結局業種は関係ない。大切なのは・・・。

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

昨日は、お仕事の関係でご縁があり、第8回エステティックグランプリというイベントに参加してきました。

建設職人甲子園のエステ版です。

 

元々〇〇甲子園というのは、居酒屋甲子園がはじまりで、他にも様々な〇〇甲子園という業界活性のためのイベントがあります。

 

居酒屋甲子園

会計事務所甲子園

介護甲子園

歯科甲子園

おふろ甲子園

理美容道甲子園

トラックドライバー甲子園

エステティックグランプリ

S1サーバーグランプリ

建設職人甲子園

 

まぁ、いっぱいありますね。

 

業界を元気にするため

そして、日本を元気にするために、皆さん本当に熱い人達が集まっています。

 

 

ということで、昨日は全国のエステティシャンの方々が集まるエステティックグランプリに参加してきました。

 

 

 

 

 

 

 

その中で改めて思ったのが、人の熱い想いというのは、業種に関係ないく動かされるなぁと思いました。

 

エステ感動物語コンテストというモノがあり、その中の最優秀作品です。

79歳のお母さまが娘の影響を受けて初めてエステに行き、綺麗になるだけでなく、病気、怪我、うつ気味だった状態から体も心も元気になるお話。

当日は、これを書かれた大田さんが読み上げ、とても感動しました。

そして、もしエステに興味がある方がいたら、この方をご紹介したいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業も同じような会社が多くあり、同じ仕事内容、同じ値段だけでは、お客様は選ぶことはできない。

そこに大きな差を生むのが、その仕事に対する個々の想い。

 

 

建設業って、例えばリフォーム工事ってお客様は人生で何度もするわけではないから、その違いってなかなか判らないんですよね。

また、コミュニケーションや表現することに対して苦手意識を持っている人も多く、非常にもったいないなぁと思います。

 

「あなたに仕事をお願いしたい!!」と思われる

また、「人材」を「人財」にするには、やはりその人の想いなんです。

 

 

あなたの仕事に対しての想い、世の中に伝えていきましょ。

その想いが、素敵な仲間を引寄せ、素敵なお客様を引寄せます。

 

 

あなたはどんな想いで、仕事をしていますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

「任せること」と「丸投げすること」の違いは?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

仕事を「任せること」と「丸投げすること」

相手は同じ仕事をするにしても、気分が違う。

 

Aさんから仕事の依頼があり、

Aさんから「任せられた感」を感じると

「よし、やってやろう!!」

と思いますが、

 

Aさんから「丸投げ感」を感じると

「あ~、めんどくせ」

と思って、仕事をします。

 

Aさんから同じ仕事を依頼されているのに、

面白いですね。

 

人って、仕事だけでなく、相手からの気持ちも受け取って仕事をしているからそのようなことが起きるわけですね。

 

仕事の依頼は、

「仕事内容」 + 「依頼者の気持ち」

だということ。

 

シンプルですが、非常に重要ですね。

 

 

ですから、仕事を依頼するとき、相手にあなたの気持ちは伝わっています。

 

言葉に出さなくても、

「相手を信頼して任せている」と思って、仕事を任せるのか

「俺のする仕事ではない、めんどくさいからやっておいて」と思って、仕事を任せるのか

同じ仕事を依頼しても、相手に気持ちは伝わっています。

 

 

あなたは、仕事を依頼するとき

「仕事内容」 だけでなく

「あなた自身の感謝の気持ち」伝えてますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

部下のクレイジーなアイデア、喜んでますか?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

「人を動かせる人の50の小さな習慣」という本からです。

「二流のリーダー」と「一流のリーダー」についての対比が非常に分かりやすいです。

目次の一部分ですが、あなたはどの文章が好きですか?

