求人、職人スキル、仕事内容等も圧倒的な差につながっている平岩塗装株式会社の秘密

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

東京タワーの塗り替え工事を行っている平岩塗装株式会社

2012年からハローワークで高卒者の新規採用をはじめたら東北地区からも応募があり、3人程度の募集が5人に増え、今年の2018年採用には7人の内定者がいたようです。

人手不足の時代にもかかわらず、集まっているところには人は集まっていますね。

  

東京タワーの塗装工事が特徴

日刊建設工業新聞の記事に平岩塗装株式会社さんについて書いてありました。

この会社の大きな特徴は東京タワーの5年ごとの定期的な全面塗装工事を請け負っているところです。

ですが、それだけで人が集まるのでしょうか?

記事から探れる魅力をみていきます。

   

平岩社長が人材育成において大切にしているポイント

東京タワーを塗り続けているというのは、圧倒的なブランド力につながりますね。この技術をどう若手につなげていくかという事で、高卒採用を始めたようです。ただ採用を初めて反響につながっているというのが凄いですね。

今年で設立56年の平岩塗装(東京都大田区、平岩敏史社長)は、東京タワー(東京都港区)で5年ごとに行われる塗り替え工事を10回にわたって手掛けるなど、数多くの注目物件に携わってきた。平岩社長は、技術の高度な要求に応えるためにも「若手につなげる会社にならなければ」と、12年前から高卒者の定期採用を始め、入社後の育成にも力を注ぐ。大規模な現場を任せられる職長も育ってきた。

職人が高齢化している現状を改善し、将来につなぐ体制をつくろうと、05年に高卒者の新規採用に踏み切ることを決断。ハローワークを通じて求人を出し始めた。そうすると、秋田や岩手など東北地区から応募が来るなど思わぬ反響も。その後も求人を出し続けたことが信頼感につながり、3人程度で推移してきた新規採用数が今春は5人に増加。来年はさらに多い7人の入社が内定している。

引用:日刊建設工業新聞/技・人づくり専門工事業ファイル・1/平岩塗装

 

採用したら教育は当たり前ですね。
平岩塗装(株)では、週一で2年間研修を受講させているんですね。

採用した人材はすぐに、加盟する東京都塗装工業協同組合(東塗協)が運営する東京都塗装高等技術専門校に入れる。そこで週1回の技術研修を2年間みっちり受けさせる。並行して、常用工や下請の職長に若手を預け、OJTで現場経験を積ませる。

 

平岩社長が大切にされているポイントがここです。

「一人にさせないこと」

仲間とのコミュニケーションの活性化にも力を入れているのが伺えます。

「大事なのは、一人にさせないこと」。そう話す平岩社長は、社内の勉強会を定期的に催すなどして、仲間意識やコミュニケーションを醸成する機会を設けている。

 

また平岩社長さんは社員だけでなく、家族とのつながりを大切にしているのがわかります。

こういった気持ちが、人のご縁をひろげているんでしょうね。

平岩社長は、採用予定者の自宅を一軒ずつ回り、両親に会社や仕事の内容を説明する活動を続ける。「安心してお子さんを預けてもらう」ための配慮だが、いざ辞めたいと言い出したときに「会社にとどまるよう説得してもらえるのでは」との期待も込める。


 2020年東京五輪以降も建設需要は続きそうだ。平岩社長は「人を採用し、育てることが未来の発展につながる」と人材への投資を精力的に行い、技術を受け継いでいける体制を築いていきたい考えだ。

  

圧倒的な差につながる平岩塗装株式会社の採用ページ

平岩塗装株式会社の採用ページ

非常にシンプルな感じであまりお金をかけている感じはしないですね。

ただ、教育体系がしっかり組まれているのがわかります。

担当ごとに「職業能力体系」「教育訓練体系」が明確に示されています。

これが求人、職人スキル、仕事内容等が圧倒的な差につながる理由だなぁと思いました。

引用:平岩塗装株式会社の採用ページより

また、職人スキルだけでなく共通科目もしっかりと学ぶ体制になっているのは、いいですね。

・安全衛生法の基本 実務の応用
・コンプライアンス
・ビジネスマナー
・ITリテラシー
・PC操作(Excel、Word、パワーポイント、メール、SNS)
・プレゼンテーションの基本
・ビジネスコミュニケーション
・クレーム対応の基本
・リスクマネジメント
・会社の数字/事業戦略
・部下との関係構築(OJT指導基本 コーチング)
・雇用管理者研修(労務管理 建設業界の理解)

↑を職人さんが学ぶ体制になっているのは、なかなかないですよね。

これが他社との圧倒的な違いですね。

現場で技術、研修で知識、社会人マナーも学ぶ

「人を育てるというのは設備投資のようなものです。」

時間もかかるし、覚悟も大事だと平岩社長は言っています。

また、全国から何が何でも集めようという気持ち、覚悟が記事からも伝わってきますね。

そして現場のスキルだけでなく、社会人マナーもしっかり学べるところが他社との大きな差別化につながっていそうですね。

「人の手による仕事ですから、人を育てるというのは設備投資のようなものです」


 平岩社長は人材育成をそう表現する。ただし、設備投資と違って人材育成には費用だけでなく、時間も手間もかけなければ成果が得られない。会社としてもそれなりの覚悟を決めなければならないところだ。


 同社では12年前、本格的に人材育成に力を入れ始め、新卒採用を始めた。全国からさまざまな手段で人を募り、地方出身者のために寮を用意、足りなければ8割負担で外部のアパートを借りるなど破格の待遇で受け入れた。そんな会社の覚悟に応えるかのように、覚悟をもった人たちが集まったという。


 新入社員は入社後、1週間の研修を終えてすぐ現場に出て、指導係となる親方について塗装技術や仕事の進め方などを学んでいく。親方によって仕事の進め方や教え方はバラバラだが、会社としてはあえて統一せず、おのおのに任せるのが平岩塗装流。会社と親方とで「立派に育ってもらいたい」という根っこの思いを共有できているからこそ、信頼して任せられるのだろう。


