自主性を育てる前に必要なこと

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

「ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み」の本の中の「どうしたら、社員が自発的に仕事をするようになるか」からです。

ここでは、以下のようなことが書かれていました。

・社員は「どうすれば会社に貢献できるか」を自分自身で考え、仕事をしている

・社員が自発的に仕事に取り組んでいるのは、「上から押さえつけられることがないから」

・社員が「やってみたい」と思ったことに対して、「それは無駄だからやめたほうがいい」「費用対効果が見合わない」「前例がないからできない」と頭ごなしに否定すれば、社員の自主性は損なわれ、自己組織化は進まない

・社員を徹底して管理するよりも、社員ひとりひとりに裁量権が与えた方がモチベーションが上がり、組織は成長する

トップダウンの組織では、表面上は動くでしょうが、自主的には動きません。

そして、明日から社員の自主性を引き出そうと思ってあなたが急に態度を変えても、彼らは変わらないでしょう。

そしていつしか、

「うちの社員は、何も言わないと全く動かない」となって、また指示命令のトップダウン方式になっていくわけです。

非常に残念です。

厳しいことを言いますが、

社員が自主的に動かないではなくて、

あなたが社員を自主的に動かせないのです。

では、どうすればいいのか?

例えば、

あなた1人で何かを学ぶのではなく、

「これからみんなで会社を良くしていきたい。そのために私も変わるから、みんなで一緒に学んでいかないか?」

と、真剣な表情で提案してみてください。

ここでみんなで「よし、やりましょう」となれば、大きく変化ができます。

自主性を育てる前に必要なことは、みんなで変わろうと思い、みんなで覚悟をすることです。

これなしに、1人で頑張っても空回りするだけです。

頑張って、頑張って、頑張って社員が思ったように変わらなかったら、

「お前ら変われ!!」

と、発狂するだけです。笑

社員と共にどんな一歩を踏み出しますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

会社の成長と共に社員は幸せになっていますか?

人を大切にする経営で前年対比売上150%

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

「日本でいちばん大切にした会社」大賞で受賞された伊那食品工業 株式会社さんです。

伊那食品工業 株式会社

http://dotonbori-h.co.jp/

 

「日本でいちばん大切にした会社」大賞は、

①従業員とその家族、②外注先・仕入先、③顧客、④地域社会、⑤株主

上記、すべての人を幸せにするために「正しいことを、正しく行っている企業」へ贈られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

伊那食品工業 株式会社の主な受賞理由は

①「会社の目的は社員の幸せを通して社会に貢献すること」を経営理念として、リストラなしの年輪経営を50年以上実践し、末広がりの経営に努めている

②社員のモチベーションが高く、離職者はほとんどいない

③人財育成や研究開発等にかかる未来投資が大きい

④新規採用にこだわり、毎年30名前後を採用目標としている

⑤地域の文化継承への取り組みや社会に対する貢献活動は傾注に値する

 

 

 

 

 

 

 

 

伊那食品工業株式会社の井上社長は、会社経営について以下のようなことを言っています。

 

当社はかねてより、『会社の真の目的は利益でも成長でもなく、社員はむろんのこと、会社を取り巻くすべての人々がよりハッピーになることであり、利益はそのための手段に過ぎない。そしてそれを保証するためには、会社が永続することが何よりも大切である』と考えてきました。

 

会社の目的は、利益だと思ってませんか?

会社の真の目的は、会社を取り巻くすべての人々がよりハッピーになることではり、利益はそのための手段だよということ。

 

特に会社を構成する社員こそ、会社の成長とともにより「幸」になってしかるべきであり、この保証こそが、社員のモチベーションや正しさの源泉だと信じてやってきました。大きなファミリーという発想です。

経営者のみが勝手にファミリーだと思い込んでも社員側がそう思ってやってくれなければ意味がありませんので、人間としての基本的な教育、例えば、何のために働くのか、何のために学ぶのか、何のために会社は存在し、何のための利益や成長なのか等々、あるべき人間の姿や会社の形などについても全員に理解させるよう努めてきました。また、そのために理念を実行してきました。

 

何のために働くのか?

何のために学ぶのか?

何のために会社は存在するのか?

何のための利益や成長なのか?

 

これを社員と考え、その考えを共有し、仕事をすることは非常に大切ですし、それが会社としてまとまっている状況です。

逆に一人一人がこれを考えず、社長に言われた通りに動いている状況であったら、外からはまとまっているように見えるけど、心はまとまっていない状況だと言えます。

 

利益追求型や高成長型よりも会社の永続に価値を置いた経営、永続こそ
すべての人々をハッピーにし、地域や関連業界、ひいては国家のためにもなるのではないか。永続するということは、最近の経済界の動きをみるにつけ大変難しいことだと思います。だからこそ価値があるのです。

 

何のために働くのか?

