職人マッチングサービス

Efyees ブログ写真 アプリで簡単仕事受注

今週、東京ビックサイトで行われていたリフォーム産業フェアに参加してきました。

初参加でしたが、最新の情報が聞けたり、体感できたので本当に楽しかったです。

全てを見てお話を聞くことはできませんでしたが、手に入れてきた情報をシェアさせていただきますね。

 

「職人マッチングサービス」

元請け(工務店)と職人さんのマッチングサイトですね。

建設業界は深刻な人手不足。

ちょっとした応援をお願いしたり、逆に仕事の隙間を埋めるためにここから仕事を頂いたりできるのはとても便利ですよね。

私がリフォーム産業フェアで出会ったのは、イエールというマッチングアプリ。

 

「名刺いただけますか?すぐ登録できますんで~。」

と言われ、

 

私は工事をしないので登録は言いかなぁと思ったんですが、情報収集のために名刺を渡しました。

 

そしたらすぐ登録されました。(笑)

 

詳しくはまだよくわかりませんが、わりと見やすく物件ごとでチャットができるから良さそうかなぁと思いました。

登録無料、工事が決まってもイエールへ手数料を支払う必要もないので、もし気になる方は登録してチェックしてみてくださいね。

 

 

下の添付写真は登録するとみれる情報です。

ieell工事マッチングサイト1

 

 

下記のように案件ごとに詳しい情報が載っています。

ieell工事マッチングサイト2

 

 

それ以外にもマッチングサイトについて情報がありましたので下記に載せますね。

 

会員数:700

サービス料金:無料

WEB開始日:2015年10月

運営会社:(株)メディオテック

内容:職人と会社の工事の受発注マッチングサイト

 

会員数:5000

サービス料金:無料

WEB開始日:2013年5月

運営会社:(株)ハンズシェア

内容:リフォームや内装、塗装などの工事情報をサイト上に登録すると施工ができる会社から連絡が届く建設業者マッチングサイト

 

会員数:1100

サービス料金:無料(一部有料あり)

WEB開始日:2015年7月

運営会社:一人親方労災保険組合

内容:職人に元請会社を紹介するマッチングサイト

 

会員数:781

サービス料金:ー(※)

WEB開始日:2014年11月

運営会社:(株)イニハンス

内容:建設業の手間請職人と工事会社とをマッチングするサービス

※ 現在リニューアル中でサービス開始は2016年11月予定

 

 

会員数:1200

サービス料金:無料(一部有料あり)

WEB開始日:2013年4月

運営会社:(一社)優良リフォーム支援協会

内容:全国の不動産やリフォーム、建築関連会社が集まったBtoB、BtoCのマッチングサイト

 

参照:https://mediotec.co.jp/information/images/20160711_01.pdf

 

 

 

一流の職人を育てる簡単な方法

建設業人材育成_Efyees

人材育成に悩む「無駄な時間」を、売上アップにつなげる「ワクワク時間」へ

ご存知ですか?

15年以上の実務経験のあるプロがあなたに代わって若手の現場指導をしてくれる国の制度があるのを。

 

建設業人材育成_Efyees

 

建設業は深刻な人材不足の状況ですよね。

 

若い人達の人口減少であったり

建設業離れという現状もあったり

震災の地の方へ人手がもっていかれている現状もありますからね。

 

そして仕事があるけど、人手がたりないから忙しい。

だから人材育成なんかやってらんないよ、なんていう状況の経営者の方もいらっしゃるんではないでしょうか?

 

ただ、今の状況のままでは会社はよくなっていかないから、「人材育成」をなんとかしたいと思っていませんか?

 

そんな状況でしたら、国(厚生労働省)が行なっている「ものづくりマイスター制度」を活用したらいかがでしょうか?

 

なんと、下記のような条件をクリアしたスペシャリストがあなたの会社の若手を指導してくれるんです。

 

①技能検定の特級・1級・単一等級の技能士及び同等の技能を有する方、技能五輪全国大会の成績優秀者(銅賞まで)のいずれかに該当する方

②実務経験が15年以上ある方

③技能の継承や後継者の育成に意欲を持って活動する意思及び能力がある方

 

これって、凄くないですか?