 しかしその一方、現場だけではカバーしきれない領域があることも事実。現場では実践的な技術は身につくが、関連法規や塗料を配合するための化学的知識などを知識として学ぶことは難しい。そこを補うのが会社の役割ということになる。


 たとえば、2年間は外部の職業訓練校へ週1回通わせたり、外部セミナーへの参加を促したり、会社に塗料メーカーの人などを招いて勉強会を開いたりしている。また、電話対応や接客対応など社会人としてのマナーなど、一人前の職人であると同時に、一人前の社会人としての教育も行っている。


 「1年も経つと顔つきががらりと変わりますね。まだ子どもっぽさが残る18歳の子が、引き締まって職人らしい顔つきになるんですよ。そんな成長を見られるのも楽しみなところです」(平岩社長)

引用:カイシャハッケン伝/平岩塗装株式会社

 

まとめ

選ばれる会社には、理由があります。

工事もそうですが、求人についてもそうです。

この会社なら成長できる、活躍できるというのがわかるのが、若い人達に選ばれる理由の一つだろうと思いました。

  

若い人達が成長・活躍できる人材育成プログラムを作っていきませんか?

   

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

➡ Efyees㈱ 最新イベントのご案内

➡ 小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

➡ Efyees㈱ 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

➡ 人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

 

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

5年間で20人の若手職人が入社する素敵な会社

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

平均年齢51.5歳。
このままで進むと10年後の平均年齢が61.5歳。

当時職人数が34名だった左官の会社がありました。


それが約7年間で職人数も44名に増え、平均年齢39.25歳に若返り。
凄い会社ですね。

 

5年間で20人の若手職人が入社

札幌にある中屋敷左官工業株式会社という会社があります。

冒頭で記載した会社は、実はこの会社です。

体が資本の職人さん達。
確かに最近は60歳でも元気ですが、会社の平均年齢が60歳って、結構考えてしまいますよね。

でもこういった表を見せると「ヤバいぞ」っていうのがわかりやすいですね。
だって、平均年齢52歳だったら、恐らくなんとなくわかっているけど危機感は薄いと思います。

危機感を感じていなければ、人は動かないですからね。

引用:アメブロ 中屋敷社長がお伝えする現場レポート

添付資料だと7年間(平成23年から平成30年)ですが、ブログでは以下の様な文章がありました。


この5年間で20名の若手が入社し、離職者はたったの1名。
ベテランさんの引退も相まって、なんと今年はとうとう平均年齢が30台に突入


離職者も少ないし、若手も20人入るし、この人手不足の時代に本当に凄い会社ですね。

引用:アメブロ 中屋敷社長がお伝えする現場レポート

 

  

昔は若手が辞めていく会社だったが・・・

中屋敷左官工業株式会社さんの育成・採用ページです。

見てもらうとわかりますが、とことん育成するし、それによって結果もださせますよ、というのがとても伝わってきますね。

人手不足の時代に若手がどんどん入社する会社、羨ましいですね。

いつからこうなったのか?何かキッカケがあったのか、調べてみました。

そしたら記事がありました。



やはり、昔は若者がすぐ辞めてしまう状況だったんですね。

 

離職者が後を絶たない状況に苦慮していた中屋敷剛社長が、あることをきっかけに一念発起したのが6年前。採用と教育を抜本的に見直すことで、高齢化が進行する業界内にあって社員の若返りを図り、事業の活性化につなげている。
売り上げは伸ばしつつも、採用した若者がすぐに辞めてしまうという悩みを抱えていた。


ある日、女性事務員に頼んで作成した5年後、10年後の従業員名簿を見て、高齢化の進行にがくぜんとした。「これでは未来がない」。中屋敷氏は、これまでの求人のやり方を抜本的に改めようと考えた。

引用:日刊建設工業新聞/技・人づくり専門工事業ファイル・6/中屋敷左官工業/現代版「仕事は見て盗む」実践

 

新しい会社の案内作りから取りかかり、北海道内の全ての工業高校に配布しています。その効果があったようです。

 まず取り組んだのが、新しい会社案内作り。「お客さまと共に喜びや感動を創造」「左官の伝統技術を継承しながら常に新しいことに挑戦」「左官の素晴らしさを世の中に広めていく」。そんな企業理念を前面に押し出し、人材育成手法や独自工法によるトラブル解決、2008年に開かれた洞爺湖サミット(第34回主要国首脳会議)の会食会場の施工実績などを紹介した冊子を北海道内すべての工業高校に配布した。


 その効果で5年前、高卒者を中心に18、19歳の若者6人の採用に成功。以来18人の若手が入ってきた。今では採用人数よりも応募人数の方が多い。この間に辞めたのはわずか1人。3年で半数が離職するといわれる業界の中で抜群の定着率を誇る。

引用:日刊建設工業新聞/技・人づくり専門工事業ファイル・6/中屋敷左官工業/現代版「仕事は見て盗む」実践

  

ここが大事なポイントです。

新入社員向けの即戦力プログラムを、自社の職長さん達にヒアリングして作成。

また入社1ヶ月は現場に出さず、徹底して研修をするというのも大きな特徴ですね。

中屋敷社長が作成した新入社員向けの即戦力プログラムには、自社の職長たちに「新人を預かるなら、何ができていてほしいか」をヒアリングした成果を落とし込んだ。


 プログラムでは、入社から1カ月間は現場に出さずに研修に充てる。午前中の座学で「働くとは」「学生と社会人の違い」「左官の仕事」などから始め、学んだことをその場ですぐに実践するスタイルで身に付けさせる。そして午後は、「モデリング手法」による塗り壁トレーニング。映像に収めた一流職人の動きをまねながら、目の前のボードに塗っては剥がす作業をひたすら繰り返す。目標は1時間で20回。中屋敷社長はこれを「『仕事は見て盗むもの』の現代版」という。

引用:日刊建設工業新聞/技・人づくり専門工事業ファイル・6/中屋敷左官工業/現代版「仕事は見て盗む」実践

 