何のために学ぶのか?

何のために会社は存在するのか?

何のための利益や成長なのか?

 

これを考えるにあたって、まずはビジネスとはそもそも何なのか?を知っておいてください。

 

ビジネスとは、「問題解決」だということ。

 

「問題解決」をして、世の中に貢献しているわけです。

世の中に貢献しているからこと、世の中から必要とされるわけです。

必要とされるから、存在することができるわけです。

 

あなたの会社は、どんな問題を解決して、世の中に貢献してますか?

そしてその問題解決は、あなたの会社でないとダメなのでしょうか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

「ES(従業員満足)なくして、CS(顧客満足)なし」を追求している会社

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

「ES(従業員満足)なくして、CS(顧客満足)なし」を追求しているコネクシオ株式会社についてです。

コネクシオ株式会社さんは、第8回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の厚生労働大臣賞を受賞した企業です。

代表取締役の井上社長は、以下のようなことを言っています。

弊社は、従来より『ESなくしてCSなし』を経営の信条としております。

このような信条にいたった背景の1つ目には、多様な従業員構成にあります。

これまで幾度とM&Aを繰り返し多様な出身背景や雇用形態を持つ社員が在籍していることや、女性社員が半数を超えており優秀な社員が出産で退職することなく育児をしながら働き続ける職場環境づくりが必要であったことなどがあります。

2つ目には、目まぐるしく変化する通信業界のなか、モバイル商品の高機能化やサービスの複雑化により従業員に求められる知識やスキルが高まるとともに、長時間労働になりがちな職場環境のなか、従業員の疲労蓄積や勉強不足、モチベーションの低下を何としても防ぎたいという思いからです。

弊社にとって最も大切で重要な財産は『従業員』にほかなりません。

その従業員がイキイキと働ける職場環境づくりが当社には不可欠であり、従業員を大切にすることにより、よりよい好循環を生み出していきたいと考えているからです。

従業員満足(ES)の向上が顧客満足(CS)の向上を生み、それによって会社も発展できると考えております。

具体的な施策と効果

・定期実施の従業員満足度調査により職場問題に敏感に反応して改善に取り組む

・意見箱(直接社長へメール)により従業員の声を聴く機会を設ける

・正社員登用を積極的に行い、2012年に34%だった正社員比率が2017年には76%

・男性の育児休業取得率が70%までアップ

モバイル商品の高機能化やサービスの複雑化により従業員に求められる知識やスキルアップは、とても大変な業界だと思います。

にもかかわらず、従業員満足度が高く、福利厚生も様々なものがあり、そして、社員の方がそれを活用できているというのは、なかなかできることではないと思います。

その中で何故これが可能なのか?

それは、経営信条の元、行動し、追求し続けているからです。

弊社は、従来より『ESなくしてCSなし』を経営の信条としております。

あなたの会社の経営信条は何ですか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

社員のやりがいを引き出すために、どんなことをしていますか?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

「日本でいちばん大切にした会社」の「審査委員会特別賞」を受賞した株式会社 王宮さんです。

株式会社 王宮 (道頓堀ホテル)

http://dotonbori-h.co.jp/

「日本でいちばん大切にした会社」大賞は、

①従業員とその家族、②外注先・仕入先、③顧客、④地域社会、⑤株主

上記、すべての人を幸せにするために「正しいことを、正しく行っている企業」へ贈られます。

(株)王宮さんの主な受賞理由

(1)経営ビジョンは「共に幸せと誇りを感じる会社」であり、理念に基づいた経営が貫かれている

(2)社員の誕生日プレゼントや、社員への年末年始の贈り物、新入社員の自宅への挨拶など実施し、社員満足度は極めて高い

(3)離職者は、過去3年間でわずか1人と離職率は極めて低い

(4)定年は65歳であるが再雇用にも熱心で、現在70歳以上社員が5名。最高年齢社員は77歳

(株)王宮では、働く人のやりがいを高めることを非常に大切にしているようです。

そして、やりがいを高めるために4つのことを常に深めていくことを意識して経営をしているようです。

やりがいを高めるその4つとは?