 

================

 

二流のリーダーは、部下に成功を促す。
一流のリーダーは、部下が安心して失敗できるようにする。

二流のリーダーは、部下の自主性に任せる。
一流のリーダーは、部下が気づかない能力を引き出す。

部下が最もやる気が出るのは、
リーダーの意見を、覆した時だ。

二流のリーダーは、クレイジーなアイデアだと怒る。
一流のリーダーは、クレイジーなアイデアだと喜ぶ。

二流のリーダーは、部下に「なんでも言ってください」と言う。
一流のリーダーは、言いにくいことを言えるシステムをつくる。

二流のリーダーは、頑張れと励ます。
一流のリーダーは、乾いた新しい靴下を用意する。

二流のリーダーは、部下に奉仕させる。
一流のリーダーは、部下に奉仕する。

二流のリーダーは、部下と真剣な話をする。
一流のリーダーは、部下と雑談もできる。

二流のリーダーは、繰り返し叱る。
一流のリーダーは、1分以上叱らない。

空中ブランコを教える時、
どなる演出家はいない。

 

================

 

一流のリーダーは、部下が安心して失敗できるようにする。

一流のリーダーは、部下が気づかない能力を引き出す。

一流のリーダーは、クレイジーなアイデアだと喜ぶ。

一流のリーダーは、言いにくいことを言えるシステムをつくる。

一流のリーダーは、部下に奉仕する。

 

 

私がコンサルティングをしている時は、常に上記のことは意識して行っています。

経営者の方も、説明すれば頭では理解してくれますが、実際に反応レベルまでできるようになるには、かなりの時間が掛かります。

 

例えば、部下がクレイジーなアイデアを持ってきたとき、本当に喜べますか?

 

「世の中週休2日制の動きが出てきてるので、社長うちもしましょう。」

「この地域だけでなく、海外進出も狙っていきませんか?」

「うちもユーチューバーみたいに情報アップしていきませんか?」

「3Dプリンタを使って、新しい何か生み出しませんか?」

 

 

この様な意見を部下が言ってきたら、どう反応するかで、その社員の今後のやる気が大きく変わります。

 

「週休二日?うちができるわけないだろ。状況見ていえよ(怒)」

「海外進出?言葉の問題はどうするんだ?無理無理、やめておけ。」

「ユーチューバー?うちの会社じゃなくて、自分で勝手にやればいいんじゃない」

「3Dプリンタ?周りが使い始めたら検討するよ。」

 

せっかく勇気を振り絞って、社長に話したのに、それを軽くあしらってしまったらもう社長には相談しないでしょうね。

ここでのポイントは、まずは会社のために「プラスのことをしようとした」

その気持ちをくみ取り、感謝を伝えること。

 

「ほ~、面白いアイデアだね。

会社のために考えてくれたんだね。

ありがとう。」

 

そして

「もっとそのアイデア、聞かせてくれる?」

と、興味を持って話を聞くこと。

 

子供が「ねぁ、パパ、聞いて。今日ね、こんなことあったの」

と言われたときのように、興味を持って聞くんです。

 

そしたら相手は喜び、もっともっと会社のために何かをしようと考え始めます。

そうなったら嬉しくありませんか?

 

そのアイデアができるできないではなく、

相手の会社に対しての想いを汲み取る。

ホントそれだけで、社員のやる気はアップします。

 

 

社員のやる気を引き出す聞き方、してますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

「チームのために」頑張っても皆がついてこないダメリーダーの行動

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

No.1リーダーを支える「英断の言葉」という本からです。

この本に
仲間のために頑張るリーダーが仲間に支えられる。
と、書いてあるところがあります。
これを読んで初めはふ~んと思いました。
普通だよなぁと。

ただ、「はっ」と気付きが下りてきてので、書きますね。

 

 

わたしは、学生の頃からリーダーという立場で活動していたことが多かったのですが、上手くいかなかったことも多かったです。

 

それがこれだと思いました。

 

 

リーダーは、当たり前ですがチームのために頑張ろうとします。

例えば、チームとして売上を上げなければいけない場合、チームのために頑張るとは、売上アップのために頑張ることですよね。

 

つまり、チームのため → 売上アップ

 

だから、責任感の強いリーダーは、売上アップのために頑張ります。

 

仲間が調子悪く、チームが目標達成できない場合も、一人で目標達成のために必死で動き、チーム目標を達成しようとします。

それがチームのためであり、リーダーの責任であり、仲間のためだと思うから。

 