大事なキーワードがでてきました。


「自分を育ててくれそうな会社」


これとても大事なキーワードですね。
なぜ若手がこの会社を選ぶのか。

まさに、「自分を育ててくれそうな会社」だからですね。

そして他社との圧倒的な違いもこの部分ですからね。

だから若い人が集まるわけですね。

少子高齢化が加速する今後は、「自分を育ててくれそうな会社」がキーワードになるとみる中屋敷社長は昨年、札幌市の隣の石狩市内に自前の左官技能研修センターを開設した。入社5年目をターゲットにした中期プログラムの実践を含め、職人としてさらなる高みを目指せる「場」と位置付けている。

引用:日刊建設工業新聞/技・人づくり専門工事業ファイル・6/中屋敷左官工業/現代版「仕事は見て盗む」実践

まとめ

人手不足ではありますが、集まるところに集まっています。

それは、なぜか?

「自分を育ててくれそうな会社」だからです。

人材育成は、求人、定着率に大きな影響を与えます。

早目に取り組んだ会社が、更に大きくなりそうですね。

  

「自分を育ててくれそうな会社」をアピールするために何をしていきますか?

  

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

➡ Efyees㈱ 最新イベントのご案内

➡ 小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

➡ Efyees㈱ 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

➡ 人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

 

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

就活生が会社に求めるものって?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

あなたが与えたいものを与えるのではなく
相手が欲しいものを与える。

言われれば当たり前ですが、求人についても基本同じですよね。

人材募集をする際に、どんなことを意識してメッセージを作ってますか?

 

学生の企業に対する意識調査

企業が学生にオファーを送る新卒採用サイト「OfferBox(オファーボックス)」を運営する、株式会社i-plug(大阪市淀川区、代表 中野智哉)は2018年1月、2019年卒の学生向けに「働き方」に関する意識調査を実施し、結果を発表しました。

新卒の方が「働き方」に対してどのようなことに意識をされているのか、とても気になりますね。

具体的には、以下のような質問ですが、気になりませんか?

Q1.どのような企業に魅力を感じるか?

Q2.働き方について気にしているポイントは?


例えばQ1で「給料の高い企業に魅力を感じる」が人気であれば、給料を稼げるイメージをアピールすることは大事ですよね。

では実際にどうだったのでしょうか?

 

Q1.どのような企業に魅力を感じるか(複数回答)

引用:就活生『働き方』意識調査・2019年卒は「安定性」より「将来性」より

約6割が「長時間労働の有無」と「有休取得」を気にする
仕事は「やりたいこと」より「活躍し評価されたい」

「将来性がある」を選んだ人は昨年の55.2%から60.3%にアップしました。「安定した事業を続けている」を選んだ人は、昨年の45.0%から37.4%にダウン。

安定よりも将来性を重視する傾向強まっていることがうかがえます。「産休育休後の復職率」と回答しているのは女性のみであると考えられることから、実態は28.1%の倍程度の割合であると推測できます(回答者:男性52.8%、女性46.6%、その他0.5%)。

「多様な働き方の制度が整っている」と回答した学生は39.2%という結果になりました。


引用:就活生『働き方』意識調査・2019年卒は「安定性」より「将来性」

1.社内の雰囲気が良い
2.成長できる環境がある
3.将来性がある
4.給与が高い
5.理念・ビジョンに共感できる


上位5位まで書きましたが、いかがでしょうか?
実は「給与」というのは4位なんですね。

彼らが求めているのは「社内の雰囲気の良さ」です。


では続いてQ2です。
 

Q2.働き方について気にしているポイント(複数回答)

引用:就活生『働き方』意識調査・2019年卒は「安定性」より「将来性」より

半数以上の学生が「長時間労働やサービス残業があるか」(64.4%) 、「有給休暇が取得しやすいか」(55.4%)を気にすると回答。

さらに具体的な項目である「結婚後の待遇、働き方を考慮してくれるか」については43.6%が、「時短・リモートワーク・副業OKなど柔軟な制度があるか」の項目に関しては25.0%が気にすると回答しています。

「がむしゃらに働くので働き方は気にしない」に関しては、昨年の調査で11.8%でしたが、今年の調査では7.1%とダウンした結果となりました。


引用:就活生『働き方』意識調査・2019年卒は「安定性」より「将来性」

1.長時間労働やサービス残業
2.有給休暇の取得しやすさ
3.結婚後の待遇、働き方考慮
4.時短・リモートワーク・副業OK
5.今は気にしない、のちのち重視


「長時間労働」や「有給休暇」は就活生も気になっているんですね。

ニュースで働き方改革と言ってますから、このような結果に影響もありそうですね。

  

親にも良いイメージを持ってもらうことが大事

冒頭でもお話ししましたが、あなたが与えたいものを与えるのではなく
相手が欲しいものを与える。

就活生のアンケート結果があるとわかりやすいですよね。

長時間労働や有給取得は、売上や利益にかかわってきますが、「社内の雰囲気がよい」というのは、お金にあまり影響なくできるからいいですよね。

また、求人広告を考える際、就活生だけを考えてもダメな場合があります。

それは、学生さんがその会社に就職したいと思っても、家族から反対があるからです。

例えば最近はアルバイトを辞めるのに、親からの電話があるという話も聞きます。

過保護という割合が増えているかもしれませんが、親の影響もかなりあるという認識をした方がよさそうです。

だから、就活生だけでなく、相手の親に対してもいいイメージが持てるようなアピールが大切ですね。

  

まとめ

自分たちの価値観と就活生の人たちが求めているモノって、全然違うんですよね。

ここをわからずに、がむしゃらに求人を出しても、相手は反応しません。

ポイントは「相手が欲しいものを与える」です。

学生の価値観も徐々に変わってきてますから、常に情報収集は大事ですね。

 

あなたの会社のどの魅力が、就活生に響きますか?

