社員が会社に誇りを持てるようになる「笑みーティング」

人を大切にする経営で前年対比売上150%

社員の自主性と責任感を育て

単価アップにつなげる人財育成をしている小宮です。

今日はある工事会社様で「笑みーティング」をさせて頂きます。

「笑みーティング」

いいネーミングとよく言われます。(笑)

ネーミングは、大事です。

例えば、

「会議」「ミーティング」「笑みーティング」

やることは同じです。

どれか選ばないといけない場合、どれがいいですか?

当然「笑みーティング」を選ぶ割合が多くなります。

理由は、自分達の「笑み」のためのミーティングというのが、明確に分かるからです。

では、「笑み」のためのミーティングってどうするのか?

それは、1人1人本音の意見が言えるかどうかです。

これが、仕事のやりがい、達成感、充実感、につながります。

例えば、独立して今の会社を築き上げた社長は、勤めていた時より仕事が楽しいはずです。

そして、会社に誇りを持っている方も多いでしょう。

それはなぜか?

それは自分で考え、行動し、結果を作ってきたからです。

これが、例えば、ある社長が突然倒れて、急に社長になってしまった方がいるとします。

そして社長就任後すぐお客様から食事に誘われて

「本当にありがとうございます。あの工事によって大きく変化しました。御社のおかげです。」

と言われて、どれだけ嬉しさを感じられるのか?ということです。

いや〜別に俺あんまり関わっていないけど、、、。

と思うのか、

先代と共に一生懸命させて頂きました。お客様のお役に立て本当に嬉しいです。

と思うのか、です。

笑みや本当の喜びというのは、得たい結果に対して、あなたの意見、想いが入っているのかが、とても重要だということです。

一人一人の本音トークミーティング、いつしますか?

「あなたの会社で働きたい」と言われる

魅力的な会社のサポート

Efyees株式会社

小宮 勇人

↓ クリックして「気付き」の輪を広げていきませんか?