でも、これがダメだという事。

仮に結果が出たとしても、長続きはしません。

 

 

仲間のために頑張るリーダーが仲間に支えられる。

 

当たり前のことを言っている言葉ですが、

仲間のために頑張る ≠ チームのために頑張る

ではないということ。

 

仲間のためって、具体的には一人一人の求めていることに対してだ、という事。

全員が仮に売上アップを求めていても、一人一人の問題、悩み、課題は違いますし、それが彼らの求めている事。

 

つまり、

仲間のため → 一人一人の課題解決

 

自分の問題が解決していないのに、チームが目標達成して、心から嬉しいだろうか?

嬉しくないし、役に立っていない、貢献できていないから、なんか悲しい、または自信を無くしてしまう人もいるんではないでしょうか。

 

仲間が力を発揮できず、売上が上がらない

リーダーが無理して頑張って、チームとしては何とか目標達成

そして、あなたの凄さは証明され、あなたは賞賛されるだろう

でも、仲間は心から喜んでいません

 

 

リーダーは、「+の結果」と「+の感情」へ導く人

 

チームの望む結果 ≠ 仲間一人一人の望む結果

 

仲間一人一人の望む「+の結果」は、まずは彼らの課題解決

これが彼らの望む「+の結果」

 

 

✖ 「チームのため」に頑張るリーダーが仲間に支えられる。

〇 「仲間のため」に頑張るリーダーが仲間に支えられる。

◎ 「仲間一人一人の問題解決のため」に頑張るリーダーが仲間に支えられる。

 

 

仲間の問題解決のために、何ができますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

松下さんも本田さんも同じことを言っている。一流のリーダーは・・・。

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

「人を動かせる人の50の小さな習慣」という本からです。

「二流のリーダー」と「一流のリーダー」についての対比が非常に分かりやすいです。

目次の一部分ですが、あなたはどの文章が好きですか?

 

================

二流のリーダーは、自分よりを劣る部下を採用する
一流のリーダーは、自分より優れた部下を採用する

適材適所だけでは足りない。
「適時」でなければならない。

二流のリーダーは、部下の成長を求める。
一流のリーダーは、自分の成長を求める。

二流のリーダーは、部下を教育する。
一流のリーダーは、部下に教育される。

二流のリーダーは、教える。
一流のリーダーは、気づかせる。

教育とは、暗示をかけることだ。
暗示には、否定語を使わない。

二流のリーダーは、教える。
一流のリーダーは、学習するチームをつくり上げる。

二流のリーダーは、教える「教師」である。
一流のリーダーは、育てる「導師」である。

二流のリーダーは、肝心な質問にだけ答える。
一流のリーダーは、つまらない質問にも答えてくれる。

二流のリーダーは、トップに「希望」を説き、現場に「危機感」を与える。
一流のリーダーは、トップに「危機感」を与え、現場に「希望」を与える。

 

================

 

二流のリーダーは、自分よりを劣る部下を採用する
一流のリーダーは、自分より優れた部下を採用する

 

これを読んで松下幸之助さんの話を思い出しました。

================

ある記者が松下幸之助に下記のような質問をした。

「松下さん、いままで経営をしてこられたその経験から、指導者として必要な条件は、いろいろとあると思われますし、すでに折々にいくつか挙げておられますが、しかし無理なことだとは思いつつ、あえて質問させていただきます。指導者、経営者にとって、ただひとつ、必要な条件、これだけは、絶対に持っていなければならない条件をひとつだけ挙げて頂けませんでしょうか、いかがでしょうか」

「う~ん、そうですなあ、ひとつね、ひとつだけですな。ま、ひとつだけ指導者に必要な条件を挙げよと言われれば、それは、自分より優れた人を使えるということですな。そう、これだけで十分ですわ」