   

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

➡ Efyees㈱ 最新イベントのご案内

➡ 小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

➡ Efyees㈱ 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

➡ 人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

 

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

若い人達に入社してもらうには?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

人材不足がますます加速する中、あなたは求人を諦めますか?

それとももっとお金をかけて求人広告を行っていきますか?

 

人手不足倒産がますます増えてます

人手不足関連倒産が6カ月連続で前年月を上回っている状況で、ますます人手不足による影響が今後も出てきそうです。

出典:9月の「人手不足」関連倒産は27件、6カ月連続で前年同月を上回る


だからこそ今後求められるのが求人力です。

求人力もなく、職場定着率も低ければ、確実に倒産への道を歩んでいます。

うちの会社に限って大丈夫、と思っていても、若い人達はいい条件の会社にどんどん転職していくでしょう。

だって一生働くなら、素敵な会社で働き続けたいですよね。

売上アップも大事ですが、人がいなくなってしまっては話になりません。

どうやら社員が働き続けたくなる職場環境が求人にも社員の定着率アップにも影響を与えそうです。

 

求めているものに対してそれを提供する

以下はお見合いのプロフィールシートです。

・年齢37歳
・身長160cm
・体重60kg
・会社員
・日曜休み
・趣味は映画、読書
・年収は530万円
・タバコは吸わない
・お酒は少々

これを見て、女性は会いたいと思いますか?
まぁ、特に特徴もなく普通ですよね。

実は会社の求人情報もある意味同じです。

あなたの会社の求人情報を見て、この会社に入社したいのか、ということです。


今若い人達が求めているのは、ワークライフバランスです。

「給料が上がる」のと「自分の自由な時間が増える」のとでは
どっちがいいか?という質問に対して、

最近の若い人達は「自分の自由な時間が増える」を選ぶようです。


魚を釣る際、釣る魚の種類によって餌を変えていきます。

それと同様で、相手が何を求めているのか?それに対して求めているものを提供する。

それはごく当たり前です。

若い人達が自分たちの自由な時間に対しての要求があるのに、残業多く仕事をしている職場環境では求人募集をしても人は入ってこないでしょうし、仮に入ってもすぐ辞められるのが現状ではないでしょうか?


ただ、今後法律が変わります。

時間外労働時間も45時間/月以内であったり、5日間以上の年次有給休暇の取得義務化であったりと法律が変わってきます。

ますます経営するにあたって条件は厳しくなってきますが、それは他の会社も同じです。

であるならば、早く取り組んだ方が有利ですね。

求人と法改正に向けて、よりよい職場環境を作るために改革を起こしていきませんか?

   

まとめ

人がいなくなる、そして法律によって残業もできなくなり、有給取得の義務化と更に労働生産性が求められる時代になってきます。

この波に対して飲み込まれてしまうのか、それともこれを社内改革に活かしていくのかは、あなた次第です。

ピンチはチャンスという言葉があるように、より良い方向に活かしていきたいですね。

  

求人力アップ、生産性アップのために何を始めますか?

    

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

➡ Efyees㈱ 最新イベントのご案内

➡ 小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

➡ Efyees㈱ 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

➡ 人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

 

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

卑屈だった私

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

ほめても素直に受け取らない、また「私なんてまだまだなんです」という言葉を発する。

こういった経営者の方と出会って思うのが、もったいないなぁと。

昔の自分もそうだったのですが、変な謙虚さと勘違いしている場合があります。

こっちがあなたに対してそう思って褒めているんだから、受け取ってくれよ~。

 

褒めても受け取らないのは謙虚?

褒めても素直に受け取らない。

非常にもったいないですよね。

そういう人が大きな結果を出しても「たまたまなんです」とこれまた素直に受け入れない・・・。

いつになったら素直に受け入れるのか。

恐らく考え方が変わらないと、どんな結果を出してもずっとこんな感じが続きます。



私は昔、結果を出して褒められた時、こう言ったことがありました。

「私より〇〇さんの方が凄いです。」

そしたら、その方から

「卑屈と謙虚の違いは分かるか?」

「卑屈と謙虚?・・・。」

  

卑屈だった自分

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という有名な言葉があります。

結果が出るほど、謙虚な姿勢で人に接することという意味で使われていますが、謙虚さってそもそも何でしょうか?

謙虚とは?で調べると、

「自分を偉いものと思わず、すなおに他に学ぶ気持があること」

と、ありました。


では卑屈とは?

「いじけて、必要以上に自分をとるに足りないものとして下げること。また、そのさま」

と、ありました。


なので相手を褒めた時に、それを素直に受け取らない、または私のように褒められているのに「いやいや、私より〇〇さんの方が凄いです」と自らとるに足らないと下げて表現しているのは、まさに卑屈なんですね。

この心理は、自分に自信がない、または他者との比較で自分を見て、表現している場合が多いです。

私達は他者との関係で生きているので他者との比較が起きるのはごく自然ですが、その比較をどう活かしていくかがとても大切です。


他者との比較において、相手に憧れを感じ

「よし、俺もあの人のようになろう!!」

なのか、相手と比較し自分の劣っているところを見つけ、結果を出しているのに

「まだまだなんです」

と、心が卑屈になっていくのかは、あなたの考え方次第です。


どちっちが正解不正解はないですが、人生面白く生きていたいじゃないですか?