やりがいの1つ目は、社内に「自分の意見を聞いてくれる土壌があるかどうか」です。

自分が思ったことや考えたことを聞いてもらえず、上司から指示命令をされたことを、ミスがないようにこなすことが仕事になってしまうと、人はやりがいをなくしてしまいます。やはり、自分の提案を聞いてもらえ、そしてそれが実行できる仕組みが大切です。

2つ目は、「成長を実感できるかどうか」です。昨年の自分と、今の自分を
比べた時に、自分自身の成長を実感できると、それがやりがいにつながります。

3つ目は、「会社から大切にされている実感」です。スタッフは会社や経営者から大切にされていると実感すると安心して働くことが出来ます。

4つ目は、「自分の仕事が社会の役に立っているという実感」です。

と、以上4つが上がりました。

私が大切にしている言葉で、「ES(従業員満足)なくして、CS(顧客満足)なし」という言葉があります。

これって本当にそう思います。

従業員が満足していない状況で、お客様の満足を追求しようと思いませんよね。

会社で満足していない人は、その部分、つまり会社に対しての不満を解消しようと考えますし、無意識で考えてます。

ですか、顧客満足を追求しろと言っても、心からは考え、行動しないでしょう。

今回は、(株)王宮さんの事例をあげましたが、ここでのポイントは、従業員のやりがいを高める方法を、従業員と共に作り上げるということ。

(株)王宮さんは、こうだからそのまま採用しようではなく、従業員と時間をかけて、共に気持ちの込めたモノを作り上げる、これが本当に大切です。

なぜなら、その行為こそが、従業員満足につながる行為だからです。

あなたは、従業員のやりがいを高めるために、どんなことをしていきますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

人生に大きな影響を与えてくれた本

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

今まで生きてきた中で、人生に大きな影響を与えた出来事、出会い、本ってありまよね。

 

今回は、私の人生に大きなプラスの影響を与えた本を久々に取ってみたので、そこから少し内容をシェアします。

 

本のタイトルは、

コーチングのプロが教える「ほめる」技術

 

 

・経験者が「これだ」と決めてしまう「他己説得」よりも、相手に選択肢を発見させ、決めさせた「自己説得」の方が、結果的には目的地に早く到達する

 

・安心したいという究極の欲求を満たしてくれた人に対して、人は絶大な信頼を寄せる

 

・良いところを見つけてあげる、改善に向けての働きかけもする、意見に承認を与える、小さな成果に対して体全体で賞賛する

 

・「どんな時にモチベーションが下がりますか?」 → 「上からああしろこうしろと言われた時です」

 

・「どんな時にモチベーションが上がりますか?」 → 「ちゃんと任されて、認められた時」

 

・ほめるというのは、ただ「すごい!」「すばらしい!」と美辞麗句を投げかける事ではない。相手が心の底で、他人から聞きたいと思っている言葉を伝えること。

 

・任せるというのは押し付けるのとは違う。任せるというのは、箸の上げ下げまで指示をするのではなく、相手の裁量で進められる部分をきちんと与えて仕事を振ること。そして最終的な責任はこちら側が取るというスタンスでいって初めて任せるという行為が発生する。

 

・任されると、ものすごく自分の存在が際立ちます。集団の中で必要とされていると感じられる。

 

・あなたは(You)「努力家だね」「すごく優しいわね」と伝える事をYouメッセージ

 

・私(I)はという視点で伝える事、「君のおかげで今回の件はとても助かったよ」「君と机を並べているとこっちまでエネルギーが湧いてくるな」をIメッセージ

 

・Youメッセージより、Iメッセージの方が長く人の心に残りやすいようです。それは人はどこか深い部分では、自分がどのように他人に影響を与えているのか、聞いてみたいと思っているから。

 

・答えを求めるということは、たとえ結果としてこちらが望むような答えが返ってこないとしても、答えを求めたというその事実自体に価値がある。お前の答えや考え方に関心がある、というメッセージになる。だから部下に問いかけたい。たとえ答えが返ってこなくても「どうしたら良いと思う?」と。できれば真剣に相手の目を見据えて、君にはそのことを解決する能力がきっとあるという雰囲気を前面に押し出して。

 

 

 

過去この本を読んで線を引いた部分をピックアップしてみました。

久々に見てみましたが、改めていい本だなぁと思いました。

 

仕事のスキルだけでなく、

相手の感情をプラスにする「ほめる技術」磨いてますか?

 

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

真面目で我慢して仕事をすることから卒業しません?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

ある人から面白い話を聞きました。

哲学者ニーチェは、人間には3つのタイプがあると言っていたようです。

そのタイプとは、

・超人

・末人(まつじん)

・奴隷

超人とは、全てを遊びに変えられる人

末人とは、ルールを無視して、自分の利益のためにしか動かない人

奴隷とは、真面目な人(ルールに支配されている人)

また、目的意識もなく、

ルールだから

常識だから

決まりだから

ノルマだから

だから、動こうとする人

そこには自分の意思がないですね。

そして、奴隷の人は、何か困ることが起きると我慢してそれを行う。

では、超人は?