15年以上の実務経験があるプロフェッショナルがあなたに代わって教えてくれるんです。

はっきり言って、この制度を使わないのはもったいなさ過ぎです。

 

もしあなたのライバル会社がこの制度を使って、技能五輪全国大会金賞の方がバンバン若手の人材育成をしていたら?

勝てっこないでしょ。

 

ただ大丈夫、まだ知っている人しか知らない制度だから。(笑)

 

 

経営者の仕事は何ですか?

 

現場で作業をする職人ではなし、人材育成担当者でもない。

 

専門家を適材適所に配置し、お客様に「それ欲しいです」という価値を提供することです。

 

サッカーで例えるなら、経営者は監督でもありますが、クラブオーナーの視点も持たないといけない。

優秀な人物を集め、適材適所に優秀な自分物を配置し、勝っていくわけだ。

 

もう一度言います。

あなたは教育担当者ではなく、職人でもなく、経営者である。

 

勘違いしないでくださいね。

教育をしないでください、職人仕事をしないでくださいと言っているんではないです。

 

もっと経営者視点(サッカーでいうクラブオーナー視点)をもって、専門家を見つけてきて、専門家に任せるということもやっていかれたらどうでしょうか?

 

ものづくりマイスター制度のご案内

ものづくりマイスターデータベース

マイスター検索

 

対象職種

① 技能検定の職種のうち建設業及び製造業に該当する職種(105職種)

造園、さく井、建築板金、冷凍空気調和機器施工、石材施工、建築大工、枠組壁建築、かわらぶき、とび、左官、築炉、ブロック建築、 エーエルシーパネル施工、タイル張り、配管、厨房設備施工、型枠施工、鉄筋施工、コンクリート圧送施工、防水施工、樹脂接着剤注入施工、 内装仕上げ施工、熱絶縁施工、カーテンウォール施工、サッシ施工、自動ドア施工、バルコニー施工、ガラス施工、ウェルポイント施工、塗装、 路面標示施工など

 

② 技能五輪全国大会の競技職種のうち建設業及び製造業に該当する職種(33職種)

曲げ板金、タイル張り、配管、石工、左官、家具、建具、 建築大工、造園、冷凍空調技術、とび、電工、情報ネットワーク施工、構造物鉄工、電気溶接など

 

今日もご安全に!!(^^)

ナンパしたくなるのも同じパターンAIDA(アイーダ)の法則

建設業脱下請けAIDAの法則

AIDA(アイーダ)の法則はご存知ですか?

 

建設業脱下請けAIDAの法則

 

下請けから元請けになるための大きな壁が

まずはお客様を集めることですね。

 

 

これが簡単にできるのであれば

すぐ元請けとして活動できますが

なかなか簡単にはお客様は

自社から買ってもらえないですよね。

 

そこでまずお客様を集める際に

よく使われる法則について

チェックしていきましょう。

 

 

冒頭にも書いたAIDA(アイーダ)の法則はご存知でしょうか?

 

 

AIDA(アイーダ)の法則は、

1920年代に米国のE・K・ストロングが応用心理学の論文中に示したもので、

セールスにおける顧客心理の段階を

下記のそれぞれの頭文字からとって考えられたものです。

 

 

Attention(顧客の注意を引く)

Interest(顧客に商品を訴求し関心を引く)

Desire(顧客に商品への欲求があり、それが満足をもたらすことを納得させる)

Action(顧客に行動を起こさせる)

 

 

簡単にいうと、人がお金を支払うまでの心理の順番ですね。

 

 

自分が何か物を初めて買うときを想像してほしいのですが

例えば、コンビニで新商品のジュースを買う際

 

「おっ、新商品か?」 ← Attention(顧客の注意を引く)

「なんかおいしそうな感じ」 ← Interest(顧客に商品を訴求し関心を引く)