ならば、卑屈ではなく、相手に憧れを感じ「ワクワク」「イキイキ」といたいですよね。

卑屈は未来に対しての事前の言い訳である

私が卑屈と謙虚について考えていた時、以下の記事に出会い考え方が大きく変わりました。

この記事に出会って「私なんて」や「私より〇〇さんの方が凄いです」みたいな敢えて自分を下がるような表現は使わなくなりました。

 

謙虚であることと、卑屈であることは違う。
ここのところを履き違えている者がたまに居る。


例えば集団の中で道化のようにふるまったり本人は善意のつもりでいるものも始末が悪い。

謙虚とは、自分の力を必要以上誇示したり自慢したりしない態度のことだ。
謙虚な態度というものは悪いことではない。

特に、空手など武道の心得がある者は、こちらの不注意な言動で知らぬ間に一般の人にプレッシャーをかけることもあるので、常に謙虚な態度を心がけることは良いことだ。

ただ謙虚も度が過ぎると慇懃無礼になることもあるので程度はわきまえる必要があるが。

一方卑屈というのはその根本がまるで違う。


最初から自分を負け犬にしてしまい、そこから発する自嘲的な言葉で精神のバランスを取ろうとする態度を卑屈と言う。

「どうせ」とか「所詮」とか「もともと」といった言葉ではじまる自嘲的な言い訳がその特徴だ。

「どうせ私のような・・・・・・には・・・・・・・・」

「所詮・・・・な者はどんなにがんばっても・・・・・・」

「もともと・・・・が違うんで・・・・・・・」

こういう言葉を発する心根を卑屈という。

卑屈な態度をとるというのは、本人が謙虚なためではない。

失敗しそうなとき、事前にこうした逃げの言葉を発することで失敗したときの安住の場所を確保するためのものだ。

「もともと、無理なものは無理であって、所詮無駄な努力はしても無駄で、どうせ失敗することはわかっていたのだ」という完璧な言い訳が構築できるのだ。

引用:卑屈と謙虚

 

自信がないからつい卑屈になってしまいますが、こういった心理がわかると、少し気分が楽になります。

また、卑屈になる自分を変えたいなら、まずは自分の心の自覚からがスタートです。

「私なんて・・・」と出てきたら、「おっと、卑屈になってきたぞ~」です。

この自覚が、あなたの考え方の変化を起こさせます。

  

まとめ

相手から褒められているなら、素直に受け取りましょう。

「ありがとうございます。」って言って。

最近は褒められたら「ありがとうございます。もっと言ってください」と更に言ってます。笑

昔と比べるとだいぶ変わったなぁと思います。

心が本当に楽になりました。

合言葉ではないですが、褒められたら「ありがとうございます!!」です。

  

あなたも卑屈の自分から卒業しませんか?

    

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

➡ Efyees㈱ 最新イベントのご案内

➡ 小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

➡ Efyees㈱ 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

➡ 人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

 

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

専門工事会社に対しての評価制度でできる会社の見える化

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

工事会社に対しても評価制度によって見える化の動きがあります。

施工能力等の高い専門工事企業が、単なる価格競争ではなく、適正に評価され
るようにすることで、これらの企業が選ばれる環境を整備すること。

また、技能労働者の処遇改善や人材への投資につながる好循環を生み
出すことを目的としてます。

早目にチェックしておいた方がよさそうですね。

 

見える化する共通項目

国交省が今年の4月から学識経験者や建設業関係団体から構成される「専門工事企業の施工能力の見える化等に関する検討会」を5回にわたり開催し、具体的な検討を行ってきました。

目的は、人を大切にし、施工能力等の高い専門工事企業が適正に評価され、お客様に選ばれること。

そのために、建設技能者の就業履歴や保有資格を業界統一のルールで蓄積し、個々の技能者を経験や技能に応じて適正に評価するための仕組みである「建設キャリアアップシステム」の本格運用が、来年春に開始される予定です。

これによって専門工事企業の施工能力等の見える化を進め、良い職人を育て、雇用する専門工事企業が選ばれる環境を整備することが今後求められます。


専門工事会社の評価のポイントは、「共通項目」と「選択項目」があります。


「共通項目」は、

1 基礎情報

1-1 建設業許可の有無
・建設業許可業者は、経営力、業種ごとの技術力、誠実性、財産的基礎の要件を満たしており、基礎情報として不可欠である。

1-2 建設業の営業年数
・営業年数の期間は、各専門工事企業のHPに掲載があり、信用情報になるので、見える化する情報として必要である。

1-3 財務状況等
・財務状況の指標については、施主、エンドユーザー、元請企業及び設計事務所等を含めた様々な利用者に対して、当該専門工事企業の財務の健全性を示す一つの指標であるため、一般的に入手や理解が容易な指標とすべきであり、かつ、当該専門工事企業の大まかな健全性を示す指標とすべきである。
・一方、決算書の真正性、評価の公平性の観点からは、指標による 項目立てが困難なことが想定されることから、例えば、建設キャリアアップシステムの事業者情報にある資本金、売上高(完成工事高)掲載することが考えられる。
・方向性としては、建設キャリアアップシステムにおける既存データの資本金、売上高の項目を見える化することを基本とし、選択項目として指標を立てる検討を行うこととする。

1-4 取引先
・施主、エンドユーザー、元請企業及び設計事務所等を含めた様々な利用者に対して、アピールする内容であり、また、施工能力を示す項目となり得るものであるため、見える化する情報として必要である。なお、「取引銀行」は、必ずしも財務の健全性を示すものとなる項目ではないので、選択項目として、検討を行う。

1-5 社員数
・専門工事企業の実態を確認する上でも必要な情報となるものであり、必要な項目である。また。社員数のデータを基に選択項目として、社会保険加入率を指標とすることも考えられる。


1-6 団体加入
・専門工事業団体は、見える化制度の運営、スキームにおいて主体的な役割を果たすことを検討しており、見える化する情報として必要な項目である。


2 施工能力

2-1 建設技能者の人数
・自社で雇用している建設技能者について、キャリアアップカードの保有人数、レベルごとの人数、建設技能者に占めるレベルごとの割合を見える化する情報とする。
・自社で雇用している建設技能者数等の見える化とあわせて、協力会社の建設技能者数等の動員力の指標を選択項目として検討する。
・方向性としては、選択項目として動員力の見える化を行い、動員力の数値化は建設キャリアアップシステムのデータと連動して行うことができないか検討する。
・動員力の見える化には多様な考え方があり、見える化制度がエンドユーザーへアピールするものであ ること、また、簡便性の観点からは、協力会社を含めた動員数ではなく、過去の企業における動員数(過去〇年分の建設技能者数(うちカード保有者数)等)、施工実績、取引企業等を総合すれば、当該企業の動員力が見える化されると言えないか。