超人は、何か困ることが起きると、解釈を変えて遊びに変える人です。

例えば、

ドラゴンボールの超人といえば、

そう、孫悟空です。

彼が強敵に出会った時のセリフがとても参考になります。

奴隷は、今の自分では解決できないことや強敵に出会ったら、

「困ったなぁ〜、でも仕事だから(我慢して)するしかないかぁ〜」

となるわけです。

でも、超人 孫悟空は、

「オラ、ワクワクすっぞ〜」

さすがですね。

これだと、我慢して行うわけではないので、あなたの持っているパワーが普段以上に出ますね。

仕事で何か困った時の合言葉は?

「オラ、ワクワクすっぞ〜」

ですね。(^^)

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

金メダリストからの学び

人を大切にする経営で前年対比売上150%
社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

先日、講演会でアトランタオリンピック金メダリストの岩崎恭子さんのお話を聞く機会がありました。

そこでの気付きをシェアしますね。

 

岩崎恭子さんは、14歳と6日で世界No.1の金メダリストになった人です。

凄いですよね。

 

岩崎さんのお話で印象的だったのが、金メダルを取った後のお話でした。

 

金メダルを獲ると外から注目され、いい事だけならいいのですが、嫌なことも多ったとお話されてました。

 

例えば、

金メダルを獲った1年後、実家の家を建て替えたようなんですが、「あのうちは恭子ちゃんが建てたんだよ」と私に気付いていないタクシーの運転手に言われたり、(金メダルを獲るとJOC(日本オリンピック委員会)から300万円を頂けるようなのですが、その金額では家は建てられない。実際はお父さんが一生懸命働いて建て替えたのに・・・と言っていました。)

 

恭子ちゃんのお母さんは講演会で稼いでいるとか

 

外で歩いていると「あっ、岩崎恭子だ。私、好きじゃないだよね~」と知らない同世代の人から、聞こえるように言われる

 

と、火のないところに煙が立ちまくっていたようで、かなり嫌な思いをされていたようです。

 

 

まだ中学生ですし、「なんで私だけこんな目に合わないといけないのか」と、かなりストレスを抱えていたようです。

 

そうなると

 

人に顔を見られたくないし、常に前かがみになり、気分は下向きだったようです。

 

金メダルを獲った2年後、引き続き強化選手として選ばれ

中学一年の時に初めていった場所(アメリカ)で練習をすることになり、

その時に昔のことを思い出したようです。

 

当時の私は今のような気持で練習をやっていなかった。

泳ぐのが楽しかったし、いつもお姉ちゃんの記録を抜きたかったし、常に一番になりたかった気持ちがあった。

 

また、有名なハリウッド女優がパパラッチにあっていた場面にも出くわします。

撮られていることを気にしないで、優雅に歩いている姿に

外の目を気にしていてもしょうがないと思ったようです。

 

さらに、同級生のライバルが日本記録を出した姿に影響を受け

「自分ばっかと何やっているんだろう?」と思ったそうです。

 

そして、気持ちが吹っ切れ「アトランタオリンピックに出る」と心から決めたようです。

 

その時に

人からどう思われてもいいと思えるようになり、
自分や近くの人から認めてもらえればいいと思えるようになった

と話していました。

 

 

金メダル後の2年間は、ただ練習に行くだけで
今考えると、ただ泳がされていただけだったなと思ったようです。

自分の気持ちも何も入っていない

一番上の代表になれないのは当然だと、今ならわかります。

当時は練習しているのに何で記録がどんどん落ちていくんだろうと思っていました。

考えてみれば、自分から進んでやることと、人から言われて行う事の違いっていうのをその約2年間感じたのがアトランタまでの2年でした、とお話されていました。

 

 

意思があるのか、ないのかによって同じ行動をしていても結果が変わる。

今回のお話から改めて自分が〇〇したいという意思の大切さに気付きました。

 

今の仕事の金メダルを目指す意志ある行動していますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮 勇人

コンセプトを変化させ売上アップにつなげる

人を大切にする経営で前年対比売上150%

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

 

 