「更にこんな効果があって値段は?いいね~」 ← Desire(顧客に商品への欲求があり、それが満足をもたらすことを納得させる)

「買ってみよう」 ← Action(顧客に行動を起こさせる)

 

 

またナンパしたくなる気持ちで考えてみてもいいのですが(笑)

 

 

「おっ、タイプの子発見!!」 ← Attention(あなたの注意を引く)

「近くで見ても、遠くでも見てもいいね~」 ← Interest(あなたがその子をチェックして更に興味、関心を引かせる)

「容姿も服のセンスも俺好み。こんな子なかなか出会えないなぁ~。」 ← Desire(あなたのその子への欲求が高まり「この出会いは運命だ」と自分を納得させる理由をさがさせる)

「よし、声を掛けてみよう」 ← Action(「今しかない!!」とあなたに行動を起こさせる)

 

 

人が行動を起こすまでの心の順番

つまり心理的プロセスがあるというのがわかりますよね。

 

 

そして

大きい金額の買い物をしてもらうためには

これを意図的に計画的に

仕掛けていかないといけないわけですね。

 

 

まだ存在すら認識されていない小さい会社に

100万円以上の金額を支払う人はいないですからね。

 

◆◆◆ 編集後記 ◆◆◆

最近は少し花粉症が落ち着いてきた感じです。

今まで市販の薬を毎日飲んでいたのですが

今日は飲まないで過ごしています。

早く花粉が落ち着きますように。(^^)

 

今日もご安全に!!

 

 

◆◆◆ 最新イベント ◆◆◆

第12回 3ランク上の「建設業飲み会」

助成金を活用し、更に会社を成長させる

建設業人材育成

あなたは助成金・補助金という言葉を聞いたことありますか?

私は独立して1年くらいは聞いたことありませんでした。

また、その言葉を聞いたときは怪しいものだと思いました。(笑)

なぜなら、「お金をもらえる」からです。

 

「お金をもらえる???」

 

この言葉だけを聞いたら怪しいですよね。

でも実際に国や自治体からもらえるんです。

 

 

ということで、今回は私が学んだ助成金・補助金についてお話ししますね。

 

まず助成金・補助金の種類ですが、大きくは分けて3つ覚えてください。

 

・経済産業省系の補助金

・厚生労働省系の助成金

・自治体独自の助成金、補助金

 

そして上記の助成金・補助金の種類ですが、なんと3000件近くあるといわれています。

また国や自治体の制度や予算によって変わるため、専門家でないとなかなかその情報を把握しきれない状況もあります。

 

 

ただ私のクライアントさんは、実際に助成金・補助金の制度を活用して下記の金額を手に入れています。

(入金済み 合計183万円)

・キャリアアップ助成金 63万円

・中小企業労働環境向上助成金 70万円

・小規模持続化補助金 50万円

 

そして下記助成金についても現在申請中で、恐らくこのまま適切に書類のやり取りを行えば、下記助成金についても受給できると思います。

(現在申請中)

・企業内人材育成推進助成金 90万円

・キャリアアップ助成金(正規雇用等転換申請) 50万円

 

申請中の金額も合わせると323万円です。

もしこれだけの金額を会社をよくするため、売上アップのために使用出来たらどうでしょう?

 

確実に何もやらないよりは成長できますよね。

 

そして、押さえておきたいのはあなたのライバルはこれを活用しているということです。

 

返済不要の300万円以上の投資をしているわけですから、成長のスピードが全然違うんですね。

 

さらに、今後もこの制度を活用して企業成長をさせようとしているわけですから、まったく何も活用していない企業がそのような企業に対抗していこうというのはとても厳しいですよね。

 

もしあなたの会社が助成金・補助金制度をまだ活用していないのであれば是非チェックしていただきたいのですが、まずは助成金・補助金についての専門家に相談してください。

 

一人でこれをしようとすると確実に挫折します。(笑)

 

 

専門家の相談も基本的に無料ですし、助成金・補助金の申請をお願いする場合も成功報酬のところが多いので安心していただければと思います。

また私の方でも安心できる専門家をご紹介できますので、もしご興味ある方はご連絡くださいね。

「笑みーティング」誕生!!