記者は、大きくうなずき、私(松下幸之助側近:江口 克彦)は、なるほどと納得した。
終わって、松下に、その答えに感銘したということを告げると、

「そりゃそうやろ。経営者にとって大事なことは、優秀な部下を集め、あるいは、育てることや。いくら優秀な人でも、人間ひとりには、限界があるわ。なんでも一番ということはない。自分より、優秀な人はいっぱいいる。だからな、指導者が、なんでもオレがオレが、と言ってもできんわけや。むしろそういう自分より優れた人を傍に集めて、その人たちを活かし使う能力というか、そういうことができるということであれば、その人は、それで十分、立派な指導者と言えるけど、得てして、指導者という人は、自分より優れた人を遠ざけるな。だから、いくら優秀でも、自分の程度にしか成功せんわけや」

引用:東洋経済 ONLINE 松下幸之助が考えた「指導者の条件」とは?
http://toyokeizai.net/articles/-/61778

================

 

 

松下さんが考える一つだけ指導者に必要な条件が、「自分より優れた人を使える」ということ。

そしてなんと本田宗一郎さんも同じようなことを言っています。

それは「どうだね、君が手に負えないと思う者だけ、採用してみては」。

面白いですね。

 

 

================

本田技研工業(以下、ホンダ)の創業者、本田宗一郎はホンダという会社を経営するにあたり、あえて自分と性格の異なる人間、自分にはないものを持つ人間と組むことを考え、実行している。「自分と同じなら2人は必要ない」として、自分が苦手とする経営や販売の得意な藤沢武夫とともにホンダを創業し、生涯の盟友として大切にしている。

しかし、現実には反対のことを考える人が少なくない。ワンマン経営者はとかく、自分より劣る人間や、従順な人間を置きたがる。上司は自分の力量を上回る部下よりは、使いやすい人間、自分の言うことを何でも聞いてくれる人間を好む傾向があるものだ。

たしかにその時は楽だろうが、もしそんな人間ばかりだったら、会社は成長どころか縮小均衡へと向かうことになる。ある日、本田は採用担当の試験官にこう提案した。

「どうだね、君が手に負えないと思う者だけ、採用してみては」

面接官は限られた時間の中で適性を見抜く必要がある。社風に合うか、会社が期待する成果を上げられるか見抜こうとするが、本田は「できのいい子」ばかりではなく、規格外の子を採ったらどうかと考えていた。

「試験官が気に入るような学生ばかりだったら、どんなに頑張ったところで伸びるのはせいぜい試験官のレベルまで」

試験官が手に負えないと思ったなら、試験官以上に伸びる可能性を秘めているということだ。従順な部下は決して上司を超える存在にならない。本田が望んだのは「上司を凌駕する部下」であり、「会社の枠を超えるほどの学生」だったのである。

 

どうだね、君が手に負えないと思う者だけ、採用してみては ── 本田宗一郎
https://www.huffingtonpost.jp/wisdom/honda-souichiro-recruit_b_6638812.html

================

 

ついつい従順な部下って使いやすいから「こういう人がどんどん増えてくればうちの会社も更に大きくなるのに」と思ってしまいます。

 

ただ、実はその考え方が会社が成長する可能性を奪っているという見方もできそうですね。

 

ではどうしたらいいのか?

 

是非、コミュニケーションスキルを磨いてください。

サーカスの人達が猛獣を扱えるように、コミュニケーションスキルを磨けば、自分より優れた人も喜んであなたについていきます。

楽しいですよ。

 

 

あなたのコミュニケーションスキルは、誰もが扱えるペットレベルですか?それとも普通の人では扱えない猛獣レベルですか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

社員に影で悪口を言われた時の対応

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

ある建設会社の女性社長から面白い話を聞きました。

その社長が従業員の方とお茶に行った際、その方から非常に悲しい表情であることを言われました。

「社長、私は社長のこと本当に尊敬してますし、さらに学びたいと思ってます。でも、上司の〇〇さんから社長の悪口を実はたくさん聞かされて、本当にどう反応していいのかわからなくて・・・。