2-2 施工実績
・施主、エンドユーザー、元請企業及び設計事務所等を含めた様々な利用者に対して、アピールする内容であり、また、施工能力を示す項目となり得るものであるため、見える化する情報として必要である。


3 コンプライアンス

3-1 法令遵守
3-2 社会保険加入状況
・法令遵守、社会保険加入状況の項目はネガティブチェック、健全リストとしての活用が考えられるため、見える化する情報として必要である。

  

引用:「専門工事企業の施工能力の見える化等に関する検討会」資料より

 

見える化する選択項目

業界共通の共通項目以外のモノは「選択項目」になってます。

「選択項目」は、

1 施工能力
1-1 建機の保有状況
・建機については業種ごとに保有状況が異なる状況ある。
・建機の経過年数、大型、小型の別の評価を個別に評価すべきではないか。

1-2 表彰
・優良工事表彰、優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)で評価出来ないか。

1-3 最大請負金額
・自社における1件あたりの最大請負金額

1-4 協力会社
・専門工事企業における動員力


2 法令遵守・安全衛生
2-1 労働時間
・直近の事業年度の1月平均の時間外労働時間

2-2 安全関係団体加入状況
・建設業労働災害防止協会への加入の有無(COHSMSの導入の有無)


3 処遇・福利厚生
3-1 給与制度
・月給制、日給月給制等の給与制度

3-2 休暇制度
・週休日数制度

3-3 労務管理
・就業規則の有無
・36協定締結の有無


4 人材確保育成
4-1 若年者の確保育成状況
・基準日に35歳未満の技能労働者の割合
・基準日に35歳未満で対象年内に新たに技能労働者となった者の人数、割合
ユースエール認定の取得の有無

4-2 女性の確保育成状況
・女性技能労働者の人数、割合
えるぼしくるみん認定・プラチナくるみん認定の取得の有無

4-3 研修・訓練の実施状況
職業訓練校の活用等

4-4 建設技能者の定着率
・建設技能者の勤続年数(研修等の年間費用、訓練校の活用数、資格試験、受験者数 等)


5 地域貢献その他
5-1 防災活動への貢献状況
防災協定締結の有無

5-2 国際標準化機構が定めた規格による登録状況
・ISO9001、ISO14001の登録の有無

5-3 生産性向上・技術開発
NETISの登録等の有無、その他生産性向上の取組

5-4 民事再生法等の適用の有無
・民事再生法又は会社更生法の適用有無

5-5 災害時対応
BCP(事業継続計画)策定の有無

5-6 経営力
中小企業等経営強化法に基づく経営力向上計画の認定の有無

  

引用:「専門工事企業の施工能力の見える化等に関する検討会」資料より

 

まだサンプルのようですが、以下のような感じで星(★印)を使って、表記をしていくようなイメージですかね。

引用:「専門工事企業の施工能力の見える化等に関する検討会」資料より

  

まとめ

早目早目の行動が、選ばれる企業になります。
また、真面目に行っているのに、適正に評価されていないなんて悲しいですよね。

建設キャリアアップシステムの導入は、早目に行っておいた方がよさそうです。
あなたが行なってなくても、選ばれる企業は当然建設キャリアアップを導入していて、同じように導入している企業を探します。

また、今回記載した見える化する共通項目の「基礎情報」「施工能力」「コンプライアンス」については、チェックしておいてくださいね。

  

選ばれる企業になるために、何をしていきますか?

   

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

➡ Efyees㈱ 最新イベントのご案内

➡ 小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

➡ Efyees㈱ 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

➡ 人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

 

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

「遊び心」がビジネスに必要な「工夫力」「発想力」「創造力」を大きく育てる

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

仕事ができる人は遊び心があります。
これ、ホントの事です。

遊び心の敵は「まじめ」です。
真面目が悪いとは言っていません。
不真面目になりなさい、とも言っていません。

ビジネスで結果を出すためには、遊び心はとても必要です。

 

通販生活からの面白商品

昨年、研修講師をしている関係で通販生活でしか売っていないのどミストを購入しました。

それからこの「通販生活」の雑誌がくるのですが、面白い商品があったのでご紹介します。

以下の雑誌の表紙は90歳の自撮りのキミちゃん。
流石ですね~。

 

↓ 一見何気ないTシャツですが、アイコンでコミュニケーションを取っていくモノです。今後オリンピックで外国人旅行者が増える中、言葉がわからなくてもコミュニケーションができるというのは、とても素晴らしいですね。ただ仕事で女性に着てもらい活用するのは、確実にセクハラになりますね。(笑)あと、アイコンを工夫すれば技能実習生に対しても使えるかなと思いました。


 

↓ ソファの肘掛けにコップが置けるって素晴らしくないですか?日常のちょっとした不満をビジネスに変えています。多くの場合、ちょっとした不満を「しょうがないだろ」で諦めます。でもその不満を何とかしようと工夫してビジネスにしている人がいます。これが本当に大事です。建設業の現場はある意味不満の倉庫。その不満を「しょうがいない」で片付けるのではなく、生産性向上につなげていきませんか?