笑みーティング、建設業、人材育成

会議と聞くとどんなイメージでしょうか?

・上司が一方的に話しているからおもしろくない

・退屈だから寝ないようにするのが大変

・会議するなら、仕事したい

と、嫌なイメージをするのが大半なんではないでしょうか?

 

私も、サラリーマンだった頃は本当に会議は面白くなかったですね。

あと上司に小言を言われる飲み会もそうですね。

 

ただ、会社をみんなで成長させていくにはやはり「会議」が必要になる。

 

だからそれを変える為に「のみーティング」や「笑みーティング」が誕生しました。(笑)

 

言葉はイメージを持っています。

例えば、数字を考えてみると「1」「2」「7」「11」「13」など、それぞれイメージが違いますよね。

「1」ならNo.1をイメージするかもしれないし、Only 1をイメージするかもしれないし、通知表の1をイメージする人もいるかもしれません。

そして、そのイメージしたものが感情として表れ、「1」と聞いたらいい感情になったり、そうでなかったりするわけです。

他の数字も一緒ですね。

 

パチンコ好きなら「7」と聞いたら、いい感情になるでしょう。

サッカー好きなら「11」と聞いたら、その背番号欲しいといい感情になる人もいると思います。

 

そこで「会議」と聞いたらどうでしょうか?

 

ほとんどの方が、いいイメージを抱かないから変えたかった。

 

初めは、楽しい会議ということで「楽しいミーティング」でずっと言葉をいじっていました。

そして「たのしーティング」という言葉が出てきました。

 

でも、なんかしっくりこない!!

 

それを、ある会社さんの社員の方に「なんかしっくりこないんですよね」とメッセージしたら、「笑みーティング」はどうですか?というのが出てきました。

うれしかったですね~。

 

私は一人で答えを出そうという気持ちが強すぎて、周りに頼らない傾向がありました。

だから一人で仕事を抱えすぎて嫌になってしまうことも多くありました。^^;

 

ただ、悩みを打ち明けると周りが助けてくれるんですね。

社長一人で悩みを抱えすぎず、こんなことで困っている、悩んでいる、なんかしっくりこないんだよね~を社員に打ち明けてみるのもいいですよ。

 

そして、それを皆でおこなえる場。

悩みを打ち明け、みんなで考え、「笑み」のためにするミーティング。

 

それが「笑みミーティング」

 

是非、一緒に「笑み」がこぼれるミーティングをしていきましょうね。(^^)/

 

お互いで褒め合い、プラスの循環を作り出す

屋根・外壁工事をされている会社さんでの「のみーティング」

その中で、「リーダーシップシート」を使ってお互いを褒めあったりしてます。

相手のいいところ、尊敬できるところ、感謝できるところを記入し、言葉

で発して、その紙を手渡す。

また、それぞれが言葉で発しているのを動画撮影して、後ほどYouTubeにアップ。

照れもありながらも、頑張っている姿にとてもエネルギーをもらいました。(^^)

マイナスのところに焦点をあてて仕事をするのではなく、是非プラスに焦点を当てた職場環境を作っていきましょう。

 

のみーティング

 

動画撮影

 

リーダーシップシート

「いい結果」がほしいなぁ~。でもそれじゃ、だめだよね。

いい結果が欲しい

でもなかなか手に入らない

 

何故なんだろう?

 

考えたことないですか?