ただ、実際に社長と会うと聞いている話と全然違うし、もう何が真実なのかよくわからないです。」

その社長さんは、正直に話をしてくれた従業員に感謝を伝え、影で悪口を言っている従業員に対して考えてみて、そして対応を変えたようです。

具体的には、その人の良いところは良いと伝えるようにしたそうです。

そしたら、影で悪口を言われなくなったようです。

普通社員に影で悪口を言われたら、怒りたくなりますよね。

でも、怒ったところで改善もしないし、むしろ状況は悪くなります。

その社長さんは、問題の原因を冷静に考えたんですね。

「なぜ、その人はその様な行動を取ったんだろうか?」って。

そしたら、忙しすぎて、その社員に対してコミュニケーションを取れていなかったんですね。

だから可愛がられている社員に対してそのストレスを悪口を通してぶつけていたんだと。

もっとコミュニケーションを取らないとな、と気付かれたようです。

いっときの感情に振り回されず、冷静に状況を判断し、問題の根本的解決のための行動ができる、本当に凄い方だなぁと思いました。

ポイントは、人って認められたい存在だということ。

ですから、認めてもらえないと、ストレスを抱え、それを発散しようとします。

逆に、認められる、心が満たされていると、笑顔になったり、やさしい気持ちで人に対応します。

それができないということは、何か心が満たされていないわけですね。

もう一度言います。

人って、認められたくて、認められたくて、認められたい存在なんです。

社員の方を認めてますか?

社員の方の心は、満たされていますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

技術が必ず一流になる育て方

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

有限会社 秋山木工という会社はご存知ですか?

テレビ、雑誌などメディアに多く出ている会社なので、知っている方も多いと思いますが、超一流の家具職人集団です。

そこで作られる特注家具は、迎賓館や国会議事堂、宮内庁、有名ホテル、高級ブランド店などで使われていて、国内だけでなく、海外にも注目されている会社です。

また、家具だけでなく、人間性を重視した人材育成も注目を浴びているとても素敵な会社です。

その代表よ秋山社長が書いた「一流を育てる」からです。

==============

私は、一流の職人は技術より人柄 と信じています。ですから、修行の間は日々、技術を磨くと同時に、人柄を磨く猛特訓をしています。人柄が一流だと認めないうちは、いくら技術があっても秋山木工では本物の「職人」とは認めていません。

序章 心が一流なら、技術も必ず一流になる

職人はこだわりが強くて、頑固だからいいんだ、なんて言われてきましたが、その風潮をみんなが評価していたわけではなかったのです。

お客様に好かれる21世紀型の職人を育てない限り生き残る道はない、遅かれ早かれ20世紀型の職人は誰もいなくなる、そう思ったのが確信の裏付けです。

21世紀型の職人とは、人に気遣いができる職人、感謝ができる職人、人のことを考えられる職人、はいわかりました、やらせていただきます、と言える職人のことです。

つまり人柄が一流のできた職人です。

出典 : 一流を育てる/秋山利輝

==============

心が一流なら、技術も必ず一流になる

ということは、

心が二流なら、技術も必ず二流になる

ということは、

・・・

心が五流なら、技術も必ず五流になる

というように、「心」と「技術」が連動してきます。

多くの方は「技術」は教えてますが、「心」を育てることはしていません。

育てるどころか、相手の「心」を潰している人がいます。

非常に残念です。

でも、教わっていないから仕方ないのかもしれませんが、これを読んでる方は「心」の育て方を学んで下さいね。

色々な方に教えてもらった中で、私が大切にしている言葉にABCD法則というモノがあります。

A 当たり前のことを

B バカにしないで

C ちゃんとやる

D そういう人ができる人

本当にそうだなあと思います。

当たり前のこととはどんなことか?

哲学者・教育者 森信三先生の提唱した職場再建の三原則を、私は当たり前のこととして日々活動してます。

「時を守り、場を清め、礼を正す」

出典 : 森信三の世界

http://www.jissenjin.or.jp/profile.html

一流の職人を育てるために、どんなことをしていきますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

「宇宙エレベーター」の工事、楽しそう~

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

あなたの「夢」は何ですか?

 

家が欲しい、車が欲しい、旅行がしたい、美女に囲まれたいなど色々とあるかもしれません。

 

でもそれって、本当にあなたにとって「夢」ですか?

