の中に、ワクワク感というのがあります。

この人についていくと、ワクワクするんだよね。

そんな風に思わせてくれる人って、まさにリーダーですよね。

湘南日台未来交流協会 会長の添田さんは、仲間にそういうワクワク感を伝えている人なんだろうなぁと思います。

だから、素敵な方が仲間になったり、力のある人が参加されたり、それを見て私もワクワクするわけです。

素晴らしいですよね。

ただ、そのワクワク感は、今までにないことをやろうとするから出てくるわけで、今までやったことないことは、必ずリスクがあります。

だから、リーダーに求められるスキルとして、「予測と準備力」がもとめられます。

ということで、ある本にリーダーに必要な危機管理能力について載っていたので、記載します。

【リーダーに必要な5つの危機管理能力】

①情報のキャッチと伝達を素早く行う

危機管理の半分は、「予兆をつかんで事前に対策する」ことです。そして予兆(悪い情報)をつかんだら、知らないふりをしないで、すぐに伝達して対策を練ります。

②どんな状況にも臨機応変に対応する

危機に直面した時、マニアル通りに対応すべきか、それとも、マニアルを無視して柔軟に対応するのか、その判断をします。

③事実は何か、真実は何かを追求する

どんな情報も鵜呑みにしないで、「聡明さ」を持って見極めます。

④全体を把握して、誰にでもわかる言葉で話す

断片的な情報をつなぎ合わせて、整理して、危機の全体像をつかみます。危機対応の指示を出す時は、専門用語は使わないで、会社の全員がわかる言葉で伝えます。

⑤危機の時こそ、努めて明るく話す

危機に陥ったとき、社長が悲壮感を漂わせていると、チームを不安にさせます。リーダーはどんなときでも、笑顔を忘れてはいけません。

出典:ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み

ワクワク感とリスクは、表裏一体です。

だから、ワクワク感だけで経営したいところですが、それだけですとバクチ経営になります。

経営はバクチではありません。

バクチ経営にしないためにも「予測と準備力」磨いてくださいね。

明日の準備、できてますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?