 

当然、

「もっと社員が仕事してくれればなぁ」

「優秀な社員がいてくれたらなぁ」

「もっと俺に時間があったらなぁ」

「もっとお金があって設備投資ができたらなぁ」

 

など、色々と考えることはあるとは思いますが、結果の本質はこうです。

 

「行動」 → 「結果」

 

「行動」がなければ「結果」は生まれないですし、

「いい結果」は「いい行動」があるからであり、

「よくない結果」は「よくない行動」をしているんですね。

 

ただ「いい行動」をしているのに「いい結果」が生まれていないじゃないか?と思う方もいるかもしれません。

 

私もそう思うこともありましたが、ここがまず勘違いということも気付きました。

 

「いい行動」 → 「いい結果」

 

と考えたくなりますが、

「いい行動」の「いい」は「結果」から判断するわけですからね。

 

つまり「結果」が出ていないのに、そもそも「いい」という表現が違いますよね。

つまり、「いい行動」ではなく「いいと言われている行動」が正解でしょう。

 

「いいと言われている行動」 → 「いい結果」 or 「よくない結果」

 

とは言え会社として「いい結果」が欲しい。

 

今まで会社やチームをみてきて思ったのが、

「いい結果」を出せていない原因に

大きく2つあると思いました。

 

それは

・決めたことを行動しない

・結果に対してなあなあ

 

「行動」 → 「結果」

 

これは変わらないです。

ですから「新しい結果」が欲しければ「新しい行動」が必要なんです。

 

ただやろうと決めても「新しい行動」をしなかったり、

また行動しても、結果に対して「なあなあ」となり

いつの間にか議論すらなくなっていくんですよね。

 

 

そしてまた

「やりやすい行動」 → 「今までの行動」

→ 「今までの結果」 → 「いやだけど我慢する」

となっていくんですよね。

 

こうなったら諦めの負のスパイラルの始まりですね。

そしてこれを続けると、「いい結果」がでない無意味な我慢力を鍛えることになります。

 

そんなのは嫌だ!!

 

そうですよね。

だからこそ「今」から変えていきましょう。

 

特に押さえるべきポイントは、「行動」と「なあなあ」です。

 

★★★ 今日の言葉 ★★★

思い続けろ。

そうすれば、アイデアがひらめく。

著者:西田文郎 No.1リーダーを支える『 英断の言葉 』より

 

◆◆◆ 編集後記 ◆◆◆

昨日はうれるしくみ実践会に参加して、また面白いネタをゲットしてきました。

これならお客さんの集客に役に立つぞと思いました。

近いうちにブログで書けたらと思っていますのでお楽しみに。

「ゴミ拾い」が「夢のかけら拾い」?つまらなそうな仕事も工夫で楽しめ!!

「楽しく仕事がしたい!!」

 

私がサラリーマンだったとき、強く思っていたこと。

そして、それは仲間や上司に話を聞いても、全員同じ答えだった。

 

「楽しく仕事をしたい!!」

 

ただ誰もが思っているんだけど、誰もそれに対して取組んでいなかった。

いや自分がそう感じなかっただけかもしれないけど、私には周りは諦めて仕事をしているように感じた。

 

私はそれが嫌だった。

そして会社や上司や仕事のせいにするのも嫌だった。

 

だから会社を辞めた。

 

楽しく仕事をするために。

楽しく仕事をできる環境を多くの方と共有するために。

 

 

とは言ったもののまず思ったことが「仕事の楽しさ」って何だろう?ってこと。

 

「仕事の楽しさ」というのが定義されなければ、

残念ながら「楽しく仕事をする」ということが

できているのか?

できていないのか?

よくわからないですよね。

 

あなたにとって「仕事の楽しさ」って何ですか?

社員にとって「仕事の楽しさ」って何でしょうか?

 

ある人が言ってました。

 

人はいいことだろうと悪いことだろうと、「楽しさ」に集まると。

 

 

仕事上、楽しくない仕事もあるでしょう。

 

特に現場の仕事なんていうのは、

3K(「きつい」「汚い」「危険」)と言われ人気がありません。

 

 

ただ振り返ってください。

 

今まで仕事に楽しさを感じたことありませんか?

 

 

ディズニーランドにゴミ拾いをする仕事があります。

 

そこではお掃除をしている方をカストーディアルと呼んでいるようですが、

彼らに「何を拾っているんですか?」と質問をすると

 

「夢のかけらを拾ってます」

 

と答える方が多いようです。

 

ゴミを拾っているのにですよ。

そしてそんなマニュアルはないのに。

 

 

まさに工夫ですよね。

 

「ゴミ拾い」と「夢のカケラ拾い」

どっちが楽しそうですか?