 

↓ 「玄関飛び石マット」なるほど~、って思いませんか?玄関が広いと確かにこういうのがあると便利ですよね。まぁたいがいサンダルを踏みつけて扉を開けるかもしれませんがね。これも先ほどと同じで、ちょっとした不満をそのままにせず商品に変えていますね。

 

↓ こちらは遊び心というより、エロ心満載です。(笑)「聴診器当てますから、シャツまくってください」と言われたら、スルスルとTシャツが上がっていく。販売サイズはメンズサイズのみだし、それなのに女性モデルだし、突っ込みどころも多い商品ですが、面白いアイデアですね。恐らく病気の際に実際にこれきて病院にいったら、「そうだね~、これを着てくる余裕があるなら大丈夫だよ」と医者に言われるでしょうけどね。価格が¥6,069。Tシャツですがアイデアによって付加価値が載っていますね。

 

↓ 醤油を入れると、猫の絵がより鮮明に浮かび上がる。猫好きにはたまらない商品です。この商品は、どのように生まれたのか?醤油皿がなんか面白くないんだよなぁ~という日常のちょっとした不満からよりは、「遊び心」からですかね。食卓が楽しくなりそうです。


  

LINE NEWSからの面白商品

↓ 今までのが「通販生活」でしたが、こっちはLINE NEWSです。蛇口がさかさま。面白いですね~。もし部下が、「社長、蛇口を上下さかさまに付けるアイデアはいかがでしょうか?」と言ってきたら、あなたは何て答えますか?「バカ野郎!!」ですか?それとも「面白いね~」ですか?心に余裕がなく仕事をこなすことしか考えていなければ、恐らくこういう発想は出てこないでしょうね。こういった遊び心は、ビジネスに必要な「工夫力」「発想力」「創造力」を大きく育てます。

 

まとめ

真面目な社員は、社長にとっては都合のいい社員かもしれません。ただ真面目だけでは、ビジネスの発展にはつながりません。

例えば会議をして、発言をしろと言っても指示命令やルールに従っている従業員では役に立つアイデアは出てこないでしょう。

なぜなら、「工夫力」「発想力」「創造力」を鍛えていないから。
そして、怒られない様にと恐怖心で仕事をしている人は、「責任回避力」が育っているかもしれませんね。

「遊び心」育てていきませんか?

 

社員の「遊び心」を育てるために何をしていきますか?

  

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

Efyees 最新イベントのご案内

小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

Efyees 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

30秒が1億円の付加価値になる方法

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

「人材」から「人財」へ
これが一つのEfyeesとしての人財育成のテーマです。

 

未来の波に備えての準備

人材不足で仕事が溢れている中、ある意味仕事には困っていない人が多いと思います。

ただ経営者として考えないといけないのは、景気には波があるという事。

今はよくても必ず厳しい時が来ます。

また日本はよくてもリーマンショックのように突然海外の影響を受ける場合もあります。

そのためにも、未来の波に備えてどんな準備をしていかないといけないかを考えないといけません。

  

人財育成3Step

人材育成をする上で考えているのが、以下の3ステップです。

Step 1 利益アップ

Step 2 直請アップ

Step 3 単価アップ


経営をすると売上にフォーカスが当たりますが、大切なのは売上より利益です。
現時点の商品・サービスで利益アップは必ずできます。
それができていない中で、Step2の直請アップや新商品を考えてのStep3単価アップは難しいです。

とは言え、興味を持つのはStep3の単価アップなので、そこの話をします。

単価が10倍?コーヒーの付加価値

単価アップを話する際わかりやすいのが、コーヒーです。


マックのコーヒー:100円
スタバのコーヒー:500円
リッツカールトンのコーヒー:1,000円

だったとしましょう。

なぜコーヒーを買っているのに、こんなにも値段が違うのか?

リッツカールトンのコーヒーはマックの10倍ですよ。
不思議だと思いませんか?


コーヒー豆の値段の違いはあるでしょう。
でもどれだけの違いがあるのでしょうか?


マックの100円コーヒーに対して、900円の単価が乗っているリッツカールトンのコーヒー。

この900円の部分を付加価値といっています。

 

30秒が1億円の付加価値になる方法

天才画家ピカソの面白い話があります。

  

ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性がこう話しかけてきたそうです。

「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙に一つ絵を描いてくれませんか?」

ピカソは彼女に微笑み、たった30秒ほどで小さいながらも美しい絵を描きました。

そして、彼女へと手渡しこう続けます。

「この絵の価格は、100万ドルです」

女性は驚きました。

「ピカソさん、だってこの絵を描くのにたったの『30秒』しかかかっていないのですよ?」

ピカソは笑います。

「30年と30秒ですよ」

引用:「この紙に絵を描いてくれませんか?」熱望するファンに対するピカソの行動

 

30秒ほどで描いた絵が100万ドル。

1ドル100円なら1億円です。

わお~、ですよね。


そして「30秒しかかかっていないですよ」という言葉に

「30年と30秒ですよ」という返答もカッコいいですね。


紙と絵を描いたインク代はたかがしれてますから、絵の値段ってまさに付加価値ですよね。



仮に工事をする際1人工2万円だったとしましょう。

コーヒーの例だと、10倍の単価で売っているわけですから、1人工20万円ということです。

ピカソの例で考えると、とても安いですけどね。(笑)


ここでのポイントは、相手に値段を提示するという事は自分自身に単価を付けるという事です。

「俺には1人工20万円の価値がある」そう言い切れる自信がとても大事だという事です。

そうなるためには、日々の積み重ねです。

超人になると30年と30秒の積み重ねが、1億円という価値を提示しているわけですから。


Efyeesの人材育成は、表面上のテクニックではなくあなた自身の、そして社員一人一人の付加価値アップのための教育をしています。


 

さて、 Efyeesの教育が体験できる イベントのご案内です。
人材不足の中、今後ますます大切になってくるのが人を大切にする経営です。

そこで、人を大切にして成果をあげ続けている企業を学び、交流を深める会を行います。

イベント名は、「社員・協力会社を大切にする経営飲み会」です。

日時は、2018/11/21(水)18:30~です。

当日お会いできるのを楽しみにしてます。

  

まとめ

ビジネスをする上で付加価値は、とても重要です。

人って慣れや飽きというのがあります。

高い商品でも、いつかは飽きてしまいます。

だから、常に付加価値を生み続けることが大事であり、新商品が常に出ているわけです。

ただ、自分自身の付加価値を上げていくというのは、日々の積み重ねです。

あなたの日々の積み重ねが、付加価値を積み上げていきます。

職人として生きるというのは、そういう事ではないでしょうか?

  

付加価値を高めるために日々何をしていますか?