 

そもそも「夢」ってなんでしょうか?

 

世界No.1ビジネスコーチのアンソニーロビンズは、「夢」についてこう定義してます。

夢とは、得たい感情を得るためのモノ

 

ちなみにアンソニーロビンズは、以下のような方々に影響を与えている人です。

=========

第8代南アフリカ大統領 故ネルソン・マンデラ氏
初代ソ連大統領 ミハイル・ゴルバチョフ氏
第40代アメリカ大統領 ロナルド・レーガン氏
第42代アメリカ大統領 ビル・クリントン氏
第71代英国首相 マーガレット・サッチャー氏
第21代フランス大統領 フランソワ・ミッテラン氏

初めての方へ故ダイアナ元妃
マザー・テレサ氏
テニスプレーヤー アンドレ・アガシ氏
ボクシング マイク・タイソン氏
音楽プロデューサー クインシー・ジョーンズ氏
俳優 アンソニー・ホプキンス氏

など

各界のリーダーや指導者に多大なる影響を与えている。

また、彼が主催するセミナー
Unleash the Power Withinには、
レディー・ガガ氏、オプラ・ウィンフリー氏も参加し、
アンソニーの影響力の大きさを物語っている。

出典:アンソニー・ロビンズとは?
http://www.speedcoaching.co.jp/tony.html

=========

 

私が自主性を引き出す時大切いにしているのが、相手の「夢」です。

 

相手がどんな夢を持っていて、何故それを夢にするのか?その夢を達成したら何が得られるのか?などを聞いて、本来持っているその人の欲を引き出します。

 

目的は、それが自主性につながるからです。

 

 

建設業は、他の業種と比べれば人気のない業種かもしれません。

ただ、今後就職する方には、面白い世界が広がっています。

 

え?そんなアニメの世界が現実的にやってくるの?と思うかもしれません。

 

その世界とは、それは「宇宙建築」です。

そして「宇宙エレベーター」そんな工事にかかわれるかもしれません。

=========

大林組が構想する宇宙エレベーター。2030年から施工に取り掛かれば、2050年ごろに完成する見通しだ。総工費は約10兆円と試算している。カーボンナノチューブのケーブルを「クライマー」と呼ぶ車両(図の右下)が昇降する。物資の運搬だけでなく、地球が自転する際の遠心力を生かして人工衛星を軌道上に投入する用途などでの活用が期待されている(資料:大林組)

出典:建設会社が宇宙で磨く先端技術、「素材」「無人化」の革新狙う
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00291/062500008/?P=1

=========

 

20歳の人が就職して、12年現場で技を磨いて、そして2030年をむかえて、「宇宙エレベーター」の工事が着工?

 

「地図に残る仕事」から、「宇宙に残る仕事」

 

あるいは彼女や子供に
 
「空見てごらん。あれ俺(父さん)がつくったんだよ」

 

おーーーー、なんか楽しそう。

 

もしチャンスがあれば、やってみたくないですか?

 

 

ではどうするのか?

できると信じて、アンテナを立ててください。

 

アンテナを立てるからTVやラジオから情報を得ることができます。

人も一緒。

 

欲しいモノがあるなら、まずアンテナを立てる。

そうするとその情報が集まってきます。

 

 

例えば、信号機の3色の色の順番ってわかりますか?

歩道の信号の2色の順番ってわかりますか?

 

子供のころから見ていても、わからない人が多いんです。

 

理由は、興味がないからです。

 

興味を持つから、アンテナを立てるわけです。

自分の可能性を信じて、是非「夢」を叶えてください。

 

成功するための心構え三則

・自分はできると信じること
・諦めないこと
・やり続けること

 

あなたは、どんな「夢」をもっていますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

マザーテレサも影響を受けたパワーワード

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

 

経営者は孤独で、信じていたのに裏切られることもあったりで、非常につらいこともあります。

真剣にやっている経営者なら、そのつらさは人以上に感じると思います。

 

ただ、その時のネガティブなエネルギーの使い方によって、成功するか、そうでないかの違いがでてきます。

 

相手を責めたり、八つ当たりをしていては、更に悪い結果になります。

 

 

では、どうしたらいいのか?