 

 

現場って必ずゴミが出ますし、掃除は必須の仕事ですよね。

是非単にゴミ拾い出なく、仕事を楽しくする工夫を皆さんで考えていって下さいね。

 

そしてそのアイデアだしも是非楽しんでくださいね。

 

★★★ 今日の言葉 ★★★

大切なのは、「どう思われるか」でなく、「どう思わせるか」である。

著者:西田文郎 No.1リーダーを支える『 英断の言葉 』より

 

◆◆◆ 編集後記 ◆◆◆

きのうは五反田でイタリアンレストランを経営されている山内オーナーと打合せをしてきました。

その店はメニューがなく、その日にオーナーの判断で最高の料理を提供するというちょっと変わったお店。

ですが、味は絶品で、お客様は医者や弁護士や経営陣の方々のようです。

お客様が1次会でその店を利用し、2次会は別の店ということでお店を出てていくんですが、

「近くにいい店がないなぁ~」ということでまた戻ってきて2次会も利用されるという素晴らしいお店です。

近くいい店がないって、田舎の駅ではなくいちよう五反田駅ですからね。

接待をしたい場合は記念日などは是非こちらのお店を利用するといいと思います。

今日も素敵な一日を。

5人に対する使命と責任

あなたはこの本を読んだことありますか?

 

「日本でいちばん大切にしたい会社」

 

シリーズ累計65万部(2015年10月現在)の本で、現在シリーズ4まで出ていますね。

この著者 坂本光司さんは、法政大学の教授で専門は中小企業経営論・地域経済論・産業論を担当をされています。

そして坂本先生のモットーが「現場で中小企業研究やがんばる中小企業の支援をする」といことで、北海道から沖縄まで6000社を超える様々な企業を訪問し、その中でこの会社は!!、ということをまとめられたのがこの本です。

 

この本の中でこんなことが書いてありましたが、あなたの会社はどうですか?

 

被害者意識に凝り固まった他力本願タイプの中小企業の”5つの言い訳”

 

●景気や政策が悪い

●業種・業態が悪い

●規模が小さい

●ロケーションが悪い

●大企業・大店舗が悪い

 

そしてこれらの会社のもう一つの特徴は、社員やその家族、下請け企業や顧客等の幸福に対する思いが総じて弱い・低いということです。

非常に残念ですが、そのような会社が多いのも現実的にあります。

 

そんな中、坂本先生は会社経営とは「5人に対する使命と責任」を果たすための活動だと言ってます。

 

それは、

一、社員とその家族を幸せにする

二、外注先・下請け企業の社員を幸せにする

三、顧客を幸せにする

四、地域社会を幸せにし、活性化させる

五、自然に生まれる株主の幸せ

 

また、この順番が重要で多くの会社はそれを勘違いしているから失敗していると言っています。

 

まずは従業員満足から。

 

これはまさにEfyeesの名前の由来と一緒です。

 

是非この順番を意識して、社員と共に素敵な会社を作っていきましょう。

 

★★★ 今日の言葉 ★★★

近くを見る者は船酔いし、遠くを見つめる者は船酔いしない

著者:西田文郎 No.1リーダーを支える『 英断の言葉 』より

 

————————————–

◆◆◆ 編集後記 ◆◆◆

昨日は久々に異業種の勉強会に参加してきました。

そこでそこのメンバーのプレゼンがあったんですが、味について数値化しているお話でした。

こんなのがビジネスになるのか?と思ったんですが、大手小売店には需要があるようです。

ただ「おいしい」だけでは、商品を決めきれないので、そこに対しての客観的な数値がわかる、ということでビジネスになっているようです。

ある大手コンビにもこの数値をもとに地域ごとでおでんの味付けを変えているようです。

そろそろおでんの季節でしょうかね?

