法令遵守では解決できないコンプライアンス問題

コンプライアンスと聞くと、「法令遵守」というイメージかもしれませんが、

Efyeesとして考えるコンプライアンスとは、法令遵守だけでなく、

社内規範、倫理規範という社会の常識についても考え、行動できる職場環境の整備がとても大切だと考えています。

 

理由は、法令遵守という視点だけでは、コンプライアンス問題は解決できないからです。

・品質管理問題/顧客クレーム

・個人情報流出/企業情報漏洩

・パワハラ/セクハラ問題

・不正経理/脱税横領/架空請求

・twitter/名誉棄損/企業炎上

・ブラック企業認定/労働問題

・不正アクセル/スパムメール

・食品衛生法/産地、食品偽装表示

・景品表示法違反/下請法

・精神疾患/労働認定

・クレーム等の隠ぺい

など、最近は上記様々なコンプライアンス違反が起きているのが現状です。

 

中小企業経営者の方も、もちろんニュースとして知っていることだし、何とかしないといけないと少しは感じているとは思いますが、

実際はなかなかコンプライアンス対策に手を打てていないのが現状なんではないでしょうか?

 

そこでこのブログで少しでも皆様のコンプライアンス対策、また人材育成のヒントをお伝えしていければと考えてます。

今週も素敵な一週間にしていきましょう。

コンプライアンス問題から考える01   「ウェスティンホテル女子大生」

コンプライアンス問題による企業の被害は様々ありますが、その問題からどうしたらいいかを考えていきましょう。

 

女子大生によるウェスティンホテルでの有名サッカー選手と有名女優との写真をTwitterでアップしてしまい両者共に大被害を受けてしまったニュースがありました。

こちらです。

どうしたらこのようなことを防ぐ事ができるのでしょうか?

 

“コンプライアンス問題から考える01   「ウェスティンホテル女子大生」” の続きを読む

コンプライアンスって?

コンプライアンスって?

コンプライアンス、個人情報など最近ニュースなどでよく耳にしますが経営者として皆さんはどのくらい把握してますでしょうか?

 

コンプライアンスは法令順守という認識をしている方もいると思いますが、
経営者として抑えておくべきポイントは法律という知識以上に、社員のモラル教育、コミュニケーション教育になります。
上記の内容を中心にこのブログで経営者の方に役立つ情報をお伝えしていきます。

“コンプライアンスって?” の続きを読む