先日ある講演会にて体脂肪計やタニタの社員食堂で有名なタニタを経営されていた谷田大輔さんのお話を聞きました。
ここでの学びをシェアします。
タニタは、谷田大輔さんの父が設立した会社で、谷田大輔さんは2代目として社長に就任。
その時のタニタは、体重計、ライター、トースターを販売していたようですが大赤字。
何とか経営を立て直そうと頑張りましたが、ライターは5年で撤退、トースターは10年で撤退。
残ったのは「体重計を売る」こと。
そのあとアメリカに行きある経営のヒントに出会う。
それがコンセプトを変えるという事。
アメリカのある会社が以下のような展開で生き残ったようです
造船会社 → 鉄道会社 → 自動車メーカー
「人を運ぶ」というコンセプトで時代の変化に対応して生き残ったという事。
谷田さんもこのヒントから、以下の様にコンセプトを変化。
「体重計」を売るビジネス → 「体重」を計るビジネス → 「健康」を計るビジネス
建設業もこのコンセプトを変化させることは非常に大事だなぁと思いました。
だから「リフォーム」を売るビジネスでは、売れないし、単価も上がらないというわけです。
また、人をモチベートする方法についても話がありました。
例えば、あるA事業に社員が10人いたとします。
そこに新しいB事業を立ち上げ、A事業のNo.3、No.4をトップにつかせる
つまりメンバー構成が
A事業:No.1、No.2、+6人
B事業:No.3、No.4、+数人

 

確かに、これだとNo.3、No.4のやる気はめちゃくちゃ上がりそうですね。

 

 

さて、あなたの会社は、何を売っていますか?

または、今後は何を売っていきますか?

 

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人

社員が会社に誇りを持てるようになる「笑みーティング」

人を大切にする経営で前年対比売上150%

社員の自主性と責任感を育て

単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

今日はある工事会社様で「笑みーティング」をさせて頂きます。

「笑みーティング」

いいネーミングとよく言われます。(笑)

ネーミングは、大事です。

例えば、

「会議」「ミーティング」「笑みーティング」

やることは同じです。

どれか選ばないといけない場合、どれがいいですか?

当然「笑みーティング」を選ぶ割合が多くなります。

理由は、自分達の「笑み」のためのミーティングというのが、明確に分かるからです。

では、「笑み」のためのミーティングってどうするのか?

それは、1人1人本音の意見が言えるかどうかです。

これが、仕事のやりがい、達成感、充実感、につながります。

例えば、独立して今の会社を築き上げた社長は、勤めていた時より仕事が楽しいはずです。

そして、会社に誇りを持っている方も多いでしょう。

それはなぜか?

それは自分で考え、行動し、結果を作ってきたからです。

これが、例えば、ある社長が突然倒れて、急に社長になってしまった方がいるとします。

そして社長就任後すぐお客様から食事に誘われて

「本当にありがとうございます。あの工事によって大きく変化しました。御社のおかげです。」

と言われて、どれだけ嬉しさを感じられるのか?ということです。

いや〜別に俺あんまり関わっていないけど、、、。

と思うのか、

先代と共に一生懸命させて頂きました。お客様のお役に立て本当に嬉しいです。

と思うのか、です。

笑みや本当の喜びというのは、得たい結果に対して、あなたの意見、想いが入っているのかが、とても重要だということです。

一人一人の本音トークミーティング、いつしますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる

魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社

小宮 勇人

チョコを使って愛ある人材育成をする方法

人を大切にする経営で前年対比売上150%

社員の自主性と責任感を育て

単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

チョコっと感動した話です。

チョコレートを買いました。

いつも通りのパッケージなのかなと思ったのですが、違ったんです。

中に入っている引き出しの手前の部分が、変形するんです。

これによってその引き出しが引き出しやすく、中に入っているチョコレートも取り出しやすい。

折れた紙を引っ張るだけで、引き出しが動く。

また、折りたたんでいるだけなので、しまう時はまた元に戻して、しっかりしまえる。

これって凄くないです?

私は感動しました。

普通なら変化なく、箱型の引き出しのままだと思ったんです。

それが、こんなシンプルな工夫があったのかぁと、感動しました。

あなたならこういうアイデア、思いつきましたか?

私がここで最も言いたいのは、この工夫が凄いなぁ〜以上に、お客様に更にチョコを取り出しやすくしたいという気持ちがこの様な形になったということ。

これってお客様により良いサービスを提供したいという愛ですよね。

この愛があれば、どんな仕事でも通用します。

建設業であれば、例えば材料を運ぶ時の積み方。

ただ積めばいいのではなく、下ろす順番も考えて積んだり、敷地内に材料を並べる時も、使う順番や使う方のことを考えて並べることは、相手に対しての思いやりや愛があるからですよね。

休憩中の雑談で、ちょっとした教育ができそうですね。

建設業ではまだまだ工夫するところは沢山あります。

工夫によって、是非相手を喜ばしていきましょう。

あなたは明日から、何に対して、どんな工夫ができそうですか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる魅力的な会社のサポート Efyees株式会社小宮 勇人