   

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

➡ Efyees㈱ 最新イベントのご案内

➡ 小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

➡ Efyees㈱ 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

➡ 人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

 

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

採用枠に対して何十倍もの応募がある会社

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

以下のような記事がありました。

「人材採用難」がトップ / 能率協会調査で経営課題浮き彫り / 売上より人材強化

売上より人材強化。

昔では考えられませんでしたが、いよいよ人材不足問題が深刻になってきましたね。

 

「売上」より「人材強化」

建設業は、人がいなければ仕事になりません。

ますます人手不足が深刻になる中、人材確保、人材育成は欠かせません。

上記記事でも「売上」より「人材強化」です。

社員が働きたい魅力的な職場環境を作るために何をしていますか?

  

採用枠に対して何十倍もの応募がある会社

結果を出している事例から考えるとわかりやすいです。

向洋電機土木株式会社という会社があります。

この会社は、毎年1,2名の新卒採用に対し、ここ何年かは何十倍もの学生から応募があるようです。

凄くないですか?


では、何をしたのか?

それは、「柔軟な働き方制度」と「人材育成」に力を入れたから大きく変革ができたと以下の記事ではいっています。

  

人材育成では、資格制度取得に力を入れたようですが、社員のみならず協力会社の方を含めて支援しているというのは凄いですね。

ワークライフバランスと人材育成のどちらも強力に推進していて、そこにかけている労力は他社と比べてもかなり極端なレベル



ひとりひとりの家族構成やライフステージによって理想のバランスの取り方、そのために必要な制度は異なる。

だから、用意された制度を何でも使えば良い、というものではない。

同社では、個別(時には配偶者も呼び出して!)のコーチング、カウンセリングなどをかなりじっくり行い、制度をひとりひとりのニーズにマッチした形で活用できるようにしている。



資格についても、単に「資格を取りなさい」言うだけでは社員は動かないことが分かっているからこそ、勉強の計画を立て、必要な申請書も準備するなど、手取り足取りお膳立てをする。

そうやって社員がやらざるを得ない状況を作ることで、多数の合格者排出という実績をあげているのだ。
 

引用: 社員の成長を徹底的にフォローする会社

 

手厚いサポートをしてますね。

1人ひとりのライフステージに合わせ、制度を作っていく。
そして資格取得のために、勉強の準備や申請書の準備など、徹底的にサポートしていく。

ある意味甘やかしとも取れますが、これが結果的に合格率のアップや人材採用アップにつながっています。

いいですよね。


こういった会社が今後はどんどん増えてくるでしょう。

社員の方が大切にされている感が伝わりますからね。

   

まとめ

「人材確保」と「人材育成」はますます重要です。

人材不足であれば、別な見方をすると社員はどんどん転職しやすい状況になります。

その時に、会社を辞める理由として会社から大切にされている感を感じなければ、次いきたいところは会社から大切にされる感を感じるところです。

今後ますます社員を大切にする会社が伸びていきそうです。

  

社員の方は、会社からどのくらい大切にされている感を感じていますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

➡ Efyees㈱ 最新イベントのご案内

➡ 小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

➡ Efyees㈱ 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

➡ 人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

 

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

人手不足は転職しやすい状況です

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

どの業界も人手不足で、どの会社も人が欲しいと考えてます。

この状況は、今後ますますひどくなる中、あなたはどうしようと考えていますか?

 

人手不足は転職しやすい状況である

人材不足で仕事が溢れている中、社長さんは人を増やしたいと考えています。

同じように社員も「社長、人いないですか?仕事多いですよ~。社員増やしてくれませんか?」と考えます。

最近はよくある状況だと思います。


ただ、一方知っておいて欲しいのが、今は社員の方が非常に転職しやすい状況だという事です。

どの会社も人が欲しいわけですから。


先日ある社長さんから、

「小宮さん、大きな物件を受注したんですが、実は受注後に人に辞められて・・・。」

非常につらいですね。


今後、ますます人手不足の中、この様な状況が増えてくると思います。

だからこそ大切なのが、職場環境の改善であり、社員との人間関係の構築です。

  

独裁者たちの人を動かす技術

社員の方は、一生懸命仕事をしています。その中で人を動かし、更にステップアップしていくためには、人を動かす力を身に付けなければいけません。

面白い本がありました。

『独裁者たちの人を動かす技術』というほんです。

一般的に嫌われ者の独裁者ですが、本当に嫌われていたら人の上に立つことはできません。

彼らが何をしていたかというと、結局人を動かす時の基本的なことをしています。


1.弱者の立場に立つ

2.功績を称える

3.耳を傾ける

4.現場に出る


・弱者の立場に立ち、彼らの悩みを解決する
・何か結果を出したら、褒める
・社員の話を親身に聞く
・現場に出て、状況を確認する

ごく当たり前のことですね。
独裁者だから、もっと酷いことをしているのかと思いきや、そうではないですね。


ただ忙しくなると、この当たり前の事が出来なくなってきます。

あるいは、非常に冷たい対応になってきます。

・悩みを聞かない
・結果を出しても褒めない
・親身に話を聞かない
・現場にも出ない

こうなると、社員は大切にされている感がなく、社長から心が離れていきます。

そしていつか辞めてしまうという状況になります。

そうなってしまっては遅いですよね。


人がいなく、仕事が溢れている状況ですが、だからこそ社員とのコミュニケーションを大切にしてください。

そして職場環境の改善につめてくださいね。

 

まとめ

人手不足はますます深刻になる状況です。

そしてそれは社員がますます動きやすい環境だという事です。

給料や休みという基本的な条件もそうですが、もっと大事なのは社長とのコミュニケーションです。

それによって社長から大切にされていると実感できるかどうかです。

人手不足倒産という状況になる前に、何か新しい一歩を踏み出してくださいね。

 

社長から大切にされていると社員が実感するために、何をしますか?

   

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

➡ Efyees㈱ 最新イベントのご案内

➡ 小宮のFacebook(フォロー大歓迎)

➡ Efyees㈱ 公式Facebookページ(いいね&フォロー大歓迎)

➡ 人気ブログランキング(クリックしてくれると嬉しいです)

 

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?