 

今回は、2つお伝えします。

 

1つ目は、よい質問をする

2つ目は、パワーワードを持つ

 

 

1つ目のよい質問とは

「この出来事から何を学ぶことができるだろうか?」

という質問。

 

ネガティブな出来事は、相手を責めるか、もしくは自分を責めるか、どちらかに焦点が当たりやすくなります。

責めても何も結果は変わりません。

 

変えないといけないのは、あなたの行動です。

 

責める行動が結果の出る行動に変わるためには、自分自身に対する質問力をつけてください。

 

自分が望まない結果が出た時や想定外の悪い結果の時、「なんで?」と思うのが普通です。

 

そして脳は、その原因を探します。

俺様を邪魔する奴、俺様の気分を悪くさせる奴はどこだ、って。

その原因を見つけると、相手または自分を責めはじめる。

 

でもよい質問があると、焦点が行動にあたります。

「この出来事から何を学ぶことができるだろうか?」

 

これによって改善ができます。

 

 

そして2つ目は、パワーワードを持つこと。

私も支えられた言葉です。

あなたの心を支える言葉として持ってくさいね。

 

 

ケント・M・キース

1968年、当時ハーバード大学2年生在学中に、高校の生徒会のリーダーたちを激励すべく150回以上の講演を行う。代表作「逆説の10ヵ条」は、その活動の一環として自治活動のリーダーの為に19歳の時に書いた小冊子「リーダーシップの逆説10ヵ条」の一部から初めて出版された。後にそれがマザー・テレサの目に触れて、彼女が感動し「カルカッタの孤児の家」の壁にその言葉を書きとめた。ルシンダ ・ヴァーディ編著の『マザー・テレサ語る』に掲載され、マザー・テレサの言葉として世界中に広まった。ケント・M・キース本人は、それを25年後に初めて知った。 長い年月をかけて今日に至るまで、口伝で、写しで、インターネットで、本人の知らない間にゆっくりと広まり、世界中で愛される格言となっている。 米ニューヨーク・タイムズ紙も、その出版までの不思議な経緯と格言の価値を1面で報じた。

 

逆説の10ヵ条 (The Paradoxical Commandments)

1. 人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。それでもなお、人を愛しなさい。

2. 何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。それでもなお、良いことをしなさい。

3. 成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。それでもなお、成功しなさい。

4. 今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。それでもなお、良いことをしなさい。

5. 正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。

6. 最大の考えをもった最も大きな男女は、最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落とされるかもしれない。それでもなお、大きな考えをもちなさい。

7. 人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていかない。それでもなお、弱者のために戦いなさい。

8. 何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。それでもなお、築きあげなさい。

9. 人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。それでもなお、人を助けなさい。

10.世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。

出典:ウェキペディア(ケント・M・キース)

 

 

そして、成功するための心構え三則

・自分はできると信じること
・諦めないこと
・やり続けること

 

 

相手をコントロールする前に、ネガティブ・エネルギーをコントロールしていきませんか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?

2018年と2000年の新入社員意識調査から考える「根性がない」「やる気がない」のはどっち?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

 

2018年度の新入社員1672人を対象に、実施した「仕事への意識や価値観に対する調査」についての記事がありました。

あなたは以下の項目について、最近の若い人達の傾向、わかりますか?

 

「会社に対して望むこと」

「上司に対して望むこと」

「昇格、出世について」

「働き方について」

「給与・賞与の使い方」

「社会人になって期待していること」

 

調査結果は、

 

「会社に対して望むこと」を聞くと、最も多かったのは「人間関係が良好」(61.3%)で、次いで「希望の職種、勤務地(海外を含む)」(20.8%)だった。以後、「定期的な昇給・昇格」(7.7%)、「残業が少ない、あるいは無い」(5.0%)、「充実した教育、研修体系」(3.7%)と続く。

 