あ~、おでんの卵が食べたくなってきた。

今日も素敵な一日を。

ニャんと?!従業員を辞めさせたくなければ、「独立したい」を引出せ!!

今回のテーマは

「本当は独立したい従業員」 VS「 ずっといたくなる職場環境」

 

私がその会社の従業員の方へ研修を行うとき、

一つ心がけていることがあります。

 

それは従業員から「独立したい」

という言葉を引出すこと。

 

 

えっ???

 

 

と思う方もいるかもしれません。

 

そりゃそうです。

 

従業員が辞めていかないように

研修をお願いしているのに、

何故独立させようとするのか?って。

 

 

ただこれが大事なんです。

 

 

なぜなら、

建設業界で働く個性的な人なら

 

誰もが「独立したい」

という気持ちがあって当然だからです。

 

 

もちろん本音を引出し「独立したくない」

というのであれば、それはそれでいいですよね。

 

 

ただ本音を引出し、

「独立したい」という気持ちがある方とそうでない方、

どっちがエネルギーがあり、

積極的に働くと思いますか?

 

本音を言わず、

むしろ隠して我慢しながら仕事をしていても、

まったく面白くないし、

いいパフォーマンスをその人は発揮しないでしょう。

 

 

だから私は従業員から

「力をつけたら独立したいです」っていう言葉を

引出すことを心がけています。

 

 

もちろん社長にも

「彼らの独立したい気持ちを引出しますね」って伝えます。

 

 

社長にとって、従業員に辞められることはとても辛いことです。

特に優秀な社員に辞めてもらうのは非常に困ります。

 

 

ただ辞める人は、

残念ながらどんなに引き止めても

辞めていきます。

 

 

だったら、

うそ付かれて、または急に「独立します」って言われて辞めていくのと、

 

「社長のお陰でいよいよ独立です。この会社を卒業できるのも本当に社長のお陰です。

ライバル会社という面もありますが、引続き宜しくお願いします。」

 

って言われて辞められるのってどっちがいいでしょうか?

 

 

社長の仕事は従業員を辞めさせないことではありません。

 

 

ここでの仕事、楽しい!!

仕事が充実してます!!

この会社が好きです!!

 

という、彼らのプラスの気持ちを引出す

「環境創り」が社長の仕事なんです。

 

 

だから、

 

「本当は独立したい従業員」 VS「 ずっといたくなる職場環境」

 

なんです。

 

 

じゃぁ、どうしたら「 ずっといたくなる職場環境」を創り上げることができるのか?

 

 

それを社員から聞くんです。

 

 

「楽しく仕事をするにはどうしたらいい?」

「今、職場環境で改善したいことは?」

「もし独立したらどんな会社を作っていきたい?」

 

そして聞いたことを社員と一緒に創っていけばいいんです。

 

 

そしたら、

社員が働きやすい、

働きたい職場環境ができるし、

 

そうなったら、

「何故独立したいのか?」というのがわからなくなってきます。

 

 

そして

「仕事、お金、会社、独立、人生」について

その社員と真剣に向き合って話し合ってください。

 

 

必ずお互いが納得いく結果が出てくるはずです。

 

 

法律、規則、まはた人としての圧力では人は絶対にしばれません。

 

 

是非お互いの成功のために素敵な職場環境を作っていきましょう。

 

★★★ 今日の言葉 ★★★

仲間のために頑張るリーダーが仲間に支えられる

著者:西田文郎 No.1リーダーを支える『 英断の言葉 』より

————————————–

◆◆◆ 編集後記 ◆◆◆

最近は、こんまりの「人生がときめく片づけの魔法」にはまっています。

彼女は「ときめき」という言葉を大切にされてますが、

男が「ときめき」だとちょっと変なので、

男だとどんな言葉が当てはまるりますかね?

 

「ウキウキ」

 

う~ん、なんかちょっと違うかなぁ~。(ーー;)

季節の変わり目で体調を崩されている方もいるようなので、手洗い、うがいは忘れずに。