AI搭載マンションの登場。あなたはどう考える?

人を大切にする経営で前年対比売上150%達成

社員の自主性と責任感を育て
単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

人材から稼げる人財にするには、最新の状況について知ることが大事です。

今年の2月に日本初のAI搭載のマンションが、竣工しているのはご存知ですか?

=================

今年2月に竣工した東京都港区芝2丁目の新築マンション「LUXUDEAR(ラグディア) 芝公園」は、「日本初のAI搭載マンション」。スマートスピーカーや各種センサーで構成するスマートホームAIが住む人の生活習慣を理解し、居住者に快適な空間をともに作っていく。

入居検討者が便利に快適に暮らせる、ソフト面の付加価値を高めるためだ。スマートホームAI「CASPAR」は、住居内に設置したスマートスピーカー、6in1センサ、ビジュアルセンサを集約した「スーパーセンサー」から、居住者によるスマートスピーカー経由の指示、スーパーセンサーが0.05秒ごとに収集したセンシングデータをディープラーニング(深層学習)し、住居内での居住者の行動、習慣、嗜好に基づいて、照明、カーテン、エアコンを自動制御する仕組み。スーパーセンサーは、リビングダイニング、洋室、廊下など計6か所に設置する。

住む人にあわせて進化、日本初のAI搭載マンション

https://www.bcnretail.com/news/detail/20180611_63936.html

=================

えー、そこまで必要ないよ〜、と思う人もいるでしょうが、それはあなたの価値観であって、人材から人財になるためには、世の中にそのサービスは価値あるものなのかを見定めなければいけません。

今回のサービスは、普及していくのも時間の問題だと思いますが、非常に便利になって来ますね。

例えば、自動ドアがあります。

あなたが来たことを感知して、ドアが開くわけです。

それと同様にAIを搭載した住宅というのは、あなたの行動に対して快適空間を作ってくれるわけです。

光、温度、湿度、音、そして匂いも今後対応してくるでしょう。

あなたの行動に合わせて快適空間を作ってくれる、最高ですね。

もし自動ドアが、あなたの時だけ手動ドア、こうだったらどうでしょうか?

非常に不便さを感じますよね。

まだ、AIの便利さを感じていないからいいですが、もし感じてしまったら、スマホが必須の様にもう手放すことはできないでしょうね。

住むだけの住まいなら、お客様は安さを求めます。

ですから、ただ工事をしているだけでは、単価は上がりません。

時代の流れを読み何が今後付加価値があるのか?常にアンテナを立ててくださいね。

では、AI普及後、どんな住宅が求められますかね?

「あなたの会社で働きたい」と言われる
魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社
小宮勇人