「上司に対して望むこと」の回答として、「親しみやすさ」」(34.9%)、「丁寧な指導」(23.8%)、「公平な評価、平等性」(22.5%)が上位にランクインした。自主性や厳しさが求められる「意見の尊重」(10.3%)「リーダーシップ」(7.8%)の項目には回答が集まらなかった。

 

「昇格、出世について」は、1位「ある程度の出世はしたいが、とくにこだわりはない」という回答は51.9%で過半数に達した。一方で2位の「部長になり、部門戦略をたてマネジメントしたい」という回答は19.1%に過ぎず、平社員でいたくはないが、出世をして組織に密接に関わっていくことには興味がないといった様子がうかがえる。

 

「働き方について」では1位の「余暇やプライベートも充実させたい」が50.3%にのぼり、2位の「仕事に打ち込みキャリアアップを図りたい」はわずか18.8%に留まった。新入社員にとって仕事をする意味は、個人の生活のためであり、企業側との意識のかい離があると思われる。

 

「給与・賞与の使い方」では、1位に「旅行・レジャー・車・服飾などの趣味」 (41.7%)、2位は「生活費、貯蓄、奨学金などの返済」(41.3%)だった。前の設問で「余暇やプライベートを充実」と回答した内容が頷ける。

 

「社会人になって期待していること」の質問では、「自己成長」31.8%、「出会い」27.5%、「経済的な自立」19.3%、「社会や他者貢献」18.5%ということが明らかになり社会人1年目としての晴々した心持ちと覚悟が感じられる結果だった。

 

 

2018年度の新入社員「仕事はプライベートを充実させる手段」が過半数に 上司に望むこと1位は「親しみやすさ」
https://news.careerconnection.jp/?p=55631

 

では、私が社会人になった2000年の新入社員の方々の意識はどうだったのか?

その調査についてのアンケート結果があったので記載します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第11回 2000年度新入社員 意識調査 (要旨)
https://activity.jpc-net.jp/detail/academy/activity000537/attached4.pdf

 

 

●2018年の新入社員の意識

「会社に対して望むこと」
→ 1位「人間関係が良好」(61.3%)

「上司に対して望むこと」
→ 1位「親しみやすさ」」(34.9%)

「昇格、出世について」
→ 1位「ある程度の出世はしたいが、とくにこだわりはない」(51.9%)

「働き方について」
→ 1位「余暇やプライベートも充実させたい」(50.3%)

「給与・賞与の使い方」
→ 1位「旅行・レジャー・車・服飾などの趣味」 (41.7%)

「社会人になって期待していること」
→ 1位「自己成長」(31.8%)

 

●2000年の新入社員の意識

「仕事を通じてかなえたい「夢」を持つ」(63.5%)

「先輩と意見が対立しそうでも、自分の意見をはっきり言う」(71.3%)

「仕事に対して最も求めるもの」
→ 1位「仕事のやりがい」(65.4%)、3位「休日」(12.3%)

「スペシャリストとして鍛える職場を望む」(52.4%)

「残業は多いが、自分の専門能力が高められる職場を望む」(35.5%)

 

 

明らかに、意識が違うのがわかります。

2018年は、「余暇やプライベートも充実させたい」という傾向が強いですが、

2000年は、「スペシャリストとして鍛える職場を望む」のように鍛えたい!!と思っているわけですから。

 

ですから、最近の若い子はやる気がない、根性がないなんて思うのは、ある意味当たり前。

 

それを言ったところで、やる気が出ればいいですが、更にやる気がなくなるでしょう。

 

 

最近の若い子は・・・とつい言いたくなりますが、私も言っています。

 

 

卓球の張本智和さん(14歳)、ロンドン五輪金メダリストを破る
https://www.nikkansports.com/sports/news/201806100000512.html

 

最年少プロ棋士の藤井聡太さん(15歳)は既に七段
https://mainichi.jp/articles/20180519/k00/00m/040/117000c

 

 

最近の若い子は・・・。

 

彼らからしたら、最近の大人は「やる気がない、根性がない」なんて思っているかもしれませんね。(笑)

 

 

あなたの周りの最近の若い人達、どんな才能が眠っていそうですか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?